メニュー
“フラワーギフト通販の花キューピット
会員登録
マイページ
カート
カート
0
  1. 花キューピット
  2. 誕生日フラワーギフト特集
  3. 誕生日コラム一覧
  4. 3月の誕生花はピンクガーベラ。花言葉・品種・おしゃれな飾り方・長持ち方法など

3月の誕生花は
ピンクガーベラ。
花言葉・品種・
おしゃれな
飾り方・
長持ち方法など

3月の誕生花は「ピンクガーベラ」です。ガーベラの花言葉は「希望」「常に前進」「前向き」などで、カラフルでかわいらしい花姿が特徴。今回は、3月の誕生花であるピンクガーベラの花言葉・他の花との組み合わせ方・飾り方のアイデアなどをご紹介します。

3月の誕生花は「ピンクガーベラ」

ピンクのガーベラ

3月の誕生花としてご紹介するのは、ポップでかわいらしい印象の「ピンクガーベラ」。春の訪れを感じられるピンク色。
ピンクガーベラは、子供にも親しまれる花姿が3月のお祝いのシーンにふさわしく、雛祭りで飾る花としてもおすすめです。

花屋さんでは一年を通して入手することができますが、ガーベラは3月〜5月に出荷最盛期を迎えます。品種によって花の大きさや形、中心の色、花びらの色の濃淡が異なります。

ピンクガーベラの花言葉は「思いやり」「感謝」など

ピンクガーベラの花束

3月の誕生花ピンクガーベラの花言葉は、ポジティブな意味合いがほとんど。ネガティブなものや怖い意味の花言葉はありません。そのため、誕生日プレゼントをはじめとするお祝いのフラワーギフトにおすすめです。

●ピンクガーベラの花言葉

「思いやり・感謝・崇高な愛」など

また、ガーベラの花言葉は色によって意味が異なります。

  • ガーベラ全体…「希望・常に前進・前向き」
  • 赤…「燃える神秘の愛・限りない挑戦」
  • オレンジ…「冒険心・我慢強さ・忍耐強さ」
  • 白…「希望・純潔」など
  • 黄色…「親しみ・究極の愛」

ピンクに加えて他の色のガーベラも合わせたいときは、花言葉を参考に色を選ぶのもいいですね。

ピンクガーベラの魅力は豊かな色彩とポップな花姿

「白目」と「黒目」のピンクガーベラ

ピンクガーベラは、多くの方から愛される豊かな色彩と、親しみやすいキュートな花姿が魅力。同じピンクでも、ガーベラは濃淡のカラーバリエーションが豊富なので、組み合わせ次第でさまざまな雰囲気のフラワーギフトが作れるのもおすすめできるポイントです。フラワーギフトにピンクガーベラを加えると、ポップでかわいらしい印象になります。さらに、ガーベラは一年を通して入手でき、比較的リーズナブルなのも嬉しいところ。

●ピンクガーベラの魅力

  • ピンクが優しくポジティブな印象なので、友人や家族にも喜ばれる
  • ピンクの濃淡や咲き方が豊富なので、好みの雰囲気でフラワーギフトが作れる
  • 比較的安価に入手できる
  • お手入れをすれば、長く花を楽しめる

ピンクガーベラの選び方のポイント

オランダの様子

前項でご紹介したように、ピンクガーベラと一口に言ってもさまざまな種類があります。ピンクガーベラを選ぶときは、以下を参考にしてみてくださいね。

・花の大きさで選ぶ

ピンクガーベラには、大きく分けて大輪のガーベラと小輪のガーベラがあります。小輪タイプは、ミニガーベラとも呼ばれています。

「フラワーギフトのメインにピンクガーベラを使いたい」という場合は、大輪のガーベラを。「他の花との組み合わせを楽しみたい」というときや「コンパクトなフラワーギフトにしたい」という場合は、ミニガーベラを選ぶのがおすすめです。

・花の中心の色で選ぶ

ピンクガーベラを選ぶとき、花びらの色で選ぶ方は多いかもしれません。それももちろん良いのですが、もう1つ見てほしいのが、花の中心の色です。

ガーベラの中心の色には、白やグリーンなどの「芯白・白目」、茶色や黒などの「芯黒・黒目」があります。花束やアレンジメントのなかで前者が多いと優しい印象に、後者が多いと鮮やかな印象になります。ちなみに、上の写真は「白目」と「黒目」のピンクガーベラです。

