メニュー
“フラワーギフト通販の花キューピット
会員登録
マイページ
カート
カート
  1. 花キューピット
  2. 12月の誕生花(赤バラ)

12月の誕生花(赤バラ)

12月の誕生花は、華やかで上品な「赤バラ」です。「情熱」「愛情」「美」など、ロマンチックな花言葉を持っています。赤バラのギフトで大切な方の誕生日をお祝いしましょう。

12月の誕生花(赤バラ) 【12月の誕生花(赤バラ)】赤バラとリボンのアレンジメント

写真のお花

512085 ◇ 【最短お届日】12月1日~ ◇ アレンジメント/ワンサイド サイズ:高さ28×幅34×奥行21cm

人気の花をたっぷり使ったリッチなアレンジメント 【12月の誕生花(赤バラ)】赤バラとリボンのアレンジメント

5,500円(税込)

詳細はこちら

12月の誕生花(赤バラ)ランキング

ご注意

アレンジメント/ワンサイド → 片面見、アレンジメント/オールラウンド → 四方見 となります。 写真はイメージです。 地域・季節によって、一部花材・花器等が異なる場合がございます。 別途手数料がかかります。 配達不能な区域がありますのでご確認ください。 配達不能地域一覧 はこちら

■新型コロナウイルス感染症対策によるお届けについて

・一部の商品において、商品内容の変更をさせていただきお届けする場合がございます。ご注文いただきましたお花の色合いに合わせた花店のおすすめ商品をお届けいたします。
・一部の地域でお届け日の変更のお願いをする場合がございます。
・配達員とお届先様の接触を予防する対策として、お届け先様のご要望に応じて、玄関前等に商品を置かせていただく場合がございます。
・今後の状況によりお届けの内容に変更が発生する可能性がございます。最新の情報は、お知らせページよりご確認いただけます。
何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

誕生日の花を探す

豊富なラインナップからお選びいただけます。

誕生日フラワーギフト商品一覧へ

よくあるご質問

12月の誕生花(赤バラ)

誕生日フラワーギフト 12月の誕生花

12月の誕生花は赤バラです。ロマンチックで高級感のある赤バラは、男性・女性を問わず幅広い年代の方から愛されている花です。誰もが知っている世界的にも有名な花で、赤バラは誕生日のプレゼントはもちろん、他のお祝いなどでも選ばれることが多いフラワーギフトの王道でもあります。

赤バラの花言葉は「情熱・美・愛情」などです。「情熱」という花言葉は、一生懸命に何かに取り組んでいる方へ贈りたい花言葉であり、「愛情」は恋人、妻・夫の誕生日に改めて気持ちを伝えることができる花言葉でもあります。ちなみに花言葉は国によって異なります。そのため、英語(西洋)の赤バラの花言葉は「passion(情熱)・I love you(あなたが大好きです)・love(愛情)・beauty(美)・romance(ロマンス)」 などがあります。誕生日に赤バラを贈る際は、花言葉も一緒に伝えてもいいかもしれませんね。

バラは比較的他の花よりも日持ちします。品種やお手入れ方法、環境にもよりますが、他の花よりも長くきれいな状態を保ってくれることが多いです。プレゼントした花は、なるべく長く飾ってもらいたいもの。赤バラを贈って誕生日の方の部屋を美しく彩りましょう。

ユリや松かさと、赤バラを合わせるのはいかがでしょうか。冬らしさを演出できる松かさと、12月の誕生花である赤バラを合わせれば、冬らしさを感じさせる贈り物になります。松かさを加えることでかわいらしいデザインでありながら、色合いは落ち着いている「大人カワイイ」デザインにすることができます。また、主役になることも多いユリと赤バラを合わせれば、ゴージャスで高級感のあるプレゼントになり、目上の方への贈り物にもおすすめです。ちなみに、赤バラだけをまとめた花束も人気があります。ドラマで見る夢のような贈り物になりそう。

