“フラワーギフト通販の花キューピット
会員登録
カート

10月の誕生花の花言葉や育て方

10月の誕生花の花言葉や育て方

10月の誕生花は、オレンジバラやオレンジガーベラ、キクなどです。以下では、これらの花言葉や魅力、育て方のポイントをご紹介します。10月の誕生日プレゼントに、これらの花を取り入れたフラワーギフトを選んでみてはいかがでしょうか。

優雅さと爽やかさを併せ持つオレンジバラ

優雅さと爽やかさを併せ持つオレンジバラ

華やかでゴージャスなバラは贈り物にぴったりな花です。赤やピンク、白やオレンジなどさまざまなカラーバリエーションがあり、色によって花言葉が異なるという特徴があります。オレンジバラの花言葉には、「絆」「すこやか」「愛嬌」「信頼」といったものがあげられます。「絆」という花言葉から、家族へのプレゼントとして贈られるケースが多くみられます。もちろん家族だけでなく、友人や恋人などへのプレゼントにもぴったりです。元気で鮮やかなビタミンカラーなので、お見舞いの花として贈るのもよいアイデアです。

「オレンジバラだけ贈るのは少し物足りない」という場合は、他の花と組み合わせて贈ってみましょう。オレンジバラには、白いガーベラやグリーンローズなどの花が合います。白いガーベラには「律儀」や「希望」といった花言葉があり、相手に信頼や友愛を伝えるオレンジバラとの相性も抜群です。グリーンローズには「あなたは希望を持ち帰る」という花言葉があり、希望や明るい未来を託す際の贈り物に適しています。

そんなオレンジバラを育てる際は、大苗か新苗かをしっかり選ぶことが大切です。初心者の方には、比較的育てやすくその年から花を咲かせる大苗がおすすめです。加えて、バラは多くの肥料を必要とする花なので、肥料はしっかりと与えることが大切です。肥料が多く含まれている土に植えることはもちろん、追加肥料も忘れずに与えることが大切です。

可憐な姿が印象的なふたつの花

可憐な姿が印象的なふたつの花

オレンジガーベラとキクは、オレンジバラと同じく10月の誕生花です。両者とも可憐な花びらが印象的で、ブーケやアレンジメントフラワーにもよく使用されています。

オレンジガーベラには「冒険心」「神秘」「我慢強さ」といった花言葉があります。新しい環境に身を置く方や、新しい物事にチャレンジしようと考えている方への贈り物にぴったりです。鮮やかなオレンジガーベラを贈って、家族や友人などの親しい方を励ましてみてはいかがでしょうか。
オレンジガーベラは比較的育てやすく、開花期間が長いという特徴があります。日光をたくさん当てて、20度~25℃程度の環境で育てるようにしましょう。オレンジガーベラは気温が0℃~5℃の低温、もしくは30℃前後の高温になると、花や葉が枯れてしまいます。

キクは、日本人にとって非常になじみ深い花のひとつ。そんなキクには「高貴」「高潔」「真実」「愛情」といった花言葉があり、可憐でありながら芯の強い姿をイメージさせます。他の花と組み合わせて、親しい方を讃える贈り物にしてみましょう。キクは日光を好むため、1日9時間~15時間程度日光が当たる場所に出しておくことが大切です。土は水はけのよいものを使用し、土の表面がしっかり乾いたのを確認してから水やりを行いましょう。

爽やかでエレガントな花々を添えて

オレンジバラやオレンジガーベラ、キクは、可憐さと優雅さを兼ね備えた花です。また、どれも贈り物にぴったりな花言葉を持っています。ぜひ贈り物選びの際の参考にしてみてください。

12時までの注文で当日お届け!

お電話なら昼13時まで

0120-879-123

只今のお時間のご注文で
11月21日(水) にお届けいたします。
  • アレンジメント
    花束
  • 今すぐ注文する

    ※ 当日配達指定はクレジットカード決済のみご利用いただけます。