今月の誕生花,

1月生まれのあの人に ~1月の誕生花・スイートピー~

年が明け、新しい1年が始まりました。気持ちも新たに、2015年が幸せな年になるよう今年の目標や計画を立てた方も多いのではないでしょうか。

1月の誕生花は、新たな1年にふさわしい「門出」の花ことばをもつ、スイートピーです。

■スイートピーってどんな花

sweetpea

スイートピーは17世紀の末ごろ、イタリアのシチリア島で発見されたあと、まずイギリスに運ばれ、その後ヨーロッパ各地で品種改良がすすめられました。日本には少なくとも19世紀中ごろくらいには伝来していたようです。

もともとの野生種は鮮やかな青色や赤紫色の花をつけます。これだけでも美しい花ですが、栽培種はさらに色彩豊かとなり、ピンクや紫、白、赤などの色があります。

しかし、黄色だけはつくりだすのが非常に困難とされており、黄色のスイートピーとして流通しているものの多くは白いスイートピーを染めたものとなっています。

■スイートピーの名前の由来

sweetpea3

スイートピーは日本語に訳すと「甘いマメ」「香りのいいマメ」という名前です。マメ科の植物なので、スイートピーもサヤに入ったマメをつけます。このマメはサヤエンドウに、細かい毛がたくさんついたような見た目をしています。

「甘いマメ」という名前に加え、見た目にも美味しそうではありますが、実はスイートピーのマメは有毒。神経系や、血管に害をおよぼすといわれているので、決して口にしてはいけません。

なお、和名ではジャコウレンリソウ(麝香連理草)という難しい名前を持っています。ジャコウはご存じの方も多い、香水などの原料となる独特の香りをもつ香料・生薬です。

また、レンリソウはスイートピーの仲間の花で、日本をはじめとする東アジアに自生しています。「ジャコウのように香り高いレンリソウ」なので、ジャコウレンリソウという名前がつきました。

ほとんどこの名前で呼ばれることはないので、一度聞いただけではスイートピーの可愛らしい姿とは結びつきませんね。

■1月生まれの方にはスイートピーのギフトを

スイートピーの花ことばは「門出」「優しい思い出」となっています。これまでの思い出を胸に、新天地へと旅立つ人にふさわしい花といえるでしょう。

また、マメ科の花らしく上へ上へとのびる習性も、縁起のよい花として喜ばれます。新しい一年と、新しい歳を一度にむかえる1月生まれの方への最高のプレゼントとなるでしょう。

新年となってすぐにむかえるあの人の誕生日、可愛らしく縁起もよいスイートピーのフラワーギフトで、晴れやかにお祝いしませんか。

2015-01-07 | Posted in 今月の誕生花, No Comments » 
Loading Facebook Comments ...
Comment





Comment



前のページへ