お父さんに「遅れてごめんね」の父の日プレゼントを贈りませんか?

父の日翌日の6月21日以降にお届けできるアレンジメント・花束です。

父の日当日に遅れてしまっても、お父さんへの感謝の気持ちはきっと伝わるはずです。


父の日 遅れてごめんね アレンジメント・花束の
プレゼントをもっと見る






父の日コラム

2021 父の日プレゼント特集

お父さんありがとう!|父の日 コラム
  • 父の日の由来|父の日 コラム父の日の由来
    お父さんに日ごろの感謝の気持ちを伝えるのが父の日。父の日の由来についてご存知ですか。
  • お花とファッション小物|父の日 コラムお花とファッション小物
    2021年の父の日は、お花と一緒にネクタイやワイシャツをプレゼントしませんか?セットギフトならお父さんも嬉しさ2倍です♪
  • 喜ばれるプレゼント|父の日 コラム喜ばれるプレゼント
    ビジネスマンのお父さんには、仕事で使える腕時計や名刺入れがぴったりです。2021年の父の日のプレゼントはお花×ビジネス小物で決まり!
  • ゴルフ好きなお父さんに|父の日 コラムゴルフ好きなお父さんに
    ゴルフ好きでアクティブなお父さん。2021年の父の日は、ゴルフがもっと楽しくなる小物をプレゼントしましょう!思い出に残る父の日になるはず。
  • 父の日にはひまわりを|父の日 コラム父の日にはひまわりを
    明るく親しみやすいお花「ひまわり」は、父の日のプレゼントに大人気!見ているだけで元気になれる、ひまわりの飾り方をご紹介。
  • 父の日にお酒のプレゼント|父の日 コラム世界の父の日
    2021年の父の日は、美味しいお酒で盛大に!日々の晩酌を楽しく彩るお酒のプレゼントはいかがでしょう?ビアグラスもおすすめです♪
  • 世界の父の日|父の日 コラム世界の父の日
    父の日は6月の第3日曜日。2021年は6月20日です。国によって由来や日付は様々ですが、お花やメッセージをプレゼントするのは世界共通です。
  • 父の日に父娘デート|父の日 コラム父の日に父娘デート
    お父さんにとって一番のプレゼントは、娘と過ごす大切な時間。2021年の父の日は、ぜひ父娘デートを!デート後はお花のギフトもおすすめ♪
  • バラのお手入れ|父の日 コラムバラのお手入れ
    父の日といえば黄色いバラですが、プレゼントして終わりになっていませんか?お花に不慣れなお父さんのために、バラの上手な飾り方をチェック。
  • ドライブが楽しくなるプレゼント|父の日 コラムドライブが楽しくなるプレゼント
    車好きなお父さんには、車内が快適になるプレゼントがぴったり!お花と一緒に贈ればギフト感もアップ。2021年の父の日は親子でドライブへ♪

よくあるご質問

父の日プレゼント特集2021

お父さんありがとう!|父の日 プレゼント特集2021

今年、2021年の父の日は6月20日(日)です。父の日は、毎年6月の第3日曜日と定められています。5月の第2日曜日である母の日に比べ、忘れられてしまいやすい父の日ですが、今年はしっかり覚えてお父さんに「ありがとう」を伝えてみてくださいね。改めて考えると、普段の生活の中では「お父さんに、なかなか感謝の気持ちを伝えられていない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。ぜひ父の日は家族のために、いつも頑張ってくれるお父さんへプレゼントやお手紙を用意して想いを伝えてみてくださいね。

ひまわり・オレンジバラが特におすすめです。ひまわりは、父の日を代表的するお花の1つであり「憧れ」という花言葉を持っていることから、お父さんへ尊敬や憧れの気持ちを伝えることができます。そしてオレンジバラは品がありつつ、かわいらしくなりすぎない雰囲気があります。花言葉は「絆」。オレンジバラを贈れば、花言葉で「家族の絆」を伝えることができそうですね。また、デルフィニウムなどのブルー系のお花をお父さんへ贈ることも人気があります。フラワーギフトにブルーが入ることで、爽やかで男性らしいデザインにすることもできます。

アレンジメントや鉢植えはお父さんに喜ばれる贈り物です。意外に思われるかもしれませんが、お花や植物が好きなお父さんは多いようです。きれいなお花は誰がもらっても嬉しいものですよね。「お花に何かプラスしてお父さんに贈りたい」という方は、スイーツやお酒を一緒にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。お花と一緒に贈るスイーツやドリンクのセットはこちら

それぞれの特徴によってお花のスタイルを選んでみてください。バスケットなどにお花を活けたアレンジメントは、もらってすぐに飾ることができるため、お花を飾り慣れていないお父さんでも安心です。一方、花束は持ち運びに便利で手渡ししやすいスタイルです。そのため、出先でプレゼントする時におすすめ。また鉢植えは、植物を育てることが好きなお父さんにおすすめ。毎日成長していく植物を見ることが「楽しい」という方や、手入れしただけ成長で返してくれる植物に愛着が沸くというお父さんも多いようです。

