1. 花キューピット
  2. フラワーバレンタインの花 プレゼント・ギフト特集2022
  3. バレンタインのプレゼントに最適な花の種類~女性が喜ぶ花とは?~

バレンタインの
プレゼントに
最適な花の種類
~女性が喜ぶ花とは?~

2月14日は、バレンタインデー。
バレンタインと聞くと日本では「女性から男性へチョコレートをプレゼントする日」という方もいらっしゃると思いますが、世界で見るとバレンタインデーは「男性から女性へ花をプレゼントする日」なのです。
近年、日本でも男性から女性へバレンタインデーに花をプレゼントするという、フラワーバレンタインがポピュラーになってきました。

そこで今回は、バレンタインデーに贈るおすすめの花の種類についてご紹介します。
バレンタインデーだからこそ贈ることのできる、季節の花はもちろんのこと、フラワーギフトの王道である花の種類も掲載中です。
今年のバレンタインデーには、花で愛を伝えてみませんか

バラ

フラワーギフトの王道とも言える、バラ
女性・男性からも好まれる花の1つで、性別や年代を超えて多くの人から愛されています
そんなバラは、地球上で最も美しい花とも言われ、花の女王とも呼ばれています。
花びらが美しく重なり合った姿が、高級感があり上品なバラはその花姿だけでなく、ハンドクリームや香水などでも使われるほど、人々をうっとりとさせる香りも楽しませてくれます
また、バレンタインデーにもらいたい花の種類について花キューピットが聞いたアンケートの結果では、約70%の人がバラをもらいたいと回答していました。
たくさんの花の種類がある中で、高い人気を誇るバラはもらって嬉しくない人はいないほど。
他の花と合わせて花束やフラワーアレンジメントを作ることも多いですが、存在感が抜群なので、バラだけでまとめた花束も人気があります。

●花言葉

バラ全体の花言葉は「愛・美」など。

色ごとに花言葉を見ていくと、赤バラは「情熱・愛情・美・あなたを愛しています・熱烈な恋」などで、英語(西洋)では「I love you(あなたが大好きです)・love(愛)・beauty(美)・passion(情熱)・romance(ロマンス)」などがあります。
ロマンチックな見た目の赤バラは、花言葉までロマンチックですね。
愛を伝えるバレンタインデーにぴったりです。

ピンクのバラは「感謝・しとやか・上品」などがあり英語(西洋)では、「grace(上品)・gratitude(感謝)・happiness(幸せ)」などがあります。
やわらかく美しさと、かわいらしさを併せ持つピンクのバラは、花言葉から普段なかなか言えない「ありがとう」の気持ちを伝えることができそう。
ピンクのバラは、きれい系のデザインでも、かわいい系のデザインでもよく活用されています。
バレンタインデーにプレゼントする彼女や妻、パートナーのイメージを膨らませながら、花束やフラワーアレンジメントのデザインを考えてみてくださいね。

そしてオレンジのバラは 「絆・信頼・元気・愛嬌」などの花言葉を持っています。
英語(西洋)の花言葉は「purity(純粋)・Your purity equals your loveliness(あなたの純粋さはあなたの愛らしさと釣り合っている)」などです。
温かみのあるオレンジのバラは、強い絆で結ばれた奥様や彼女、パートナーへのプレゼントにぴったり。
バレンタインデーのプレゼントは、ピンクや赤のイメージが強いですが、もちろん他の色のフラワーギフトも喜んでもらえると思いますよ。

●本数の意味

花に花言葉があることは有名ですが、贈る本数によって意味が決められていることはご存知でしょうか。
花言葉だけでなくバラを贈る本数で気持ちを届けたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 1本:一目ぼれ、あなたしかいない
  • 2本:この世界はあなたと私だけ
  • 3本:愛しています、告白
  • 4本:死ぬまで気持ちは変わりません
  • 5本:あなたに出会えて心から嬉しいです
  • 6本:お互いに愛し、分かちあっていきましょう
  • 7本:片思い
  • 8本:あなたに感謝しています
  • 9本:いつまでも一緒にいてください
  • 10本:あなたは完ぺきな人です

