デンファレ

9月の誕生花のご紹介 ~気品と可愛らしさを持つデンファレ~

今週末から9月に入ります。
9月生まれの皆様はお誕生月ですね。おめでとうございます!
そんな9月の誕生花は、気品と可愛らしさを持った花のデンファレという花です。
今週はこのデンファレについて触れたいと思います。

■デンファレとは?

デンファレは、ラン科デンドロビウム(セッコク)属の植物です。
学名がデンドロビウム ・ファレノプシスといい、洋ランの系統の一つです。
ファレノプシスとは胡蝶蘭の学名を指します。
そのため、胡蝶蘭とデンドロビウムの交雑種と間違われやすいのですが、実際には花が似ている別の種類です。
デンファレの自生地は、ニューギニア、ボルネオ、オーストラリア北部などです。
1932年にハワイにて初めての交雑が成功して以降、寒暖差の少ない地域でも花を咲かせるランとして、急速に品種改良が進みました。
今日ではハワイよりもタイ、マレーシア、シンガポールなどで盛んに栽培されています。
特にタイにおいては生産量、輸出量ともに世界一とされています。
花持ちが良く、花穂1本につき1~2ヵ月咲き続けることも珍しくありません。
品種や生長する度合いにもよりますが、育つ環境が良ければ年に1、2回開花します。
1度に5輪から20輪もの花をつけ、私たちを楽しませてくれます。

■花言葉

1.お似合いの二人
野生のデンファレは、他の樹木に着生して、生育します。
ここで大事な事は、着生することです。
着生植物は樹木の幹や枝に根を張り付かせて、空気中の水分・雨などから水を取り入れて生長する植物です。
わざわざ樹木の上で生活する理由は、地球上に現れたのが遅かったからとされています。
ランの原種が生まれた頃には、生長する条件のよい場所は既に他の植物で覆われていました。
そこで競争相手の少ない環境を求めて、一部の原種は樹木の上に根を張ったとされています。
樹木の幹や枝に根を張り付かせると聞くと寄生しているのでは?と思いますがそうではありません。
寄生は、寄生した相手から、栄養分を搾取して生長しますが、着生植物は、相手からは何も受け取りません。
ただ、一緒に生長しているだけです。
そんな、この植物の特徴から生まれた言葉です。

2.思いやり
こちらもデンファレが着生植物であることに由来しているとされています。
近しい空間で共に生きているのですから、相手への思いやりが生じることもあるでしょう。
そんな心情を表した花言葉です。
また、いくつもの花が密に咲いているデンファレの花を見ていると、花同士がお互いに譲りあったり、重なり合ったりしながら、思いやりをもって咲いているようにも見えます。
このような様子から思いやりの言葉も、自然と生まれてきたとされています。

フラワーギフトだけではないデンファレの用途

プレゼントの花束としても人気があるデンファレですが、用途はそれだけではありません。
鉢花やブライダルの装飾花はもちろんのこと、ハワイの伝統的な花飾りであるレイの材料としても有名です。
その他にも、エディブルフラワーやカクテルの飾りなど、多様な用途をもつ花です。

■9月生まれの方に今年はデンファレを贈ってみませんか?

デンファレの特徴や花言葉について触れてきましたが、いかがでしたでしょうか。
花言葉からも連想できますが、カップルや夫婦間で贈ることには特におすすめです。
また気品あるお花でもありますので、思いやりの花言葉と共にお父さん、お母さんに贈るお花としても良いかもしれませんね。
9月生まれの大切な方へ、デンファレを贈ってみてはいかがでしょうか。



2018-08-31 | Posted in 今月の誕生花, No Comments » 

 

お花を食べる?エディブルフラワーについて

エディブルフラワー(edible flower)

エディブルフラワー(edible flower)をご存知でしょうか?
これは観賞用のお花とは違い、野菜と同じように食べるために作られたお花のことです。
9月の誕生花でパンケーキに添えられることもあるデンファレもその一部です。
今回はそんな食べられおる花についてご紹介します!

 

■エディブルフラワーってどんなお花?

エディブルフラワーってどんなお花?

既に述べてしまいましたが、食べられるお花のことです。
かつて観賞用のお花は、文字通り見ることを楽しむだけでした。
しかし、今ではその内のバラやカーネーションを含めた100種類以上がエディブルフラワーとして楽しめるようになりました。
エディブルフラワーは海外発の文化と言われていますが、実は日本でも古くから馴染みがあったのです!
菜の花や食用の菊、シソの花は古くから日本人に好まれて食べていたからです。
最近では、日本でも大手百貨店、大手スーパーマーケットで見かけるようになりました。
しかしまだまだご存知ない方が多いのが現状です。

 

■普通の観賞用のお花は食べられる?

