1. 花キューピット
  2. フラワーバレンタインの花 プレゼント・ギフト特集2022
  3. バレンタインで花を渡すタイミング・注文の仕方とメッセージ例

バレンタインで
花を渡すタイミング・
注文の仕方とメッセージ例

2月14日のバレンタインに花束やフラワーアレンジメントを愛する妻や彼女、パートナーにプレゼントしようと考えている方も多いのではないでしょうか。
今回は、女性が喜ぶバレンタインでの花の渡し方についてご紹介したいと思います。
加えて、お花屋さんで注文するときに疑問に思うことをQ&A形式で掲載中です。
おまけに花と一緒に渡したい、バレンタインデーにぴったりなメッセージの例文も掲載していますので、花ギフトを贈る際はメッセージカードをつけてみてくださいね。
より気持ちが伝わると思いますよ。

花はどこで買う?

普段から花を買い慣れていないという方は、花束やフラワーアレンジメントはどこで買ったらいいのかわからない、ということもありますよね。
また、花を購入する際に疑問に思うこともあるのではないでしょうか。
まずはプレゼントする花を、購入するところからご紹介していきたいと思います。

●お花屋さんで注文するときの疑問

花をプレゼントするなら、やはりお花屋さんで購入するのを初めに考えますよね。
花屋さんで花を購入する際に気になることをまとめました。
お花屋さんって少し入りづらい……花のことは詳しくないし……と考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。
お花屋さんはフレンドリーな店員さんが多く、相談しながらバレンタインの花束やフラワーアレンジメントを作ることができますよ

Q.花の種類は詳しくないのですが、それでも購入できますか?
A.もちろん、花の種類が全くわからないという方でも、花束やフラワーアレンジメントを購入することができます。
お花屋さんでは、あえて花の名前を指定して注文する必要はありません
プレゼントする相手にぴったりな花を見つけたとしたら、名前がわからなくても指をさして「この花を使った花束を作ってもらえますか」というように店員さんに声をかけてみてください。
Q.1本だけでも花は買えるんですか?
A.はい。基本的にお花屋さんで販売されている花は、1本だけでも買うことができます
お花屋さんによっては、かわいくリボンをつけてラッピングしてくれるところや、お手入れの方法などを教えてくれることもあります。
気軽に「この花を1本ください」と声をかけてみてください。
Q.花を買いたいけど、どう選んでいいのかわからないんですが、どうしたらいいですか?
A.店員さんにスタイル(花束orフラワーアレンジメント)や、色味・イメージ、何で花を贈るのか、予算を伝えて一緒に花を選んでもらいましょう
例えば「バレンタインデーにピンク色の花束を彼女にプレゼントしたいのですが、3,000円でお願いできますか」や「フラワーアレンジメントをかわいらしいイメージでお願いします。
妻にバレンタインデーのプレゼントを贈ろうと思っていて、5,000円以内で作ってもらえると嬉しいです。」というように、店員さんに声をかければ、イメージに合わせてぴったりのフラワーギフトを作ってくれると思いますよ。
また特に入れたい花の種類がある時は、 「ピンクのチューリップを入れた花束をお願いします。他の花はお任せしてもいいですか。」というように伝えればイメージにそった花ギフトを作ることができますよ。
Q.花束とフラワーアレンジメントどっちがいいのかわからないのですが、どうしたらいいですか?
A.花のスタイルである花束とフラワーアレンジメントで悩んでしまう場合は、どんなシチュエーションで花を渡すのかを店員さんに相談することがおすすめです。
相手の自宅に行ってそのままプレゼントするなら、フラワーアレンジメントを提案されることもあると思います。
一方、外出先で花をプレゼントしたいということであれば持ち運びが便利なように、あまり広がらないデザインの花束を提案してくれることもあるでしょう。
花束とフラワーアレンジメントの違いについて知りたい方は、こちらをご覧ください。
Q.花束の長さはどうしますかと聞かれたら、何を参考に考えれば良いですか?
A.たまにお花屋さんに行くと「花束の長さはどうされますか」と聞かれることがあります。
この花束の長さを聞く理由は、花束の丈の長さが花瓶の2倍くらいあるとちょうどいいサイズのため聞いていることが多いようです。
花をプレゼントする方が、よく使う花瓶の高さがわかる時は、その花瓶の2倍くらいの長さを店員さんに伝えられるといいかもしれませんね。
花瓶の大きさなどがわからない場合は、店員さんにお任せしてしまって問題ないと思います。
分からない時は、花のプロであるお花屋さんにお任せしてしまいましょう。

