ホワイトデー

ホワイトデーの由来とおすすめの花

来週・3月14日(水)は「ホワイトデー」ですね。
バレンタインにプレゼントをもらった方は、お返しを決める頃でしょうか。

今回の花だよりでは、ホワイトデーの由来や、おすすめの花をご紹介します。

■お返しする習慣は日本発祥

大元のバレンタインデーは、「聖バレンタイン司祭」という聖人に由来しています。
当時のローマでは、兵士の結婚が禁じられていました。
聖バレンタイン司祭は、兵士たちに手を貸して、ひっそりと結婚式を執り行っていました。
彼が処刑された2月14日が「バレンタインデー」となったのです。

それから1ヶ月後の3月14日に、聖バレンタイン司祭が結び付けた夫婦たちが、改めて永遠の愛を誓い合ったとされています。
このエピソードが世界中に広まり、「フラワーデー」「クッキーデー」「マシュマロデー」といった名前で呼ばれていました。

そのため、海外の3月14日は「バレンタインデーのお返しをする日」ではありません。
お返しする習慣は日本で生まれて、東アジアの一部にも広がっています。
この習慣について、はっきりした起源は分かっていませんが、菓子業界のキャンペーンが始まりと言われています。
初めて「バレンタインデーのお返し」と銘打って販売されたお菓子は、マシュマロ・キャンディ・ビスケットなど諸説あるようです。

また、ホワイトデーの「ホワイト」の由来についても、マシュマロの色とする説や、ティーンの爽やかな恋愛の象徴といった説があります。

■特別なお返しには花をそえて

パートナーからもらった“本命”のプレゼントには、特別感が際立つフラワーギフトをお返ししませんか。
お菓子や雑貨に花をそえて、花言葉にメッセージを込めるのもロマンチックです。

ホワイトデーのお返しにおすすめな、女性に人気の花をご紹介します。
ぜひ花言葉と一緒にチェックしてくださいね。

【バラ】


花言葉:愛、美
白いバラ:私はあなたにふさわしい
ピンクのバラ:感謝、あたたかい心
オレンジのバラ:絆、信頼

【ガーベラ】


花言葉:希望、常に前進

【ラナンキュラス】


花言葉:とても魅力的、華やかな魅力
ピンクのラナンキュラス:飾らない美しさ
黄色のラナンキュラス:やさしい心遣い

【マーガレット】


花言葉:真実の愛、信頼


2018-03-09 | Posted in , 花と文化No Comments » 

 

とっておきのホワイトデー

3月14日はホワイトデー。女性からチョコをもらった男性が、お返しに贈りものをする日です。近年では、女性へ告白する日として、チョコを貰っていないのにプレゼントを贈る男性も。

今回の花だよりでは、ホワイトデーについてお伝えします。

■日本独自の文化 ホワイトデー

whiteday3日本のバレンタインデーは欧米と異なり、女性から男性へチョコを贈る文化が発達してきました。ホワイトデーもまた、「チョコを貰った男性が気持ちに応え女性にお返しをする日」として生まれた、日本独自のものです。
当初は「マシュマロデー」と呼ばれ、チョコが中に入ったマシュマロを贈ることが普通だったそうです。なぜチョコ入りのマシュマロなのかというと、「あなたの気持ち(チョコ)を優しさ(マシュマロ)で包んでお返しします」という意味なんだとか。

1980年には、マシュマロの白い色や純粋さをイメージさせる「ホワイトデー」という名前に変え、百貨店を中心に徐々に全国的な広がりを見せることとなります。

現在では文化としてしっかりと定着したホワイトデー。お返しに贈るものも、マシュマロやお菓子だけではなく、相手の好みに合わせたものが重視されるようになりました。

■贈りものの選び方

・奥さまや恋人、本命チョコのお返しに

特別な贈りものには、やっぱり特別な贈りものでお返しをしたくなりますね。お花とスイーツという女性が好きなものをセットでお渡しすれば、喜びも2倍になることでしょう。

素材にこだわり、職人の手によって仕上げられたザッハトルテとお花のセットは、まさにホワイトデーのためのギフト。ザッハトルテは手ごろなサイズ感なので、ご夫婦やカップルで一緒にお楽しみいただけます。

