メニュー
“フラワーギフト通販の花キューピット
会員登録
マイページ
カート
カート
0
  1. 花キューピット
  2. お供え・お悔やみの献花

お供え・お悔やみの献花

お供え・お悔みには、哀悼の意を込めたフラワーギフトが故人への想いを伝えます。四十九日を迎えるまでは白を基調としたお花を、四十九日以降のお供えには、優しい色合いのお花を贈りましょう。花キューピットの加盟店が、心をこめてお届けいたします。

お供え・お悔やみの献花 【お供え・お悔やみの献花】お供えのアレンジメント

写真のお花

512602 ◇ 【最短お届日】5月21日~ ◇ アレンジメント/ワンサイド サイズ:高さ27×幅26×奥行17cm

優しい色合いの花がご遺族の心に寄り添います 【お供え・お悔やみの献花】お供えのアレンジメント

3,850円(税込)

詳細はこちら

お供え・お悔やみの献花 ランキング

お供え・お悔みのシーンに合わせて


お供え・お悔やみの花を探す

予算から探す

お供えの花贈り 
よくある質問

どんな花を贈ったらいいですか。
シーンに合わせた花の選び方を
教えてください

  • ・お通夜、葬儀、初七日にお供えするお花:白を基調とした(白上がり)が多いです。
  • ・四十九日以降、一回忌、三回忌にお供えするお花:白色を中心に淡い色を入れたものが多いです。
  • ・命日にお供えするお花:白のみ、白を基調に淡い色合いをいれたものが多いです。(年数がたっていれば、お花の色に関係なく贈ることもあります。)

花キューピットなら

  • 昼の12時までのご注文でその日のうちに配達できるため、急なお通夜などにもしっかり対応いたします。
  • お届け先の地域にある花屋さんが作成するため、地域の風習に合わせたお花を贈ることができます。
    大切な人を偲ぶ花、大切な人を失くされた方に寄り添う花をご用意いたします。

相手との関係に合わせた予算の相場いくらですか

  • ・遺族、親族:15,000円以上
  • ・故人と縁のある会社:8,000円以上
  • ・故人の友人、知人:3,000円以上
  • ※紹介した予算は一般的に多く用いられる金額です。

花キューピットなら

  • 花キューピットでは3,000円から、お供えのお花をご用意しています。また「予算から探す」から、金額ごとにお花を選べるようになっています。

お供えに適した花は何ですか

  • ・故人が好きな花:お供えしても問題ありません。
  • ・おすすめのお花:菊やカーネーションなど日持ちするお花・新鮮なお花がおすすめです。
  • ・タブーとされるお花:バラなどトゲがあるお花・シャクナゲなど毒があるお花はさけましょう。
  • ・キリスト教:洋花を使ったバスケットアレンジメントやスタンド花が一般的です。
  • ・仏教:ユリ胡蝶蘭などを使ったアレンジメントや花束、スタンド花が一般的です。

花キューピットなら

  • 近くのお花屋さんが直接手渡しでお届けするため、新鮮なお花をお届けできます。

お名札はどう書くのですか

  • ・個人で贈る:フルネームで記載します。
  • ・夫婦で贈る:夫の名前だけ記載します。連名で記入すると別居しているか離婚していることを意味してしまいます。
  • ・友人から贈る:友人一同でまとめます。連名で贈るときは多くて3名までとされています。
  • ・家族で贈る:〇〇家一同などでまとめで記載します。
  • ・故人の会社から贈る:会社名・役職名・フルネームの順で記載します。また〇〇部一同でまとめることもあります。

花キューピットなら

  • 5,000円以上のお花は、お名札をお付けすることができます。
  • お届け先近くの花屋さんが、それぞれの地域の慣習に合わせた形でお名札を用意いたします。

造花はお供えしていいのですか

  • ・お墓や仏壇に造花をお供えすることは、気持ちがあれば問題ありませんが、生花の方が一般的です。

花キューピットなら

  • 造花はご用意がありませんが、生花は様々なデザインの供花をご用意しています。

生花を供える理由は何ですか

  • ・お花は、お線香、提灯と並んで仏様へのお供えの基本とされています。
  • ・お花が枯れるまでの変化が、人の一生を迎える様子を表しているためです。
  • ・ご先祖様は物を食べられない代わりに、お花の香りを楽しまれるとされています。

花キューピットなら

  • お届け先の近所にある花屋さんからお供えにふさわしい新鮮なお花をお届けできます。

供花と献花の違いは何ですか

どちらも故人へ供える花のことですが、それぞれ意味している花は異なります。供花は葬儀などでお供えしてあるスタンド花や、アレンジメントのことをいいます。献花は葬儀などで参列者が、献花台や棺に供える花を意味します。

献花はどこで買いますか

葬儀などで献花を行う場合は、会場のスタッフが献花に使う花を、参列者1人ずつに配ることが多いです。献花で用いる花は、基本的に自分では用意しないことが多いようです。

献花の花の種類は一般的に何ですか

白い菊・カーネーションなどが一般的。1つの茎から1つの花が咲いている種類で、茎が丈夫で持ちやすい花が選ばれることが多いです。また故人が好きだった花を献花することもあります。ちなみに色は白以外に、ピンクや紫などの場合もあります。

供花と供物の違いは何ですか

ご先祖様や故人にお供えするもの全てを供物といい、その中でお供えする花を供花といいます。そのため、供花も供物の1つということになります。ただ、故人や遺族へ贈る花を供花、ご先祖様や故人にお供えする果物やお菓子などを供物と呼び分けることが多いそうです。

供物は何と読みますか

「くもつ」と読みます。宗教によって供物は異なりますが、仏教の供物の基本は五供(ごくう)と言われています。五供は「香・花・灯明・水・飲食」の5つで、香は線香・花は供花・灯明はろうそくのなどの明かりを意味しています。

供花は何と読みますか

「きょうか」または「くげ」と読みます。供花とは、故人へのお悔みの気持ちや哀悼の意を表すために贈る花のこと。そして、供花には故人やご先祖さまだけでなく遺族を慰めることや、故人の冥福を願う意味も込められています。

献花は何と読みますか

「けんか」と読みます。別れの意味を込めて献花台や棺に花を供えること。または、その花のことをいいます。

ご注意

アレンジメント/ワンサイド → 片面見、アレンジメント/オールラウンド → 四方見 となります。 写真はイメージです。 地域・季節によって、一部花材・花器等が異なる場合がございます。 別途手数料がかかります。3,849円以下の商品は手数料660円(税込)、3,850円以上の商品は手数料825円(税込)となります。 配達不能な区域がありますのでご確認ください。 配達不能地域一覧 はこちら

■物流事情の影響によるお届けについて

・一部の商品において、商品内容の変更をさせていただきお届けする場合がございます。ご注文いただきましたお花の色合いに合わせた花店のおすすめ商品をお届けいたします。
・一部の地域でお届け日の変更のお願いをする場合がございます。
・今後の状況によりお届けの内容に変更が発生する可能性がございます。
何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。