お手入れの基本,

簡単に長持ち!【切り花】のお手入れ方法~花束・アレンジメント・フラワーボックス別~

花束アレンジメント・フラワーボックス別~

今回のコラムでは、プレゼントされた切り花を長く楽しむための方法をご紹介します。花束、アレンジメント、フラワーボックスと形状によってお手入れ方法も異なります。少しの手間暇をかければ長く咲いてくれるので、参考にしてみてください!

💐目次
①花束編
②アレンジメント編
③フラワーボックス編

***花束編***


①すぐにラッピングや輪ゴムを外す
花束は、ラッピングが素敵で外すのがもったいないのですが、ぎゅっときつく縛られていると、葉や茎が痛んだり、空気の通りが悪くなってしまいますので、帰ったらすぐに外してあげましょう。
②茎を数センチ切る
そのまま花瓶に入れるのではなく、茎を数センチ切ってあげましょう。
そうすることで茎から水を吸いやすくなり、花びらまで水がいきわたりやすくなります。できればボールなどに水をためて、水の中で切るとより長持ちします。

③葉っぱは取り除く
水に浸かってしまう部分の葉っぱは、切ってあげましょう。
葉っぱが水を汚してしまう原因になります。バクテリアが繁殖してしまうと、お花が枯れる原因となります。また、水が浸からない部分の葉っぱもなるべく取り除いた方が、花に水や栄養がいきわたり、綺麗に咲き続けてくれます。
④水は頻繁に入れ替える
お花の命は水です。水に雑菌であるバクテリアが繁殖してしまうと、枯れる原因となります。ただ、水道に浄水器を付けている方は、飲み水ではなく水道水を入れてあげましょう。飲み水は塩素が取り除かれているため、雑菌がわきやすくなってしまうからです。

***アレンジメント***


①ラッピングのセロハンを外す
お花は通気性のいい環境を好むもの。置き場所によって中の温度が高くなりすぎて息ができなくなってしまいます。
②水やりは適度に
スポンジが乾く前に、水をあげましょう。しかし水のやりすぎは、スポンジにカビが生えてしまうもとです。涼しくなってきた今の時期だと2日に1回程度で良いかもしれません。スポンジを触ってみて、乾き具合を確認してあげましょう。
③枯れた花は摘む
傷んだ花があるとそこから雑菌が繁殖して水を汚してしまいます。傷んだ花だけ摘み取るか、茎ごと引き抜きましょう。スカスカになると見栄えが悪いので、周りの花を空いたところに埋めたり、抜き差しすると綺麗な見栄えになります。

***フラワーボックス編***


①蓋を外す
蓋は本体に重ねて、お花に新しい空気を取り込ませるようにしましょう。蓋をしてしまうと、お花やスポンジにカビが生えてしまう要因となります。

②水やりは隙間から少しずつ
フラワーボックスの場合は、花の隙間があまりなく、水やりがしにくいですが、花の間を優しくかき分けて隙間から注ぎましょう。スポンジが乾く前に、少しずつ水やりをするのがポイントです。水のやりすぎは、カビが生えやすくなります。

③枯れた花は摘む
枯れた花や葉っぱは、茎ごと引き抜いて捨てましょう。雑菌が繁殖して他の花も枯れやすくなります。空いてしまった部分は、周りの花を抜いて埋めてあげると見た目が気にならなくなります。


◆最後に

今回の記事では、切り花を長持ちさせる方法をご紹介いたしました。
お花の形状別にお手入れの仕方が異なりますので、プレゼントされたお花に合わせて試してみてください。お花のお手入れで一番楽なのはアレンジメントのため、貰い慣れていない方には、アレンジメントがおすすめです。

 

 

 

2019-10-17 | Posted in お手入れの基本, No Comments » 
Loading Facebook Comments ...
Comment





Comment



前のページへ