普通の観賞用のお花は食べられる?

正解は食べられません。
栽培の際に使用される薬品がお花にも付いている可能性があるというのが主な理由です。
具体的には使う農薬の量や使用時期の規制をクリアしているものが食用花です。
安心して食べることが出来るもののみが食用花として流通しています。

 

■世界のエディブルフラワー

世界のエディブルフラワー

世界各地、特にヨーロッパを中心にオランダ等では、日常的にエディブルフラワーを使った料理を食べています。
調理方法は様々で、野菜やスイーツに添える等オランダの人々は見て、食べて食事を楽しんでいます。
私たちが何気なく食べている野菜サラダもお花を添えて色鮮やかに楽しんでいます。

 

■種類によって味も食感も違う

ここまで食べられるお花ということで書いてきました。
エディブルフラワーも普段私たちが食べている野菜と同じように、種類によって味や食感も異なります。
野菜と同じような感覚でサラダに使うことで彩り豊かなサラダに変身しますね!

 

■いつもの料理に彩りをプラス

以上、エディブルフラワーについて簡単にまとめてみました。
エディブルフラワーとして流通しているものはどれも色鮮やかです。
色鮮やかなものが多いので特別な日の手作りケーキに添えるにもおススメ!
いつもの食事やスイーツに彩りが加わればより楽しいひとときになるかと思います。
インスタ映えも間違いなしです!
気になる方は是非チェックしてみて下さいね。

 

 
2018-04-13 | Posted in お花*あれこれ事典No Comments » 

 

9月の誕生花・上品で可憐な「デンファレ」

もうすぐお誕生月となる9月生まれの皆様、おめでとうございます!
9月の誕生花は、気品と可愛らしさをあわせ持った「デンファレ」です。
他の洋ランと比べて小ぶりな花は、様々なお祝いのシーンで活躍します。

今回の花だよりでは、9月の誕生花「デンファレ」についてご紹介します。

■樹木に寄り添って咲く「お似合いの二人」

デンファレという花名は【デンドロビウム・ファレノプシス】という正式名の略称です。
デンドロビウム属に分類されて、ファレノプシス(コチョウランの学名)に似た花が咲くことから名付けられました。

【デンドロビウム】という属名は、ギリシャ語の「dendron(樹木)」と「bion(生命・生活)」に由来します。
樹木の幹や枝に根を張り付かせて、空気中の湿気・雨などから水分を得て生長する種類です。

わざわざ樹木の上に自生するのは、地球上に現れたのが遅かったことが理由とされています。
ランの原種が誕生した頃には、条件のよい場所は既に他の植物で覆われてしまっていました。
そこで生存競争の少ない環境を求めて、一部の原種は樹木の上に根を下ろしたのです。

このような種類のランは【着生ラン】と呼ばれています。
寄生植物と違い、樹木から栄養分を奪ってしまうことはありません。まさに「共存」といえる関係です。

デンファレには、この特徴からつけられた「お似合いの二人」という花言葉があります。
夫婦間・恋人間で贈るプレゼントにぴったりの言葉ですね。
デンファレの花が、樹木に寄り添って咲いているように見えることに由来しています。
他にも「有能」などの花言葉があるので、上司・部下・取引先の方への贈り物にもおすすめです。

■食卓を彩る鮮やかなデンファレの花

カジュアル・フォーマルのどちらにも合うので、フラワーギフトとして重宝されているデンファレ。
ギフトだけではなく、身近なところで使われているのをご存知でしょうか?

南国系の料理やパンケーキに、デンファレの花が添えられていることがあります。
このデンファレは、ただの装飾ではなく【エディブルフラワー】と呼ばれる「食べられる花」です。
お刺身に乗っている菊の花も、実はエディブルフラワーの一種なんです。

デンファレの花は、野菜のようなサクサクとした食感で、噛むと若干の粘り気があると言われています。
ですが、これはあくまでも「食べられるデンファレ」の場合です。
食用として使われるエディブルフラワーは、農薬を一切使わず、安全に配慮して育てられています。
花屋さんで売っているデンファレは食べられないので、注意してくださいね。

2017-08-25 | Posted in 今月の誕生花, No Comments » 

 

秋生まれのあの人に ~9月誕生花 デンファレ~

8月ものこりわずか。暑い日はまだしばらく続きそうですが、夜になると鈴虫の声が聞こえてくるなど、秋の足音が近づいてきました。夏が旬の花も、楽しめるのは9月ごろまで、という花が多いです。