ピンクガーベラと合わせたい!一年中手に入る花

ピンクガーベラとカーネーションのアレンジメント

ピンクガーベラのみでフラワーギフトを作るのも人気がありますが、他の花と組み合わせることで、よりオリジナリティのあるおしゃれなフラワーギフトになります。ピンクガーベラと合わせたい花の種類をご紹介します。

● ピンクカーネーション

ピンクカーネーション

ピンクガーベラに、濃いピンクや薄いピンクのカーネーションを合わせると、濃淡のグラデーションを楽しめる仕上がりになります。ピンクのグラデーションがとてもきれいなギフトに。カーネーションの上品さが加わることで、ポップさが抑えられて大人っぽいギフトになります。また、ピンクガーベラと黄色のカーネーションを合わせれば元気で、子供にも喜ばれそうなデザインにすることもできます。

コンパクトな花束にして、職場の先輩女性など目上の方へのギフトや、母親へのプレゼントにするのもおすすめです。

ピンク色のカーネーションの花言葉…「温かい心・感謝・気品・上品」など

● 白いバラ

白バラ

色彩豊かで鮮やかな色合いのピンクガーベラと白いバラはカラーの相性抜群!また、平面的なガーベラに立体的なバラを合わせることで、花姿の表情が豊かになります。小ぶりでかわいらしいブーケスタイルにするのがおすすめ。

白バラは美しくシックな印象もあるので、年上の方へのギフトにも向いています。
また白バラに「相思相愛」という花言葉があることから、彼女や妻へのプレゼントにもおすすめです。

白いバラの花言葉…「純粋・私はあなたに相応しい・相思相愛」など

● スターチス

スターチス

スターチスは、茎の先で房状に広がる花です。一見花びらのように見えるカラフルな部分が実はガク(葉が変化してできたもの)で、花の保護の役割をしています。

丸く印象的に咲くピンクガーベラと、小さな花に見えるスターチスを組み合わせると、花のサイズのコントラストが楽しめます。
またスターチスはピンクや白・オレンジ・黄色・紫など色がさまざまなので、組み合わせ次第で花束やアレンジメントのデザインをシックにもキュートにもすることもできるのです。

スターチスの花言葉は「永遠に変わらない・変わらぬ心」など。
パートナーや大切な人に感謝の気持ちと、愛を込めたアレンジメントを渡したいときにもおすすめです。

スターチスの花言葉…「永遠に変わらない・変わらぬ心」など

上記にておすすめの花を紹介しましたが、ピンクガーベラはさまざまな花と合わせやすいので、相手の好きな色や雰囲気を思い浮かべながらフラワーギフトを選ぶのも素敵ですよ。

ピンクガーベラ×ピンクの花もおすすめ!

ピンクガーベラを使ったピンクのアレンジメント

春らしいフラワーギフトにしたいときは、ピンクガーベラに他のピンク色の花と合わせるのもおすすめです。

● 桃

桃

春らしいピンク色の花といえば、桃の花を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。ひな祭りのイメージもあるので、お子さんへのプレゼントとして、桃の花とピンクガーベラで花束を作るのもおすすめです。

また、枝ものの桃を合わせることで、花束やアレンジメントに動き・ボリュームを出すことができます。

桃の花言葉…「私はあなたのとりこ・チャーミング」など

● ピンクバラ

ピンクバラ

ピンクバラとピンクガーベラを合わせると、スイートでロマンチックな雰囲気になります。豪華でボリュームある花束にすれば、誕生日のプレゼントはもちろんのこと、告白やプロポーズのシーンでも素敵な贈り物になってくれるでしょう。

ガーベラの切り花には基本的に葉が付いていませんが、ピンクバラの切り花には、茎に葉が付いているものが多いです。そのため、ピンクバラの切り花とピンクガーベラを合わせるとバラの葉のグリーンが入って、生き生きとした印象になります。

コンパクトなアレンジメントにすれば、可憐な雰囲気の女友達へ贈るおしゃれなプレゼントにもおすすめです。

バラとガーベラのピンクブーケ

ピンクバラの花言葉…「恋の誓い・感謝・幸福・誇り」など

● ストック

ストック

ストックも、ピンクガーベラと合わせたいピンク色の花です。ストックは房状に花をつけるので、平面的なガーベラと合わせれば素敵なアクセントを添えてくれます。またストックは春の花なので、春の時期にしか贈ることのできない季節の贈り物になります。