花束をプレゼントしようとすると、両手で抱えるほど大きな花束でないといけないと思っている方も、いらっしゃるのではないでしょうか。
確かに大きな花束はインパクトがあり特別感があるかもしれませんが、もちろんバラ1輪だけでも立派なバレンタインデーのプレゼントになります。
先にご紹介した通り、バラを贈る本数によって込められている意味は1本からあります。
たくさんの花を贈るのではなく、あえてバラを贈る本数で意味を伝えられるように1本や3本など、数本の花束やフラワーアレンジメントをプレゼントしてみてもいいかもしれませんよ。

ちなみにバラを贈る際の本数で気持ちを伝えたいという方はメッセージカードなどに、本数の意味を書いておくことをおすすめします。
バラを贈る本数にも意味が決められていますが、花言葉よりもまだそこまで知れ渡っていないため、何も言わないで渡してしまうと届けたかった想いがうまく伝わらないことがあるかもしれません。
例えば3本のバラを贈ろうとしている場合は、花束と一緒に小さなメッセージカードをつけて、「3本のバラを贈る意味は告白」とだけでも書いておくのもいいかもしれませんよ。

チューリップ

他の花には見ることができない、特徴的なつぼんだ形が印象的なチューリップ
子供から大人まで知っている花の1つで、童謡の歌詞の中にも登場するほど多くの人に親しまれている花でもあります。
カラーバリエーションが豊富で、プレゼントしたい相手の好きな色を選ぶこともできるのです。
そんなチューリップには花の色だけではなく、花びらの先がフリルのようになっているものや、花びらが多いものなど品種が多いことも特徴の1つ。
同じピンクのチューリップでも、花びらの様子や花びらの多さによって印象は異なるもの。
チューリップは花の色だけでなく、花びらの様子も相手のイメージに合わせて選ぶことができそうです。
かわいらしいチューリップは、品種によって様々な姿を楽しませてくれるのですね。

皆さまがご存知の通り、チューリップは春の花
2月14日のバレンタインデーに贈るには少し早いのではと、思う方もいらっしゃるかもしれませんが、お花屋さんには2月になると、もう春の花が並んでいます。
春らしく季節を感じることのできるチューリップは、この時期だけにしか贈ることのできない特別感があります。
また春らしい花との相性も抜群なので、チューリップ以外の春の花をまとめてスプリングフラワーギフトにするのもおすすめです。
かわいらしく、温かな印象のデザインを作ることもできますよ。

ちなみにチューリップは、特に女性から人気の高い花でもあります。
バレンタインのプレゼントに贈る花を迷っている方は、チューリップも検討してみてくださいね。

●花言葉

チューリップ全体の花言葉は「思いやり・新しい恋」などがあります。
カラーバリエーション豊富なチューリップは、色ごとにそれぞれ花言葉があります。
どんな色のチューリップを贈ったらいいのか迷ってしまうという方は、花言葉を参考に花の色を決めてみるのもいいかもしれません。

赤いチューリップは「愛の告白・真実の愛」など。
バレンタインデーにプレゼントするのに、赤いチューリップはぴったりな花言葉を持っています。
プロポーズの花といえば赤バラのイメージがありますが、バラはロマンチックすぎるという方に赤いチューリップも人気があるそうです。
バレンタインデーの花束や、フラワーアレンジメントとして選ばれることの多いピンク色のチューリップの花言葉は「愛の芽生え」などがあります。
こちらも花言葉から、特別な想いを伝えることができそうですね。
さらに紫のチューリップは「永遠の愛」などの花言葉を持っています。
紫のチューリップは、かわいらしいだけでなく大人っぽいデザインの時に選ばれることもあります。
大人の女性へチューリップをプレゼントしたいという方は、紫のチューリップも候補の1つに入れてみてください。

そして童謡にも登場する黄色のチューリップは「正直」など、オレンジ色のチューリップは「照れ屋」などがあり、グリーン(緑)のチューリップの花言葉は「美しい瞳」などを持っています。