甘いチョコレートのような濃厚なひとときを過ごしたい、という方におすすめする、今年のホワイトデーいちおしのギフトです。

・お世話になっている方に

いつもお世話になっている女性への贈りものには、感謝の気持ちをこめたフラワーギフトを贈るといいですね。

相手の好きなお花や好きな色に合わせたフラワーギフトを選ぶといいですね。分からないときは、バラを使った定番ながら人気の高いフラワーギフトや、スイートピーやラナンキュラスなどの春のお花を使ったお花がおすすめ。

普段お花を飾る習慣のない方には、届いたそのままに飾ることができるアレンジメントや、花瓶つきの花*はなブーケが喜ばれます。

・職場などでもらった義理チョコに

複数の方へのお返しには、ザッハトルテの魅力はそのままに、食べやすく個包装になったザッハスティックがぴったりです。

スタンダードなチョコ味と、香り高い抹茶味の2種類が楽しめるので、贈る方々の好みがバラバラでもお好きな方をお選びいただけます。

セットでお届けするお花を職場に飾れば、「できる男」として女性たちの見る目も変わるかも。また、上司の女性など、特にお世話になっている女性へのプレゼントとしてもいいですね。

2016-02-26 | Posted in , 花と文化, 花を贈る時No Comments » 

 

花贈り・花飾りカレンダー 1月・2月・3月

日本では1年間のすべての日に、何かの記念日や行事がさだめられています。「今日は何の日なんだろう?」とカレンダーを見る人も多いのではないでしょうか。

季節の行事やお祝いごとをより一層盛り上げるのが、季節を告げるものの代表である花です。記念日にちなんでお花を贈ったり、飾ったりすればその日はもっと特別な一日になりますね。

>4月~6月の花贈りカレンダーを見る
>7月~9月の花贈りカレンダーを見る
>10月~12月の花贈りカレンダーを見る

■1月

1月の誕生花「スイートピー」


  • ・新年のご挨拶
    (上旬頃)

    新しい年のはじまりです。新春の訪れを告げるフラワーギフトで一年のご挨拶をすれば、きっと彩り豊かな一年をすごすことができますね。


  • ・成人式
    (第2月曜日)

    日本の大切な行事のひとつ、成人式は二十歳を記念する一生に一度の大切な日です。大人としての門出を、華やかにお花で彩りましょう。2016年は、1/11となっています。


  • ・愛妻家の日
    (31日)

    1月31日は「愛妻家の日」とされているのをご存じでしたか?知っていた方はもちろん、知らなかった方も愛妻家の日には愛する奥様のために、奥様の好きな花を贈ってはみませんか。

■2月

2月の誕生花「チューリップ」


  • ・節分
    (3日)

    節分は昔の暦でいう大みそかにあたります。一年の厄を落として、新しい一年の福を呼ぶ日とされているのが節分。縁起のいい花を飾って、新たな一年の福を呼びましょう。


  • ・笑顔の日
    (5日)

    2月5日は「ニコニコ」の語呂合わせから、笑顔の日とされています。受け取った方をたちまち笑顔にするお花、笑顔の日にちなんでプレゼントしてみるのもいいかもしれませんね。


  • ・バレンタインデー
    (14日)

    イギリスやアメリカでは、バレンタインといえば男性が女性に花を贈る日。普段から気になるあの人に、お花のプレゼントを贈ってみませんか。照れくさくて伝えにくい言葉も、お花が届けてくれますよ。

■3月

3月の誕生花「フリージア」


  • ひな祭り
    (3日)

    女の子の健やかな成長を祈る、季節の節目のお祭りです。ひな人形と一緒に桃の花をはじめとする春の花を飾り、女の子の成長と春の訪れを祝いましょう。


  • ・ホワイトデー
    (14日)

    バレンタインのお返しに、感謝の贈りものをするのがホワイトデー。女性からプレゼントをもらった男性はもちろん、男性からプレゼントをもらった女性が「ありがとう」の気持ちを込めてお花を贈るのもいいですよ。


  • ・春分の日
    (20日頃)