色味が柔らかい印象になるので、かわいらしいアイテムが好きな女性へのプレゼントにおすすめです。ちなみにストックは香りの良い品種が多いため、花の香りが好きな方にも喜ばれるでしょう。

ストックの花言葉…「見つめる未来・愛の絆・豊かな愛」など

大きさ・形・色の種類が豊富!ピンクガーベラの品種について

ピンクガーベラの花

ここまでピンクガーベラについてご紹介してきましたが、ガーベラと一口に言ってもその種類はさまざまで、全ての色のガーベラと合わせると実に500以上の品種があるとされています。花の大きさや形・色など違いがあるので、好みに合わせて選んでみてくださいね。花屋さんで見かけるピンクのガーベラの品種をご紹介します。

● マルディーニ

マルディーニ

マルディーニは、優しく淡いピンク色で女性人気の高い品種です。ブライダルシーンなどでもよく用いられています。

● プチドルチェ

プチドルチェ

深いピンク色が印象的なプチドルチェ。かわいらしいだけでなく落ち着いた雰囲気があるので、シックなフラワーギフトが作れます。男性へのプレゼントやフォーマルな場のプレゼントにもおすすめです。

● スパイダウェネチア

スパイダウェネチア

ピンク×グリーンの花が、とっても個性的な品種です。フラワーギフトに加えると素敵なアクセントになりそうですね。日持ちが良いのも特徴です。

● トレーシー

トレーシー

ダリアにも似た八重咲きのガーベラ、トレーシー。中心ほど花びらが小さくなり、色もどんどん濃くなるのが特徴です。フワフワかわいらしい花姿と優しいピンク色で、フラワーギフトへ華やかさを添えてくれます。

ピンクガーベラは男性も喜んでくれる?

ガーベラの花束を持つ男性

ピンクガーベラは「男性にはちょっとかわいらしすぎてプレゼントしづらいかも」と感じる方がいるかもしれません。

男性へピンクガーベラを贈るなら、ピンク色の中でも鮮やかなピンクではなく、淡い色味のガーベラや深いピンク色のガーベラを選ぶのがおすすめ。ちなみに、淡いピンク色には、自律神経を整えてリラックスを促したり、血行を良くしたりする作用があるとも言われています。

加えて、グリーン(葉もの)を合わせたり、ラッピングや花器をシックな色合いやシンプルなデザインにしたりすると、より男性でも受け取りやすいフラワーギフトになります。

贈る相手に伝えたい!ピンクガーベラの生け方・飾り方

花瓶に生けられたガーベラ

誕生日祝いにピンクガーベラのフラワーギフトをお渡しするとき、生け方のワンポイントアドバイスをお伝えすると喜ばれます。普段あまり花を飾り慣れていない方でも簡単に真似できる、ピンクガーベラの飾り方やお手入れのポイントをご紹介します。

①水は少なめに

ガーベラを花瓶に飾るとき、水は2センチ程度に。茎は水に触れていると傷みやすくなるので、水に浸かる部分ができるだけ少ない状態を保ちましょう。

②暖かい部屋に飾る

ガーベラは寒さが苦手で、10度以下の環境では萎れやすくなります。花持ちを良くするために、暖かいお部屋へ飾るようにしましょう。ただ、暖かすぎると早く咲ききってしまうので、注意が必要です。

③こまめに水を替える

花瓶の水が少なく、かつ暖かい部屋で花を飾っていると、花が水を吸ってすぐに水が足りなくなってしまいます。こまめに水を替えてあげるようにしましょう。ガーベラは花瓶の水が汚れやすい花でもあります。清潔さを保つためにも、できれば水は毎日替えたいものです。

④茎を短めに切るとかわいらしい印象に

ガーベラをかわいらしく飾りたいときは、茎を短めにカットし、花瓶の縁へ花を並べるように飾りましょう。茎を短くすることで、花持ちも良くなります。

⑤茎を長く飾ると大人っぽい印象に

ガーベラの茎は少しうねりや曲がりがあります。茎を長めのまま、ガラス製の花瓶で見えるように飾ると、伸び伸びとした茎と丸い花のコントラストで大人っぽい印象になります。ただし、茎を長く残していると、花持ちが悪くなるというデメリットがあります。

そのため定期的に切り戻しをして、茎が長い時から短くなるまで飾ることがおすすめです。切り戻しをすれば花持ちもよくなりますし、茎の長さによる雰囲気の変化も楽しめて一石二鳥です。

ピンクガーベラの花言葉を使ったメッセージ例

メッセージカード

誕生日プレゼントにピンクガーベラのフラワーギフトを贈る際は、ぜひメッセージカードを添えて渡しましょう。言葉ではなかなか伝えにくい感謝や愛の言葉も、カードなら素直に表せるものです。ピンクガーベラの花言葉を添えたおすすめメッセージ例をご紹介します。

・友達へ

ピンクガーベラの花言葉は『思いやり』。いつも友達思いな〇〇ちゃんをイメージして、この花を選びました。これからも仲良くしてね!

