メニュー
“フラワーギフト通販の花キューピット
会員登録
マイページ
カート
カート
0
  1. 花キューピット
  2. 四十九日法要以降に贈る献花

四十九日法要以降に贈る献花

お供え・お悔みには、哀悼の意を込めたフラワーギフトが故人への想いを伝えます。四十九日法要以降のお供えには、優しい色合いのお花を贈るといいでしょう。花キューピットの加盟店が、心をこめてお届けいたします。

四十九日法要以降に贈る献花 【四十九日法要以降に贈る献花】お供えのアレンジメント

写真のお花

512602 ◇ 【最短お届日】2月29日~ ◇ アレンジメント/ワンサイド サイズ:高さ27×幅26×奥行17cm

優しい色合いの花がご遺族の心に寄り添います 【四十九日法要以降に贈る献花】お供えのアレンジメント

3,850円(税込)

詳細はこちら

ご注意

アレンジメント/ワンサイド → 片面見、アレンジメント/オールラウンド → 四方見 となります。 写真はイメージです。 地域・季節によって、一部花材・花器等が異なる場合がございます。 別途手数料がかかります。3,849円以下の商品は手数料660円(税込)、3,850円以上の商品は手数料825円(税込)となります。 配達不能な区域がありますのでご確認ください。 配達不能地域一覧 はこちら

■物流事情の影響によるお届けについて

・一部の商品において、商品内容の変更をさせていただきお届けする場合がございます。ご注文いただきましたお花の色合いに合わせた花店のおすすめ商品をお届けいたします。
・一部の地域でお届け日の変更のお願いをする場合がございます。
・今後の状況によりお届けの内容に変更が発生する可能性がございます。
何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

お供えの花贈り
よくある質問

四十九日法要に贈るお供えの花はどれが良いですか

四十九日法要以降は、優しい色合いの花を贈ることが多いです。白い花にピンクや水色の花を加え、遺族の気持ちに寄り添う供花を選ぶと良いでしょう。

四十九日法要に最適な花は、最短でいつ届けられますか

商品画像のある花束やアレンジメントは、17時までの注文で最短翌日にお届け可能です。約3か月先までのお届け日を選択できる供花もあるため、お届けを予約しておくこともできます。

注文した当日にお供えの花を届けられますか

はい。ひる12時までの注文でお供えの花の即日届けが可能です。お花屋さんがお供えに最適なデザインの花束やアレンジメントをお届けします。予算や形(スタイル)を選んでご注文ください。 >当日配達特急便・お供えはこちら

お供えの花の相場はどのくらいですか

3,000円~10,000円が相場です。故人との関係性によって、お供えの花の値段が変わります。

四十九日を過ぎた後に贈るお供えの花のマナーは何ですか

絶対的なマナーやルールはありません。ただ、白い花だけでまとめたデザインよりも、優しい色合いの花を加えたデザインを贈るといいでしょう。四十九日以降は白い花に水色や青、ピンクや紫、グリーンの花を合わせたお供えの花を贈ることが一般的です。

お供えの花はいつ届けたらいいですか

四十九日の2日前または、前日に届くのが良いとされています。法要の日程は49日を超えないことが一般的。そのため日程の関係で49日よりも前に法要を行うことも増えてきているようです。

四十九日には花束とアレンジメントどちらを贈ればいいですか

アレンジメントがおすすめです。届いてすぐに供えることができるため、遺族に手間をかけさせません。

お供えに適さない花はありますか

香りが強い花やトゲのある花などは適していません。さらに詳しいマナーを知りたい方は、お供えの花についてのインタビュー記事をご覧ください。知恩院の所属寺院に従事する僧侶の大津憲優さんに聞きました。>お供えの花についてのインタビューはこちら

四十九日の数え方が知りたいです

四十九日は、命日(故人が亡くなった日)を1日目として、そこから49日目を四十九日とすることが一般的です。

四十九日の意味は何ですか

故人が亡くなってから49日目を境に、遺族は故人のご冥福を祈って喪に服していた期間を終えます。そのため、仏教ではこの49日目を「忌明け(きあけ)」とも呼んでいます。

49日を過ぎた後の、仏教における考え方について知りたいです

仏教では、亡くなって49日目までは生前の行いを裁く審判を受けるとされています。49日までは、故人の霊はこの世とあの世の間をさまよっているといわれています。初七日から7日ごとに審判を受け、49日目の最後の審判で行き先(極楽浄土や疑獄など)が決まるのだそう。

四十九日法要はなぜするのですか

四十九日法要は、故人が極楽浄土にいけることを願って行います。生前の行いを裁く審判の日に合わせて、故人の霊が無事に成仏できるように祈るのです。