30文字程度のメッセージカードを無料でお付けします。注文の際にお好きなメッセージを入力してください。絵文字、機種依存文字などの文字は使用できませんので、ご注意ください。メッセージはお花と一緒にお花屋さんからお届けします。ただし産直花鉢には、父の日の特製カードを付属いたします。特製カードの内容の変更はできませんのでご了承ください。

感謝の気持ちがあればいつでも問題はありません。今年、2021年の父の日は6月20日(日)ですが、父の日当日にプレゼントを用意しなくてはいけないということはありません。もし、うっかり父の日が過ぎてしまったとしても、日付にとらわれることなく、家族のためにいつも頑張ってくれるお父さんへ「ありがとう」の気持ちを伝えてくださいね。

お義父さんへプレゼントするなら上品で凛としたユリがおすすめです。存在感があり大きく美しいユリの花は、目上の方への贈り物としてもよく選ばれています。白ユリの花言葉は「威厳」。そんなユリを花束やアレンジメントなどに1輪加えるだけで、フラワーギフト全体の上品さをワンランクアップすることができそうです。またユリの仲間であるグロリオサもお義父さんへの父の日ギフトに人気があります。炎のようにも見える情熱的な見た目のグロリオサは、父の日を代表するひまわりとも相性抜群。赤と黄色のコントラストが父の日を鮮やかに彩ります。

父の日におすすめな育てやすい鉢植えは「あじさい」です。あじさいは日本原産のものも多く、日本の環境や気候が育てる際に適しているのだそうです。加えてあじさいは、しっかり水やりをしていれば、きれいな花を長く楽しむことができる植物でもあります。またあじさい以外にはサボテンや多肉植物もおすすめ。専門的な園芸の知識がなくても、簡単に育てることができます。頻繁に水やりする必要がない種類も多く、植物を今まで育てたことがないお父さんでも安心して贈っていただけます。育てやすい鉢植えはこちら

父の日にお花とドリンクやスイーツなどのセットをご用意しています。お酒好きなお父さんには、飲み比べができるビールや原料にこだわって醸造した吟醸酒はいかがでしょうか。きっとお父さんに満足してもらえるはずです。また甘いものが好きなお父さんには、今の時期に食べたくなる、果汁を使用したソルベがおすすめ。他には和菓子好きにはたまらないお饅頭、自宅や職場で贅沢な時間を過ごすことができそうなコーヒー、至福のひと時をプレゼントできる国産牛カタログギフトもお花とセットでご用意しています。お花とスイーツやドリンクセットはこちら

戦争から復員し男手一つで育ててくれた父に感謝する想いが由来です。父の日の発祥にはアメリカに住むソノラ=スマート=ドットという女性が大きく関わっています。ソノラは南北戦争から復員した後に男手一つで、自分を含めた6人の子どもを育ててくれた父親の偉業をたたえようと、父の日の起源となる式典を開催したと言われています。もっと詳しく父の日の由来が知りたい方はこちら

ゴルフをする様子を再現したサボテンの寄せ植えをご用意しています。ゴルフをプレイしている一場面を切り取ったような寄せ植えは、見ていても楽しいインテリアグリーンになっています。グラスを使った爽やかな見た目は、夏らしい日が多くなってくる父の日ギフトにぴったり。植えられているのは、植物を育てることが初心者のお父さんでも安心なサボテンです。こまめに水やりなどをする必要がないので、気軽に育てられるプレゼントになると思います。気になった方はこちら

父の日は、国によって由来や過ごし方が異なります。父の日が制定されている国でも、世界で見ると宗教や文化、歴史の違いから日程や定番の過ごし方がそれぞれ異なります。例えば、韓国の父の日は「オボイナル」と呼ばれており、お父さんだけでなくお母さんにも感謝するため「両親の日」という意味合いが強いようです。特に韓国では両親を敬うことが重んじられているため、定番の花ギフトに加え両親に贈るプレゼントは、高価になることが多いのだそう。他の国の父の日について知りたい方はこちら

父の日は、ひまわりと黄色のバラが象徴になっています。ひまわりや黄色のバラからも分かるように、日本の父の日のイメージカラーは黄色。これは「ファーザーズ=デイ委員会」が開催した「父の日黄色いリボンキャンペーン」がきっかけとされています。黄色が選ばれた理由は「愛する人の無事を願う」という意味が込められているからなのだそう。黄色は家族のために頑張ってくれるお父さんへ渡したい色なのですね。夏の暑さに負けずにパッと花を咲かせるひまわりと、明るい印象に加え、かわいらしくなりすぎない黄色のバラをプレゼントしてみては。