お供えの時のマナー, 花贈りのマナー

ペットにもお香典は必要? ~知人がペットを亡くしたときのマナー~

ペットのお悔みのマナー

空前のペットブームと言われる昨今、身近にペットと生活している方も増えているかと思います。ひと昔前と違って、家族同然に大切にかわいがっている方が多くなっています。
そんなペットとの暮らしにいつかやってきてしまうお別れ。「知人のペットが亡くなった」という知らせを聞いたときの対応やマナーはどのようにしたらよいのでしょうか。

まず、ペットが亡くなってしまったとき、昔なら庭や空き地などに埋葬することも多かったことと思いますが、最近はペット葬儀の会社に依頼して火葬、葬儀を行い、共同墓地や納骨堂で供養する方も増えています。
知人から「ペットが亡くなったので葬儀を行うことになった」と連絡をもらう機会もあると思います。そんなとき、葬儀に参加するのか、お香典は必要かといったことが気になると思います。

まず葬儀への参加ですが、一般的にペットの葬儀は家族のみかごく親しい人だけで行うことが多いので「葬儀に参加してほしい」と飼い主さんからご連絡があった場合のみ出席します。またお香典ですが、お金を包むことは不要というのが一般的な考えのようです。
ペットを亡くした知人にお悔みの気持ちをお届けしたい場合は、ご自宅へお花やお供え用の食べ物(ペット用のおやつなど)をお送りするのがよいでしょう。

ペットのお悔みの言葉

ペットを亡くした方へメールなどでお悔みの言葉を伝えたいとき、言い回しなど悩んでしまいますね。「お悔み申し上げます」「ご冥福をお祈りいたします」など、人のお悔みで用いる言い回しをペットのお悔みの言葉にしても問題ありません。

形式的な言葉に加えて、どんな気持ちを伝えたらペットを亡くした飼い主さんの気持ちを癒すことができるでしょうか。
ペットを亡くした飼い主の中には「自分のペットは幸せだったのだろうか」「自分が●●していたらもう少し長生きできたのではないか」「自分のせいで亡くなってしまったのでは」など、自分を責めてしまう気持ちを持つ方も少なくありません。
人よりも寿命が短いことや、言葉でコミュニケーションをとることができないことからこうした気持ちになりがちなのだと思われます。

ペットを亡くして悲しんでいる方にはそうした気持ちに寄り添うような言葉を伝えたいものです。「貴方の精一杯の愛情でペットも幸せに寿命を全うできたのではないでしょうか」「楽しい思い出をたくさんもって天国に行ったのではないでしょうか」といった意味の言葉をかけて、飼い主さんの気持ちを少しでも癒すことができるとよいですね。

ペットのお供え

知人のペットの訃報を知ったら、お花を贈って気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。ペットを亡くした方の中には、お部屋の一角に祭壇をつくって、ペットの写真やお供えを飾っている方もいらっしゃいます。祭壇にそっと供えていただけるよう、届いたらそのまま飾れるお供えアレンジメントコチラを参照ください。メッセージカードも無料でつけられます。

花キューピットでは、お悔やみの気持ちをお届けするお手伝いができたらと考えております。知人のペットの訃報を知ったら、お花を贈って気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。ペットを亡くした方の中には、お部屋の一角に祭壇をつくって、ペットの写真やお供えを飾っている方もいらっしゃいます。祭壇にそっと供えていただけるよう、届いたらそのまま飾れるお供えアレンジメントコチラを参照ください。

 

ペット用お供え

 

Loading Facebook Comments ...
Comment





Comment



前のページへ