●通販(インターネット花キューピット)で注文するときの疑問

通販で花束やフラワーアレンジメントを注文することもできます。
お花屋さんに行く時間がない時や、近くにお花屋さんがない時に通販で花を買うことができるのは便利ですよね。
ここからは通販で花を購入する時の疑問を、インターネット花キューピットで注文すると仮定してご紹介します。
他の通販サイトで花を購入する際は、今回ご紹介した内容と異なることがありますのでご注意ください。

Q.どんなフラワーギフトを選んだらいいのかわからないのですが、どうしたらいいですか
A. 花キューピットでは、バレンタインデーにぴったりな花束やフラワーアレンジメントのおすすめランキングをご用意しています。
もしどんなフラワーギフトを選んだらいいのかわからないという時は、ランキングを参考にしてみてください。
バレンタインのランキングはこちら
Q.いつまで花を注文できますか
A. 花キューピットでは、2月14日ひる12時まで注文を受け付けています。
2月14日昼12時までの注文で、バレンタインデー当日に花束やフラワーアレンジメントをお届けすることができます。
うっかり忘れていたという方は、ぜひご利用ください。
ただし注文番号が指定されている商品は、2月13日15時までの受付となりますのでご注意ください。

どんな花が良い?

2月は、お花屋さんに並ぶ花の種類が最も多い月と言われています。
まだ寒く冬のイメージのある2月ですが、お花屋さんにはチューリップやラナンキュラス、スイートピーなど春の花がもう流通しているのです。
加えてバラやガーベラなど1年を通して人気のあるフラワーギフトの定番フラワーも、もちろんお花屋さんで購入することができます。

バレンタインに花を贈ろうと思い、お花屋さんやサイトをのぞいてみると、花の種類が多くてどの花をプレゼントしたらいいのか迷ってしまうという方も、いらっしゃると思います。
バレンタインにぴったりな花の種類~女性が喜ぶ花とは?~」では、バレンタインのプレゼントにぴったりな花の種類を花言葉と一緒にご紹介しています。
季節感がたっぷり味わえる春の花や、誰もが一度は憧れる花なども紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。
バレンタインにぴったりな花の種類~女性が喜ぶ花とは?~ はこちら

いつ渡す?

バレンタインに渡す花束やフラワーアレンジメントを用意できたら、次に考えなければならないのが、いつ花ギフトを渡すかです。
花を渡すタイミングは、バレンタインを素敵な1日に演出する中で重要なポイントです。
ここでは、花を渡すタイミングの例をいくつかご紹介しています。
まだどのタイミングで渡すか決めていないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

●デートの待ち合わせで会ってすぐ

バレンタインデー当日にデートをするという方は、デートの待ち合わせで相手がきてすぐに花をプレゼントするのはいかがでしょうか。
「さあ、これからデート」と思っている時に、花束やフラワーアレンジメントを渡されたらとびきりのサプライズになりますよね。
花を持ち歩くのは少し手間になってしまうかもしれませんが、花を持って歩くのはいつもとは違う特別な感じを演出してくれると思いますよ。
歩くたびに揺れる花が、バレンタインデーという特別な日を明るく彩ってくれること間違いなし。
待ち合わせをして、すぐに花束やフラワーアレンジメントのプレゼントがあれば、嬉しさのあまり次の目的地に行く間も何度も花に目線を送ってしまうかもしれませんね。

●ディナーやランチを食べている時

2人で食事をするという予定の方は、ディナーやランチを食べている時に、花をプレゼントするのも良いかもしれません。
ちょうどデザートを食べ終わった時に、花束やフラワーアレンジメントをプレゼントすれば、ロマンチックな演出になるに違いありません。
美味しいものを食べた後に、きれいな花をプレゼントされれば、お腹も心も幸せな気持ちで満たされそうですね。

●デートから帰る時

彼女や妻、パートナーと一緒にバレンタインデーの日に外出やデートをするという方は、別れ際に花束やフラワーアレンジメントをプレゼントしてみてはいかがですか。
もう今日のデートは終わり。
そう少し寂しくなっている時に、とびきりの花束やフラワーアレンジメントをプレゼントされれば、感動する演出になると思いますよ。
デートの最後に花を渡すことによって、花を持ち歩くことで荷物が多くなってしまうこともありません。