スイートピー

ひらひらとしたフリルのようにも、蝶々のようにも見える可憐な花、スイートピー
スイートピーもチューリップと同じく、春を代表する花の1つです。
ピンクや白など、優しいパステルカラーのイメージが強いスイートピーですが、濃い紫やはっきりした色合いピンクなどの品種も、お花屋さんで見ることができます。
そのため春の優しく温かな様子を表現することもできますし、鮮やかで印象的なデザインの花束やフラワーアレンジメントをスイートピーで作ることもできます。
カラーバリエーションが豊富なこともあり、スイートピーはバレンタインデーのプレゼントだけでなく、この時期の卒業や退職祝いなどの贈り物としてもよく選ばれています。

そんなスイートピーは名前に「スイート」とついていることもあり、甘い香りを楽しませてくれる品種が多いことも特徴です。
バレンタインデーに花の香りを楽しんでもらいたいという方は、スイートピーを花束やフラワーアレンジメントに入れてみるのもいいかもしれません。
ふんわりと軽い印象の花のため、スイートピーだけを束ねた花束も人気がありますが、他の花をメインにしてボリューム感や華やかさを足したい時に、脇役としてスイートピーを使うこともあります。
他の花をメインにしてスイートピーで香りも楽しみたいという方は、脇役としてスイートピーを入れるのもおすすめです。

ちなみにスイートピーの花持ちを良くする方法としては湿気を避けることがあります。
長くスイートピーの花を楽しみたいという方は、飾る場所に注意してみてくださいね。

●花言葉

スイートピー全体の花言葉は、「門出・優しい思い出」などがあります。
西洋(英語)の花言葉は「departure(門出)・delicate pleasure(ほのかな喜び)・tender memory(優しい思い出)・blissful pleasure(至福の喜び)」などがあります。
門出という花言葉は、スイートピーが飛んでいく蝶々のように見えることから付けられたと言われています。
「優しい思い出」は、いつでも味方でいてくれる彼女や妻、パートナーに贈りたい花言葉ですよね。

ピンク色のスイートピーは「繊細・優美」など、白色のスイートピーは「ほのかな喜び」などの花言葉があり、紫のスイートピーは「永遠の喜び」などの花言葉を持っています。
どの花言葉も優しい印象で、大切な方に愛を伝えるバレンタインデーにぴったりですよね。

ガーベラ

スラッと伸びた茎に、丸い元気な印象の一輪の花をつけるガーベラ
葉が茎の途中に付いていないため、あの丸くてかわいらしい花がより印象的になります。

ガーベラは花びらがたくさんついたものや、糸のように細い花びらが特徴的な品種まで様々な種類があるため、1度見ただけではガーベラとは思えないほど様々な姿を楽しませてくれます
花姿が豊富なように、ガーベラには花びらの色もたくさんの種類があります。
淡いサーモンピンクのように柔らかな色もありますが、赤やオレンジ、黄色などビビッドなものが多い印象です。
ガーベラを見ていると元気で明るく、どこか陽気な気分になりそうですね。

ちなみに他の花に比べて、ガーベラは比較的お手頃の値段で購入することができるため、同じ予算で花をたくさんプレゼントしたいという方には、ガーベラがおすすめです。
バラと同じく、1年を通してお花屋さんで販売されているガーベラですが先にご紹介した通り、花の色が豊富なためバレンタインデーのイメージや、季節のイメージを表現することもできます。

●花言葉

ガーベラ全体の花言葉は「希望・常に前進・前向き」など。
プレゼントでもらったら、嬉しい前向きな花言葉ばかりです

ガーベラの花言葉を色ごとに見ていくと、赤のガーベラが「燃える神秘の愛・神秘」など、ピンクのガーベラが「思いやり・崇高美」などであり、白のガーベラは「希望・純潔」などで、黄色のガーベラは「親しみ・究極の愛」などの花言葉を持っています。
どの色のガーベラの花言葉も、バレンタインデーに気持ちを伝えられる言葉ばかりですよね。
ガーベラは他の花と合わせて花束やフラワーアレンジメントを作ることも人気がありますが、様々な色のガーベラだけを合わせてカラフルな花束にすることも多いです。
花の色に悩んでしまったときや、全部の花言葉を伝えたいと思った方は、カラフルなガーベラのフラワーギフトにすることもおすすめです。

