花と文化, 花を贈る時

大切にしたい日本の文化 ~成人の日~

おめでとう。
ありがとう。
がんばって。
たくさんの人々の想いを受けて、大人への一歩を踏み出す成人のみなさん。
成人の日を迎える前に知っていただきたい、その由来。

■『国民の祝日』とは…?
『国民の祝日』とは、
「自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける。」
として、法律により、1年間に15日、定められています。

■「成人の日」の趣旨
この『国民の祝日に関する法律』で、「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」として制定された「成人の日」。

限られた数の祝日に、「成人」を祝いはげます日を含めたところに、一人一人の成長を願い、「人財」を重視し、「子供から大人になった自覚を持ち生きてほしい」という国家の想いを感じます。

■なぜ1月なの?
男子が成人となった証に執り行っていた日本古来の儀式「元服」を由来とし、この「元服」が正月に多く行われたこと、さらに「松の内」としてめでたい時期であることから、当初は1月15日に制定されたと言われています。

今では、祝日法の改正により、1月の第二月曜日に制定されている「成人の日」。

大人として一歩を踏み出す、一人一人の新成人の心が、明るく前向きであることを祈って。
おめでとうのお花が、たくさんの成人のみなさんに届きますように。

511066

成人の日に贈るフラワーギフトはこちら>>

2014-01-10 | Posted in 花と文化, 花を贈る時No Comments » 
Loading Facebook Comments ...
Comment





Comment



前のページへ