お供えの時のマナー, 花贈りのマナー

お供えの気になることQ&A


供花

供花のことやお葬式のこと、突然対応しなければいけない場合など…。
分からないことや迷ってしまうことは、多いですよね。
今回は、供花やお供えについてをQ&A方式でご紹介しようと思います。

目次

◆相手との関係に合わせた予算の相場は?
◆どんな花を贈ったらいい?~シーンに合わせた花選び~
<お通夜、葬儀、初七日にお供えするお花>
<四十九日以降、一回忌、三回忌>
<命日にお供えするお花>
◆お供えに適したお花の種類は?
<故人が好きだったお花>
<おすすめのお花>
<タブーとされる供花の種類>
<キリスト教の方へのお花は?>
<仏教の方へのお花は?>
◆お名札の書き方って?
◆お墓になぜお花をお供えするの?
◆造花はお供えしちゃいけないの?
◆最後に(サイトリンク)

◆相手との関係に合わせた予算の相場は?

「お花をお供えしたいけれど、いくらくらいで用意したらいいんだろう…。」と迷われる方も多いと思います。
以下は、一般的に多く用いられる金額です。

・遺族、親族:15,000円以上
・故人と縁のある会社:8,000円以上
・故人の友人、知人:3,000円以上
お花の金額が多すぎても、ご遺族の負担になってしまうので注意が必要です。
故人との関係性や間柄によって決める場合や、同じように供花を用意する方々に聞いて相場を合わせる場合もあるようです。

◆どんな花を贈ったらいい?~シーンに合わせた花選び~


供花

誕生日などのお祝いのお花と異なり、お供えのお花はある程度、使用するお花の種類や色が決まっています。
ただ、頻繁に供花を贈る機会があるわけではないので、どんなお花を贈ったらいいのか分からないですよね。
ここでは、供花を贈るシーンについてご紹介します。

<お通夜、葬儀、初七日にお供えするお花>

白を基調としたお花でまとめることが多いです。
白色のお花だけでまとめられたお花は、白上がりと呼ばれています。
お花屋さんで購入する時は、供花であることを必ず伝えるようにしましょう。詳しく相談すれば、シーンに適したお花を制作してもらえるはずです。
▼ご葬儀前・通夜・葬儀に贈るお花はこちらから▼

ご葬儀前・通夜・葬儀に贈るお花
<四十九日以降、一回忌、三回忌>

白色を中心に淡い色を入れたものが多いです。
お亡くなりになってから日数が経っている場合は白上がり(白色だけでまとめた)お花ではなく、ピンクやブルーなどの色が付いたお花を加えることが一般的です。
ただ、鮮やかすぎるお花は避けた方が良いかもしれません。

▼四十九日法要(忌日法要)以降に贈るお花はこちらから▼

四十九日法要(忌日法要)以降に贈るお花

<命日にお供えするお花>

白のみ、白を基調に淡い色合いをいれたものが多いです。
お亡くなりになってから年数がたっている時は、お花の色に関係なく贈ることもあります。
月命日なども、お亡くなりになってから日数が経っていればお花の色に関係なくお供えする方が多いようです。

・・・花キューピットの便利なサービス・・・

花キューピットでは、昼の12時までのご注文でその日のうちに配達できるため、急なお通夜などにもしっかり対応いたします。
お供えのお花を突然用意しなければいけない時に、活用して頂けます。
また、お届け先の地域にある花屋さんが制作するため、地域の風習に合わせたお花を贈ることができます。
日本各地に、その土地の文化や風習がありますよね。
どんなお花を贈ったらいいか不安という方は、お届け先の近くのお花屋さんにお任せすると安心です。

◎お急ぎの際の当日配達や、地域の風習への対応が必要な場合には【こちら】をご利用ください。

◆お供えに適したお花の種類は?

故人が好きだったお花をお供えにしていいのかや、お供えにはタブーとされるお花があるかなど、贈るお花の種類でも疑問に思うことは多いと思います。
贈るお花の種類で迷っている方は、参考にしてみてくださいね。

<故人が好きだったお花>

故人が好きだったお花をお供えすることは、特に問題ございません。
「あの人は、ガーベラが好きだったから…」と、故人の好きなお花の種類が分かる場合は、お供えすることに問題はありません
亡くなってからも、好きなお花を贈ってあげてください。
<おすすめのお花>


供花

菊やカーネーションなど日持ちするお花がお供えにはおすすめです。
スターチスなど、ドライフラワーに向いているお花もお供えでは人気です。
なぜなら、故人がお亡くなりになってすぐは、お供えのお花を受け取るご家族に余裕がない時が多いからです。
残されたご家族は、ご葬儀の準備などお花のお世話・お手入れをする時間が持てないことも多いです。
気持ちが、お花のお手入れまで回せないこともありますよね。
また、お花をお供えする故人に長くお花を楽しんでもらいたいもの。
なるべく長くお花を咲かせてくれる種類であり、どんな種類でも新鮮なお花を贈りたいですね。
<タブーとされる供花の種類>

バラなどのトゲがあるお花や、シャクナゲなど毒があるお花は避けた方がよいとされています。
ただ、宗教・宗派で様々なので確認が必要です。
<キリスト教の方へのお花は?>

カーネーションなどの洋花を使ったバスケットアレンジメントなどが一般的とされています。
お花屋さんで注文する場合は、洋花だけでお供えのお花を作ってもらいたいことを伝えると良いかもしれません。
ちなみに、お名札は付けないことが一般的です。
<仏教の方へのお花は?>