フリージア

細い茎の先端に、連なるようにたくさんの花をつけるフリージア
その個性的な美しさは主役にも脇役にも、どちらでも人気の高い花の1つです。

洋風なデザインの花束やフラワーアレンジメントに使われることはもちろんですが、和風の雰囲気にも合うため、フリージアは和なデザインのフラワーギフトとしても活用されることもあります。
また1つの茎から複数の凛とした美しい花を楽しむことができるフリージアは、グリーンと呼ばれている葉ものと一緒にバランスよく組み合わせ、フリージアとグリーンだけの花束も作られていることもあります。
花束やフラワーアレンジメントをはじめとする、フラワーギフトはかわいらしくなり過ぎてしまうということがありますが、フリージアは落ち着いた美しさを演出するデザインに仕上げることもできます。
クールで大人な女性に、バレンタインデーのプレゼントとして花を贈りたいという方はフリージアもおすすめです。

冬にもフリージアは流通していますが、春の花というイメージが強く、バレンタインデーなどの季節のプレゼントに使われることも多いです。
バレンタインデーに、その季節の花を贈りたいと考えている方はフリージアを入れてもいいかもしれませんね。

そんな季節の花でもあるフリージアの魅力は、印象的な美しい花姿だけでなく、甘い香りが強いこともあります。
スイートピーと同じく香りが強いため、花の香りをバレンタインデーに楽しんでもらいたいという方は、フリージアを花束やフラワーアレンジメントに、そっと入れてみるのもおすすめです。

また黄色や白のイメージが強いフリージアですが、実は赤・ピンク・オレンジ・紫などの花色もお花屋さんで見ることができます。
バレンタインデーにプレゼントしたい彼女や妻、パートナーのイメージの色を選んでみてくださいね。

●花言葉

フリージア全体の花言葉は「親愛・あどけなさ・純潔」などがあります。
英語(西洋)でフリージアの花言葉は「trust(信頼)・innocence(無邪気)・friendship(友情)」などがあります。
彼女や妻、パートナーにフリージアをプレゼントするのも良いですが、花言葉を見ると友達にプレゼントするのもいいかもしれませんね。
バレンタインデーに友達同士で「いつもありがとう」の気持ちを込めて、フリージアの花束やフラワーアレンジメントを贈り合うのはいかがでしょうか。

色ごとにフリージアの花言葉を見ていくと、フリージアを代表する色である黄色は「無邪気」などがあります。
そして白のフリージアは「あどけなさ」など、赤のフリージアは「純潔」であり、紫のフリージアは「憧れ」などがあります。

ラナンキュラス

薄い花びらが幾層にも重なったラナンキュラスの花の様子は、主役になれる存在感があります。
ラナンキュラスのふんわりと、花が開いた様子はなんとも可憐
もちろん脇役として他の花と合わせてフラワーギフトを作ることもありますが、ラナンキュラスが主役になった花束やフラワーアレンジメントはとても多いようです。
そんなラナンキュラスは、春の魅力的な球根植物の1つ。
花束やフラワーアレンジメントとして使われる切り花だけでなく、お花屋さんでは鉢植えとして販売されていることもあります。

繊細であり豪華なラナンキュラスは特に女性から人気が高く、バレンタインデーの花束やフラワーアレンジメントによく選ばれています。
春の時期にしかお花屋さんで見ることができないため、バレンタインデーのギフトとしてラナンキュラスを使えば、特別感のある贈り物にすることができそうです。
丸く立体的に咲く、花の様子はコロコロとしていて、かわいらしくコンパクトな花束やフラワーアレンジメントにも向いています
ラナンキュラスは、茎の長さを多くとった大きな花束(高さのあるボリューム満点な花束)で使われることもありますが、コンパクトで飾りやすいサイズ感のフラワーギフトとして活用されることもあるようです。
さりげなくバレンタインデーに花束やフラワーアレンジメントをプレゼントしたいという方は、小さくまとめたラナンキュラスのギフトを贈ってみてくださいね。
小さくてもラナンキュラスが使われていることで、部屋に飾れば周りを華やかにしてくれますよ。

ちなみに大きく美しい花が印象的で、つい花に目が行きがちなラナンキュラスですが、バレンタインデーのプレゼントとしてラナンキュラスを贈る際は、葉の様子にも注目してみてください。
ラナンキュラスの葉は、いくつかに裂けているためカエルの足に似ていると言われています。
実はラナンキュラスの名前の由来は、ラテン語の「rana (カエル)」 からきているのです。