上品さと可憐さをあわせ持った花、デンファレもそんな花のひとつ。9月の誕生花は、見ごろがピークを迎えたデンファレです。

■デンファレの特徴

denphalaeデンファレという名は略称であり、本名はデンドロビウム・ファレノプシスといいます。オーストラリアやニューギニアなどが原産地といわれ、日本では主に6~9月にかけてもっとも楽しむことができる花です。

熱帯原産の花らしく、20℃以上の高温を好みます。品種にもよりますが、15℃を切ると葉が落ちることも。ただし、栄養と水分を蓄えている「バルブ」という部分が元気であれば、暖かくなると再び葉をのばします。

成長して花が咲き始めるには数年かかりますが、一度花を咲かせると1か月以上にわたって咲き続けるため、ながく花を楽しむことができます。花は下の方から萎れ始めるので、終わった花は摘み取るようにしましょう。

■木の上で育つデンファレ

denphalae3デンファレの花言葉には、「お似合いの二人」という花言葉があります。この花言葉は、デンファレのある特徴からつけられています。

野生のデンファレは、地面ではなく大樹やその大樹の上を覆うコケの上に根を這わせます。一見すると、まるで大樹に寄り添って暮らしているよう。そこから「お似合いの二人」という花言葉がつけられたといわれています。

大樹の上で育つ植物は着生植物と呼ばれ、デンファレを含むラン科の植物には珍しくありません。ギフトとして人気の胡蝶蘭も着生植物の一種です。

この性質から、デンファレや胡蝶蘭などの着生ランを鉢で育てるときは、土の代わりに水ゴケなどを鉢に敷き詰めることがほとんどです。植え替えのときなどは注意しましょうね。

■9月生まれの方にデンファレを

デンファレの魅力は、洋ランとしての気品、上品さを持ちながら、大きすぎず可憐な印象も与えてくれるところにあります。カジュアルなプレゼントにも、フォーマルな贈りものにもぴったり。

また、切り花にしても日持ちがよく、受け取った方も長い期間デンファレを楽しむことができます。

恋人や家族、会社の上司や同僚の誕生日に。デンファレのフラワーギフトを贈って、思い出に残る一日を演出しませんか。

2015-08-28 | Posted in 今月の誕生花, No Comments » 

 

9月生まれのあの人に ~9月の誕生花・デンファレ~

だんだんと日が短くなってきた9月。厳しかった暑さもやわらぎ、少しずつ秋の足音が近づいてきています。

騒がしい夏も過ぎ去り、落ち着いてのんびりと過ごしたい時期。9月の誕生花はゆったりとした時期にふさわしい、おちついた美しさをもつデンファレです。

■デンファレってどんな花

デンファレの正式名称はデンドロビウム・ファレノプシスといいます。

デンドロビウムは通常、流通している洋ランの総称として用いられていますが、単にデンドロビウムというとデンドロビウム・ノビルという品種をはじめとしたノビル系のことをさすことが多いです。

一方で、ファレノプシスはコチョウランのことをさします。デンファレの花がコチョウランに似ているため、この名前がつけられたようです。

デンドロビウムとコチョウランの交配種(=こども)、と紹介されることもあるデンファレですが、これは誤り。デンドロビウムとコチョウランは同じランの仲間ではありますが、あまり近しい種ではないので、交配することはできません。

■食卓を彩るデンファレ

見た目にも可愛らしいデンファレですが、実は食用花(エディブル・フラワー)としても人気があります。

野菜とことなりデンファレには様々な色があるため、料理の彩りとしてつかわれるほか、シャキシャキとした食感と豊富なビタミン、高い抗酸化作用は食材としても高い価値があります。

ただし、食べることができるのは特別に食用として育てられ、流通しているデンファレだけです。

花屋さんなどで売っているデンファレは鮮度保持剤などが含まれているので、飾るだけにしておきましょうね。

■大切な人の誕生日にはデンファレを

可愛らしさと上品さをあわせ持つので、カジュアルなシーンにもフォーマルなシーンにもよく似合うデンファレ。

「お似合いのふたり」という花言葉を持つので、大切な人に贈るにはぴったりの花ですね。

気持ちを落ち着かせるやわらかな香りがあり、長持ちする花なので誕生日がすぎてからもじゅうぶん楽しむことができます。

上品な美しさをもつデンファレで、大切なあの人の誕生日を華やかにお祝いしませんか。

 

前のページへ