    花をはじめとする多くの命が芽吹くこのシーズンには、季節の花を身近に置いてうららかな春を感じたいものですね。お彼岸の季節でもあり、お供えのお花を贈ることも多いです。2016年は、3/20となっています。

  •  

    ・卒園・卒業・退職祝い
    (中旬~下旬)

    卒園や卒業、退職は新たな人生への旅立ちの日。一生の思い出となるように、心からのお祝いの気持ちを込めたお花を贈りましょう。

4月・5月・6月の花贈り・花飾りカレンダーについては、4月上旬ごろにお伝えいたします。

 

☆相手との関係別☆ ホワイトデーギフト

本命も!友情も!
花+αで伝えるホワイトデー

感謝の気持ちや愛情を、言葉で言わなくてもわかって欲しいのに。
好きです、とか、ありがとう。というシンプルな言葉ほど、声に出すのが恥ずかしい。
と思っている男性は多いようです。
一方で、言葉や形にして伝えられると一層嬉しい!と思う女性も多いもの。
本命のチョコレートも、義理でもらったバレンタインも、ちゃんとホワイトデーにお返ししたいですよね。
でも、お店で買うのは恥ずかしい…
何を選ぶといいんだろう…
そんな男性のみなさまへ、おすすめのギフトをご提案します。

■本命にはスペシャルなセットギフトを
■感謝の想いを伝えたい!大事な仲間へ
■みんなからみんなへ。職場で贈るお返しギフト

■本命にはスペシャルなセットギフトを
linecamera_shareimage

やっぱり女子は花とスイーツLOVE❤両方届く豪華なギフトに、彼女の笑顔が二度も見られるパーフェクトなプレゼント!
花キューピット花束アレンジメントと一緒に、スペシャルスイーツをセットで注文できる毎年人気のセットギフト。
インターネット花キューピットがセレクトしたのは「菓子工房【ガトーマスダ】」さんの「完熟アップルパイ」。

O
テレビでも人気のガトーマスダさんの本店は東京都板橋区。

こだわりの詰まったスイーツだからこそ、こだわって選んだ事を伝えられたら、きっと喜び倍増!

☆完熟アップルパイのこだわり
オーナーパティシエ・増田さんが15年かけて完成させた「完熟アップルパイ」。

―こだわりポイント―
1. リンゴへのこだわり
焼き上げたときに最高のおいしさをだせる「ふじ」を探して、土壌改良まで取り組んでくださる農家と出会い、通常より10日収穫を遅らせて、糖度とうま味が増した完熟の状態で収穫。
__2. 作り方のこだわり
リンゴ「ふじ」はトリプルルージュワインでソテーした赤いリンゴと、レモン果汁と少しの砂糖でソテーした白いリンゴの二つの味わい。
濃縮されたリンゴは水分量が減っているので、焼き上げた後にもリンゴの水分がパイ生地にしみこむことなく、サクサクの食感をキープ。

こんなこだわりを貫いたからこそ、冷凍解凍しても作りたてのようなサクサク感とりんご本来の甘みを堪能できるんです♪♪

ホワイトデーに贈る セットギフトはこちら>>

■感謝の想いを伝えたい!大事な仲間へ
いつも言葉にはしないけど、いてくれないと困る大切な彼女。
花を届ければ、言葉にしなくても感謝の想いが伝わります。

111014同級生や同僚、いつも周りを気遣ってくれる彼女には、シンプルながらも春のお花のピンク色がキュートな花束やアレンジメントがオススメ。

511306
友達以上恋人未満、これからステップアップしていきたい彼女には、上品なカラーの花束を。

ホワイトデー フラワーギフトはこちら>>

■みんなからみんなへ。職場で贈るお返しギフト
613204
幹事さんに手間をかけない複数個セットでのお届けが可能な便利なギフト。
一つ一つにぬいぐるみがセットされた個性的なギフトは、義理チョコのお返しに、いつもよりワンランク上のお返しに♪
くまちゃんが寄り添う赤いバラ。女性の気持ちを掴むこと間違いなし!

ホワイトデー お返しフラワーギフトはこちら>>

 

前のページへ