春を感じる~季節のお花5種~


菜の花

桜が見ごろを迎え、辺りは一層「春らしさ」を感じるようになってきましたね。
コートを持ち歩かなくていいくらい、暖かな日も多くなってきました。

さて、今回はそんな春の季節に飾りたい「春の花」を5種類ご紹介します。
今回紹介するお花があるか、お花屋さんをのぞいてみてくださいね。
自宅で季節のお花を飾って、日本の四季を感じてみませんか?

◆ポピー




大きく華やかなお花を咲かせる、ポピー
花色はオレンジやピンク、黄色など明るく鮮やかなものがあります。
ポピーのつぼみは、細かい毛で覆われふさふさです。
そして、茎もつぼみと同じように、細かい毛で覆われています。

お花屋さんでポピーの切り花を買う時は、色がミックスなことが多く、つぼみの時は何色の花が咲くかは分からないことが多いです。
まだ咲いていないポピーを自宅に飾れば、何色のお花が咲くか、わくわくしそうですね。
お花が咲く時は、つぼみの皮が取れて中から大きな花びらを開かせます。
「あのつぼみの中に、こんな大きな花びらが⁉」と思うほど、ギュッとつぼまっていた花びらが開くときは、感動してしまうかもしれません。
ちなみに、あの大きく広がったしゅわしゅわな花びらは、触ってみると意外としっかりしているんですよ。
ポピーを自宅に飾った際は、花びらを触ってみてくださいね。

花言葉は「思いやり・いたわり」などがあります。
優しい気持ちをプレゼントするにはぴったりですよね。

◆ストック


ストック

淡いピンクや白から、濃い紫やピンクなど幅広い花色を持っているストック。
花壇などでも見かけることのあるストックは、切り花でも良く流通しています。
お花屋さんでは鉢植えや、切り花でストックを見かけることができますよ。
そしてストックは、とても日持ちするお花の1つです。
甘い香りでゴージャスなお花を咲かせるストックは、一重咲きと八重咲きがあります。
それぞれ印象が異なるので他に合わせるお花や、プレゼントする相手のイメージに合わせて選んでみてくださいね。
八重咲きの方が花びらの枚数が多いので、より豪華に見えることが多いと思います。

ストックの花

ちなみにフラワーギフトにストックを使う時は花束も素敵ですが、茎が他のお花に比べて硬いため、アレンジメントに使われることが多いです。
アレンジメントをプレゼントしたいと考えている方は、季節の花「ストック」を入れてみてくださいね。

また、ここではストックのお手入れで、取り入れてもらいたいポイントをお伝えします。
それは、先に咲ききったお花を取り除くことです。
1つの茎からたくさんの花が咲くストックは、下にあるお花から咲いていきます。
そのため、茎のてっぺんにあるお花はまだつぼみでも、下の方で咲いていたお花が咲き終わってしまうことがあるんです。
そんな時は、咲ききったお花を取り除いてしまいましょう
見た目が良くなることはもちろんですが、咲ききってしまったお花に使っている養分を、まだ咲いていないお花に回すこともできるからです。
ぜひ、ストックを自宅で飾っている時はこれから咲くお花や、まだつぼみのお花のために、咲き終わったお花は取り除いてあげてくださいね。

◆菜の花


菜の花

ひな祭りの時期に、桃と一緒に飾られることも多い菜の花。
菜の花と聞くと、花畑のイメージを持っている方も多いのでは。
黄色く鮮やかなお花である菜の花は、花畑以外でも道端で見かけることや、お花屋さんで見かけることもあり、親しみを持っている方も多いと思います。
童謡に登場する花でもあり、お子様からおじいちゃん・おばあちゃんまで知っている方の多いお花でもあります。
そんな菜の花は、花瓶で飾っている時も生長することを知っていますか?
花瓶に活けてから、茎が伸びるので自然の動きを楽しめるお花の1つでもあるのです。
切り花になってから動きを楽しめるお花は少ないので、ぜひ自宅に飾った時は生長する菜の花の姿をチェックしてみてくださいね。
また、菜の花はたくさん水を吸う植物でもあるので、花瓶に水を切らさないように、水の量も同時に見てあげられると良いと思います。