●自宅に届ける

バレンタインに花をプレゼントする方法は、直接渡すだけではありません。
当日2人で会うことはできないという方も、 デートをする予定という方も自宅に花を届けておくというのは、思い出に残るサプライズになるのではないでしょうか。
当日直接会うことができないことを、少し残念に思っている彼女や妻、パートナーの自宅に、愛する人の名前で突然花束やフラワーアレンジメントが届いたら忘れることのできない日になりそうですよね。
遠距離恋愛をしている方や、単身赴任をしている方にもおすすめです。
また、デートから帰ってくると自宅に花が届けてあるというのも、素敵な演出ですよね。
楽しかった1日の思い出に花をプラスすることによって、より特別な1日にすることができそうです。

どうやって花を渡す?

先にどのタイミングで花をプレゼントするのかをご紹介しましたが、 どのように花を渡すのかも掲載しておきたいと思います。

●直接手渡しで花を渡す

もちろん、直接相手に花束やフラワーアレンジメントを渡すのも素敵な演出です。
花を渡した時の目線や表情で、相手に対する愛情や感謝の気持ちがより一層伝わるような気がしますよね。

美しく彩られた花束やフラワーアレンジメントを差し出す。
そしてそれを受け取る特別な人。

花を渡している姿を想像するだけで、表情が緩んできてしまいますよね。

●店員さんから花を渡してもらう

先にご紹介したディナーやランチを食べている時に花を渡すという方は、 直接渡すのではなく店員さんから花束やフラワーアレンジメントを渡してもらうという演出もあります。
その場合事前にお店に確認を取ったり、花を先にお店に預けておいたりすることが必要になります。
店員さんから渡すという、サプライズをしたいという方は事前にいつ花を届けておくかを考えたり、どのタイミングで渡して欲しいかを店員さんに伝えておく必要があります。

花と一緒に贈るメッセージ例

ここからは、花束やフラワーアレンジメントと一緒に渡したいメッセージをご紹介します。
せっかくフラワーギフトを贈るなら、メッセージカードをつけてさらに自分の愛情や感謝の気持ちを伝えてみるのはいかがですか。
「ありがとう」や「愛している」など一言だけだったとしても、メッセージカードが付いていると嬉しいものです。
バレンタインデーの日に渡す花束やフラワーアレンジメントに、メッセージをつけたいと思っていても、何を書いたらいいのかわからないという方は、参考にしてみてください。
贈る相手の名前を書いたり、日付をかいたりするとより特別感のあるメッセージになるかもしれませんよ。
ちなみに花キューピットで、花束やフラワーアレンジメントを注文された方には30文字程度で無料でメッセージカードをおつけします。
ぜひご利用ください。

ハッピーバレンタイン!いつもありがとう。

2月14日という特別な日に一緒にいられることが嬉しいです。来年も再来年もその次もずっと一緒に過ごせますように。

いつも恥ずかしくて言えないけど、大好きだよ。

バレンタインデーのプレゼントで贈ったバラの花言葉は「あなたを愛しています」なんだって。これからもよろしくね。

花を贈るなんて柄になくて少し恥ずかしいけど、君が喜んでくれると嬉しいな。

今日は会うことができなくてごめんね。僕の代わりに花を届けたからお家に飾ってください。次の日曜日は一緒に出掛けよう。

君のことを思いながら選んだ花だよ。喜んでもらえたかな?好きな花があったら教えて。

ラナンキュラスやチューリップは春らしくておすすめですってお花屋さんが教えてくれたんだ。これからはバレンタインデーに春の花を贈るよ。

バレンタインデーに花を贈って気持ちを届けよう

今回はバレンタインデーに花を贈る際に必要な準備や、お花屋さんで疑問に思うことをご紹介しました。
バレンタインデーに花を買いたいけど、あと1歩が出ない……という方のお手伝いができれば嬉しいです。
2月14日のバレンタインデーは年に1回。
誕生日や結婚記念日とは少し違った、イベントの1つのような記念日。
改めて特別な2人の気持ちを伝えることができるバレンタインデーに、花束やフラワーアレンジメントを贈って、ぜひ想いを届けてくださいね。

バレンタインには、大切な人に
素敵な花のギフトをプレゼントしよう

バレンタインには、大切な人に素敵な花のギフトをプレゼントしよう

フラワーバレンタイン
ランキングFLOWER VALENTINE GIFT RANKING

バレンタインコラム一覧FLOWER VALENTINE COLUMN