・恋人やパートナーへ

誕生日おめでとう。ピンクガーベラの花言葉は『崇高な愛』。私の気持ちをこの花に込めて贈ります。

・ご家族へ

いつも私を支えてくれてありがとう。ピンクガーベラの花言葉は『感謝』。健康に気をつけて楽しい毎日を過ごしてくださいね。

なお、メッセージカードには、「〇〇より」と自分の名前を入れたり、フラワーギフトを渡す日の日付を入れたりするのがおすすめです。

花は咲き終わってしまうため、雑貨のようにずっと残して置けるものではありません。しかし、花と一緒に渡したメッセージカードは花が咲き終わった後も残ります。名前や日付を入れておくと、後から見返したときに嬉しさが何度もよみがえるでしょう。

花キューピットのフラワーギフトには、
30文字以内のメッセージを無料で
つけることができます

3月の毎日の誕生花・あなたの誕生花を調べよう!

エニシダ

今回は3月の誕生花であるピンクガーベラをご紹介しましたが、実は月だけでなく日ごとの誕生花もあることを知っていますか?今回は誕生日におすすめな言葉を持った花をいくつかご紹介します。

(例)
  • 3月7日:ラッパズイセン(花言葉:尊敬)
  • 3月13日:エニシダ(花言葉:清純)
  • 3月25日:プリムラ・マラコイデス(花言葉:運命を切り開く)

ちなみに、上の写真は3月13日の誕生花であるエニシダです。

ただ、これらの誕生花は花束やアレンジメントで使われるような「切り花」で流通していないものも多くあります。そういった背景もあるので、大切な誰かにプレゼントをするなら、日ごとの誕生花にこだわらず3月の誕生花であるピンクガーベラを選ぶのもおすすめです。
3月1日~3月31日までの誕生花を知りたい方は、3月の誕生花カレンダーをご覧ください。

自分や大切な人の誕生花は何?

誕生日に花を渡すときのポイント・タイミング

誕生日パーティ

ここで豆知識として、花束の正しい持ち方、誕生日パーティーでの花束の渡し方をご紹介します。

・花束の正しい持ち方

花束の渡し方
  • 左手:花側を下からしっかり支える
  • 右手:茎側のリボンのすぐ下の部分を、上からつかむように持つ

※利き手が右手の場合

・花束を渡すタイミング

「花束を受け取った方にとって負担にならないか」に配慮しましょう。誕生日パーティーの場合は、始まってすぐ、もしくはパーティーの終盤が一般的です。

・花束の渡し方

誕生日を迎える方が花束を受け取りやすいよう、右手は花側、左手は茎側へと持ち替えてから、花を相手に渡します。

花束を渡す女性

ホテル等で行うフォーマルな誕生日パーティーの場合は、より改まった渡し方が適していることもあります。

ホテルやレストランへ直接花を届けるには?

まとめ

  • 3月の誕生日花はピンクガーベラ!
  • 色の濃淡や咲き方が豊富なピンクガーベラは、恋人・友人・家族など、どんな人のイメージにも合わせられる
  • ピンクガーベラの花言葉は「思いやり・感謝」など
  • ピンクガーベラにはさまざま品種があり、ピンクガーベラだけでも個性が表現できる
  • 花言葉が複数あるため、伝えたい意味を添えたメッセージカードをつけるのがおすすめ

今回は、3月の誕生日花であるピンクガーベラについてご紹介しました。3月生まれの方のお誕生日に、ぜひ素敵なピンクガーベラのフラワーギフトを贈りましょう。

誕生日で占う!
マインドナンバーから花ギフトを選ぶ

12時までの注文で当日お届け!

只今のお時間のご注文で
04月22日(月) にお届けいたします。
  • アレンジメント
    花束
  • 今すぐ注文する

    ※ 当日配達指定はクレジットカード決済のみご利用いただけます。