ちなみに菜の花の花言葉は「明るさ・小さな幸せ」などがあります。
元気で可愛らしい菜の花に、ぴったりな花言葉ですよね。
いつも明るくて、笑顔が似合う方への贈り物には最適な花言葉。
お手頃な価格なことも多いので、他のプレゼントにプラスして、菜の花のフラワーギフトを贈ることもおすすめです。

◆ラナンキュラス


ラナンキュラス

花びらをたくさん重ね、ドレスのようにふんわりとした豪華なお花、ラナンキュラス。
丸いつぼみから、徐々に開いていく花びらは柔らかく、その美しさから多くのファンがいます。

そんな人気の高いラナンキュラスですが、その名前の由来は花姿ではないことをご存知ですか?
実は、葉の形がカエルに似ていることからきているのだそうです。
カエルはラテン語でrana。
その美しさからお花に注目してしまいがちですが、葉がどんな形をしているかも見てみてくださいね。

ラナンキュラスは赤やオレンジなど情熱的な色もありますが、薄いピンクや白など淡い色合いの物もあります。
同じラナンキュラスでも花色によって印象がかなり異なるので、お花屋さんで選ぶ時はいろいろな色を見てから購入を決めてくださいね。
ちなみに、ラナンキュラス全体の花言葉は「とても魅力的・華やかな魅力」などがあります。
赤色は「あなたは魅力に満ちている」ピンクは「飾らない美しさ」などがあり、色ごとに花言葉が異なるので、調べて見るのも楽しいかもしれませんね。

また、ここでラナンキュラスを花瓶に飾る時のポイントも紹介します。
ラナンキュラスは、大きく豪華なお花に比べて茎が細い植物なのです。
そのため、お花の重みに耐えられずに、茎が折れてしまうことがあります。
茎が折れてしまうことを防止するためには、丈と花瓶の大きさを合わせ、花瓶のふちにお花を添わせるようにして、重さを減らしてあげましょう
花瓶に添わせる以外には、ラナンキュラスの茎の中心は空洞になっている所に注目します。
その空洞になっている部分に細いワイヤーを通し、茎を強くしてあげるのもいいかもしれません。
ワイヤーは、お花までしっかり通してあげるのがコツです。
少し手間はかかりますが、長持ちさせることができるので試してみてくださいね。

◆スイートピー


スイートピー

卒業のお花として根強い人気のあるスイートピー。
花色はパステルカラーが多く、ピンクや紫などがあります。
「スイート」と名前についているように、お部屋に飾っていると甘い香りを楽しませてくれます。
スイートピーの花言葉は、「門出・優しい思い出」などがあります。
この花言葉は、スイートピーの花姿が、チョウチョがはばたいているように見えることから付けられたとされています。
ちなみに、花言葉は国ごとに異なっていることが多いです。
しかし、スイートピーは西洋で「departure(門出)・delicate pleasure(ほのかな喜び)」などの花言葉が付けられています。
日本で付けられた花言葉と、西洋の花言葉は似ていますよね。

その花言葉から、日本以外でも卒業・退職祝いのお花として選ばれています。

◆最後に


スイートピーのアレンジ

今回は、春のお花をご紹介しました。
お部屋にお花を飾れば、春の季節を自宅でも楽しめそうですね。
お花を購入する時はプレゼントであることが多いと思いますが、自宅用に飾る「自分用」としてお花を購入してみるのもおすすめです。
食卓や玄関に飾れば、他の物にはない植物の力が周りを明るくしてくれますよ。
今回紹介したお花以外にも、今の時期に旬を迎えるお花はたくさんあります。
お花を購入しようと思った時は、お花屋さんにおすすめのお花の種類を聞いてみるのも良いかもしれません。

きっと旬のお花を教えてくれますよ。
もちろん花キューピットでも春のお花をご用意していますので、興味のある方は1度サイトを見に来てくださいね。

 

 

 

2020-03-25 | Posted in No Comments » 
Loading Facebook Comments ...
Comment





Comment



前のページへ