, 花を贈る時, 花贈りのマナー

人生の節目に ~退職祝いに贈る花~

月末になるとご退職される方が多くおります。特に3月は、年度末ということもあり他の月以上に会社を巣立つ方が多くなりますね。

新天地を目指す方への贈りものとして喜ばれるのは、やっぱりお花。華やかなフラワーギフトは気持ちを伝えるだけでなく、受け取った方の記憶に強く残ることでしょう。

今回の花だよりでは、退職祝いに贈る花の選び方についてお伝えします。

退職祝いには花束がおすすめ

hanataba1退職祝いのお花は、やはり花束が最も人気です。ご本人に手渡しすることが多く、また受け取る方からしても花束の方が持ち帰りやすいという事情もあり、花束が根強い人気を誇る秘訣でしょう。

どうしても直接手渡しできなかった時や、一緒に住んでいるご家族に贈る場合は、アレンジメント胡蝶蘭観葉植物など、届いてそのままに飾れるものをご自宅にお届けするといいですね。

ご予算についてですが、個人で贈る場合は5,000円~10,000円ほどのお花を選びます。職場の皆さんで贈る場合は、一人あたり500円~1,000円程度が目安となります。

あまり大きなフラワーギフトだと持ち帰りが大変となってしまいます。また、お花の注文時には持ち帰り用の袋をお花屋さんに頼むといいですね。

■花の種類の選び方

退職祝いに贈る花束の中で、人気が高いのはやはりバラやユリなど豪華な見栄えの花です。バラやユリは好きな方も多く、またポピュラーなお花なので、お花にあまり詳しくない方にも喜ばれるでしょう。

また、受け取る方の好みの花を知っているのであれば、その花をつかった花束を贈るのが一番です。好きな花で彩られた人生の節目は、一生忘れられない思い出となりますね。

職場の皆さんで贈るのであれば、インターネット花キューピットが運営するソーシャルギフト「bouquet」もおすすめです。受け取る方をイメージしたお花を選んで、オリジナルの花束をつくることができます。

ご退職は人生の新しい門出。お花に今までの感謝の気持ちとこれからの励ましの想いをこめて、旅立つ方を盛大に見送りましょう。

2015-03-13 | Posted in , 花を贈る時, 花贈りのマナーNo Comments » 
Loading Facebook Comments ...
Comment





Comment



前のページへ