今月の誕生花,

9月の誕生花・上品で可憐な「デンファレ」

もうすぐお誕生月となる9月生まれの皆様、おめでとうございます!
9月の誕生花は、気品と可愛らしさをあわせ持った「デンファレ」です。
他の洋ランと比べて小ぶりな花は、様々なお祝いのシーンで活躍します。

今回の花だよりでは、9月の誕生花「デンファレ」についてご紹介します。

■樹木に寄り添って咲く「お似合いの二人」

デンファレという花名は【デンドロビウム・ファレノプシス】という正式名の略称です。
デンドロビウム属に分類されて、ファレノプシス(コチョウランの学名)に似た花が咲くことから名付けられました。

【デンドロビウム】という属名は、ギリシャ語の「dendron(樹木)」と「bion(生命・生活)」に由来します。
樹木の幹や枝に根を張り付かせて、空気中の湿気・雨などから水分を得て生長する種類です。

わざわざ樹木の上に自生するのは、地球上に現れたのが遅かったことが理由とされています。
ランの原種が誕生した頃には、条件のよい場所は既に他の植物で覆われてしまっていました。
そこで生存競争の少ない環境を求めて、一部の原種は樹木の上に根を下ろしたのです。

このような種類のランは【着生ラン】と呼ばれています。
寄生植物と違い、樹木から栄養分を奪ってしまうことはありません。まさに「共存」といえる関係です。

デンファレには、この特徴からつけられた「お似合いの二人」という花言葉があります。
夫婦間・恋人間で贈るプレゼントにぴったりの言葉ですね。
デンファレの花が、樹木に寄り添って咲いているように見えることに由来しています。
他にも「有能」などの花言葉があるので、上司・部下・取引先の方への贈り物にもおすすめです。

■食卓を彩る鮮やかなデンファレの花

カジュアル・フォーマルのどちらにも合うので、フラワーギフトとして重宝されているデンファレ。
ギフトだけではなく、身近なところで使われているのをご存知でしょうか?

南国系の料理やパンケーキに、デンファレの花が添えられていることがあります。
このデンファレは、ただの装飾ではなく【エディブルフラワー】と呼ばれる「食べられる花」です。
お刺身に乗っている菊の花も、実はエディブルフラワーの一種なんです。

デンファレの花は、野菜のようなサクサクとした食感で、噛むと若干の粘り気があると言われています。
ですが、これはあくまでも「食べられるデンファレ」の場合です。
食用として使われるエディブルフラワーは、農薬を一切使わず、安全に配慮して育てられています。
花屋さんで売っているデンファレは食べられないので、注意してくださいね。

2017-08-25 | Posted in 今月の誕生花, No Comments » 
Loading Facebook Comments ...
Comment





Comment



前のページへ