●花言葉

ラナンキュラスの花言葉は「とても魅力的・華やかな魅力」などです。
その華やかな見た目に、ぴったりな花言葉ですよね。
いつもキラキラと輝いている彼女や妻、パートナーに花言葉で気持ちを込めてプレゼントしてみてくださいね。

そしてピンク色のラナンキュラスは「飾らない美しさ」など、赤色のラナンキュラスは「あなたは魅力に満ちている」など、黄色のラナンキュラスは「優しい心遣い」などの花言葉があります。
どの色のラナンキュラスをプレゼントしたとしても、バレンタインデーにぴったりな素敵な花言葉ばかり。
先にご紹介したバラやガーベラほど有名な花ではありませんが、バレンタインデーにプレゼントするにはとてもおすすめの花の1つです。

アルストロメリア

アルストロメリアは、花色の豊富さが魅力
1色だけを使うのではなく、様々な色合いのアルストロメリアを組み合わせて、花束やフラワーアレンジメントとして使うのも人気があります。
そんなアルストロメリアには、花びらに筋状の模様が入ることが印象的。
そのためアルストロメリアは、ピンクのみなど単色の花びらはなく、1つの花で複数の色を楽しむことができます
花束やフラワーアレンジメントに、アルストロメリアを入れることで彩りが豊かになり、カラフルで華やかなデザインにすることもできます。

そして、1つの茎からたくさんの花をつけているアルストロメリアは、ボリューム満点
主に花束やフラワーアレンジメントでは、脇役として活用されることが多いですが、アルストロメリアを入れるだけで全体のボリューム感と華やかさをアップしてくれます。
先にご紹介した通り、たくさんの花を1つの茎からつけているため、コンパクトな花束やフラワーアレンジメントなら、アルストロメリアを2本加えるだけで、グッとボリュームを上げることができます。
さらに花束やフラワーアレンジメントを、明るい色合いのアルストロメリアの品種でまとめると、全体が軽やかな印象になり、春が近づく2月のバレンタインデーのプレゼントにぴったりな雰囲気にすることもできます。
もちろん、ピンクや赤などバレンタインデーらしい色合いも濃淡含めて流通しています。

●花言葉

アルストロメリア全体の花言葉は「未来への憧れ」など。
英語(西洋)のアルストロメリアの花言葉は「friendship(友情)・devotion(献身)」などがあります。
未来への憧れ」という花言葉は、これから2人に訪れる未来が輝かしいものになるような気がしますよね。

色ごとに花言葉を見ていくと、ピンクのアルストロメリアは「気配り」など、白のアルストロメリアは「凛々しさ」などがあります。
さらに赤のアルストロメリアは「幸い」など、オレンジのアルストロメリアは「友情」などの花言葉を持っています。

どんな花をバレンタインデーに贈る?

今回は、バレンタインに贈りたいぴったりな花の種類をご紹介しました。
今回ご紹介した花の種類は、特に女性から好まれることも多い花をピックアップしています。
そのためバレンタインデーにどんな花を贈ったらいいか悩んでいるという方は、ぜひ紹介した花の中から選んでみてください。
「花束やフラワーアレンジメントといえば…」と言って連想される花の種類もありますが、この季節でしか贈ることのできない花もたくさんあります。
バレンタインデーに花を贈りたいと思っている方は、お花屋さんに行ってどんな花があるかチェックしてみるのも面白いかもしれません。
ふらっと立ち寄ったお花屋さんで、大切な彼女や妻、パートナーにぴったりの花が見つかるかもしれませんよね。
お花屋さんに立ち寄る時間がなかなかとれないという方は、花キューピットのサイトをチェックしてみてください。
今回ご紹介した花の種類を使った、バレンタインデーにぴったりな花束やフラワーアレンジメントをご用意しております。

バレンタインには、大切な人に
素敵な花のギフトをプレゼントしよう

バレンタインには、大切な人に素敵な花のギフトをプレゼントしよう

フラワーバレンタイン
ランキングFLOWER VALENTINE GIFT RANKING

バレンタインコラム一覧FLOWER VALENTINE COLUMN