地域のお花屋さんでたまに見かける「仏花」というコーナーに置いてあるお花をお供えすることが多いとされています。
例えば切り花ではユリ・菊などが一般的で、胡蝶蘭などの鉢植えのお花を贈ることもあります。
お花の形状はアレンジメント花束、スタンド花が一般的です。
※宗教、宗派の違いによって、お供えするお花やお花の形状が異なることがあるので、事前に確認したり、同じようにお花を贈る方同士で合わせたりするのもいいかもしれません。

・・・花キューピットの便利なサービス・・・

花キューピットでは、お届け先の近所にあるお花屋さんが制作・配達いたします。
そのため、日本中どこでも新鮮なお花をお届けすることができます。
例えば北海道にお住まいの方が、沖縄県にお供えのお花を注文された際は、沖縄県のお届け先から近いお花屋さんが担当いたします。
配達にかかる時間が短いため、鮮度を保ったままお渡しすることができます。
そのため、日本中どこでも新鮮なお花をお届けすることができます。

◆お名札の書き方って?


葬儀場

ご葬儀に参列すると、スタンド花やアレンジメントなどに名札が付いている所を見たことがある方も多いと思います。
お名札自体は見たことはあるけれど、どのように書けばいいのかなどは迷ってしまうこともありますよね。
ここではお名札についてご紹介します。
<個人で贈る>
フルネームで記入します。<夫婦で贈る>
夫婦で贈るときは、基本的に夫の名前だけ記入します。
二人の名前を書いてしまうと別居しているか、離婚していることを意味することになってしまうこともあります。

<家族で贈る>
家族や親せきでお花を贈る際は〇〇家一同でまとめることが多いです。
子どもだけで贈りたい際は、〇〇家子ども一同など、苗字・続柄一同でまとめることもあります。

<友人で贈る>
3名までの人数で供花を贈る際は、連名で記入することが多いです。
3名以上になる場合は、友人一同や〇〇大学一同などでまとめることが一般的です。
友人それぞれでお花を贈ってしまうと、供花がたくさんになってしまい、会場に入りきないこともあります。
どんな風にお花を贈るかや、どのようにまとめるかなどは参列する友人同士で事前に連絡が取りあえると良いかもしれませんね。

<故人の会社から贈る>
会社名・役職名・フルネームの順で記載します。また〇〇部一同でまとめることもあります。
そして長くてスペースがない場合を除いて、株式会社・有限会社などは略さずに書く方が良いとされています。

◆お墓になぜお花をお供えするの?



お墓参りに行く際や、お墓参りへ行く際には、お花を持参する方が多いと思います。
ドラマなどでお墓が映るシーンにも、必ずと言っていいほどお花が添えられています。
当たり前のようにお花をお供えしていますが、そもそもなぜ“花”なのでしょうか。
その理由としては以下のことがあるようです。
<お花はお供えの基本>
お花は、お線香、提灯と並んで仏様へのお供えの基本とされているほど大切だと考えられているそうです。
<お花の姿が人の一生を表す>
蕾または、きれいに咲いている状態から枯れるまでの変化が、人間の一生を迎える様子を表していると考えられています。
<仏様の姿に似ている>
植物は、雨や風、栄養の少ない土地などの厳しい環境に耐え抜いてきれいなお花を咲かせます。
その姿を仏様に対して人間が修行をし、辛さに耐え抜くことを誓った姿と重ねているからだそうです。
<ごはんの代わりに香りを楽しむ>
お墓に眠っているご先祖様は、食べ物を今までのように食べられない代わりに、お花の香りを楽しまれるとされています。

◆造花はお供えしちゃいけないの?


お墓

生花は、きれいでいい香りもしますが、いつかは枯れてしまいます。
そんな時に、「造花は枯れないし、お水の取り換えもいらないのでは?」と考える方もいらっしゃると思います。

造花を仏壇やお墓にお供えすることは、気持ちがあれば問題ありません
しかし、生花の方が一般的です。
お花をお供えする理由にも生花の良さが取り上げられていたように、ずっと美しい状態を保つわけではなく、時間とともに枯れてしまう「生きているお花」をお供えにはおすすめします。

・・・花キューピットの便利なサービス・・・

花キューピットで注文されたお花は、宅配便ではなくお届け先の近所にある花屋さんから、お供えにふさわしい新鮮なお花をお届けします。
遠方でなかなかお供えに行けないという方も、安心してご利用ください。

◆最後に


蓮の花

今回はお供えのお花について疑問に感じやすいことをご紹介しました。
少しでも、疑問が解決するお手伝いができたら幸いです。

花キューピットでは、お供え・お悔やみなどそれぞれのシーンに合わせてお花をご用意しています。
お供えのお花でお悩みの際は、一度花キューピットをご覧ください。

▼ご葬儀前・通夜・葬儀に贈るお花はこちらから▼

ご葬儀前・通夜・葬儀に贈るお花

▼四十九日法要(忌日法要)以降に贈るお花はこちらから▼

四十九日法要(忌日法要)以降に贈るお花

▼お供えのミディ胡蝶蘭はこちらから▼

お供えのミディ胡蝶蘭

▼葬儀・葬式の供花のスタンド花・花輪はこちらから▼

葬儀・葬式の供花のスタンド花・花輪

 

 

 

キーワードごとに関連記事を読む

Loading Facebook Comments ...
Comment





Comment



前のページへ