30文字程度のメッセージカードを無料でおつけします。注文の際に「メッセージカードをおつけしますか?」の項目で「つける」を選択し、お好きなメッセージを入力してください。絵文字・機種依存文字などの文字は使用できませんので、ご注意ください。メッセージは花と一緒にお花屋さんからお届けします。メッセージカードには、お名前は入りません。カードにお名前を入れる場合はメッセージ内にご記入ください。

メッセージにはお祝いの気持ちと、花言葉を入れてみてはいかがでしょうか。例えば「赤バラの花言葉はいつまでも美しい君にぴったりな【美】。誕生日おめでとう!」や「HappyBirthday!12月の誕生花である赤バラを贈ります★」、「夫として誕生日をお祝いできるのが嬉しいよ。赤バラの花言葉は【愛情】。これからもよろしくね」などはいかがでしょうか。他にも、相手の誕生日の日付をメッセージカードに入れるのも、特別感が演出できるかもしれませんね。

花束・アレンジメントの違いは以下の通りです。花束は1つに束ねられているため、手渡しがしやすいスタイルです。そのため出先で渡す時や直接会って花を渡す時におすすめです。花束を自宅で飾る時は、花の分量や丈を調節できるため、飾りたい場所に合わせることができます。一方アレンジメントはカゴなどの花器に活けられているため、花瓶を用意する必要がなく、アレンジメントは受け取ってそのまま飾ることが可能です。さらにお花屋さんが作ったデザインを崩すことなく、自宅でも楽しむこともできます。

バラを贈る本数で変わる意味は、以下の通りです。3本は「愛しています、告白」であり、5本は 「あなたに出会えた心からの喜び」、8本は「あなたに感謝しています」。30本は「縁を信じています」などの意味があります。特に彼女や妻、パートナーの誕生日プレゼントに赤バラを贈る際は、本数にこだわってみるのもおすすめです。もっと詳しく本数ごとの意味を知りたい方はこちら

12月限定のバースデーアレンジメントをご用意しています。街がロマンチックな色に染まる12月に生まれた大切な方に贈りたい、特別なバースデーアレンジメント。赤バラと松かさを加え、クリスマスをイメージしたレッド×ホワイト×グリーンの3色を中心にまとめました。冬らしく季節感を演出するリッチな色合いの花々が、誕生日を素敵に彩ります。かわいらしくなりすぎないため、女性だけでなく男性にも喜んでいただけるアレンジメントになっています。12月限定のバースデーアレンジメントはこちら

長持ちのポイントを4つご紹介します。1つ目に花瓶を清潔に保つことです。生ける前に花瓶はしっかり洗いましょう。2つ目は花瓶の水はこまめに取り換えること。花が吸い上げる水を清潔に保つことで、花持ちが良くなります。3つ目は水に浸かる葉は取り除くことです。水を清潔に保つために水に浸かりそうな葉は事前にカットしておくことがおすすめ。4つ目に直射日光・エアコンの風が当たる所に置かないようにしましょう。花びらから水分が逃げるため、乾燥しやすいところに置かないようにすると良いとされています。もっと知りたい方はこちら

赤バラはドライフラワーにしやすい花です。誕生日プレゼントでもらった赤バラを残しておきたいと思ったら、ドライフラワーにするのはいかがでしょうか。植物の自然の美しさを楽しませてくれる生花は、どれだけお手入れをしても最後には枯れてしまいます。それが時間の流れを感じさせることや、収納する場所がないという方には嬉しいポイントでもありますが、枯れてしまうことが寂しいと感じる方もいらっしゃるはず。そんな時はドライフラワーにして、赤バラをインテリアにすることがおすすめです。

ドライフラワーは思っているよりも簡単に作ることができます。ドライフラワーを作る中で最も簡単な方法は「ハンギング法」です。ハンギング法とは、花を下にした状態で風通しの良い日陰で吊るす方法です。簡単なのでぜひ試してみてください。ちなみに、赤バラを含め花をドライフラワーにしたい時は、できるだけ、きれいな状態の時から作り始めることがおすすめです。花瓶に飾って楽しんだ後よりも、もらってすぐにドライフラワーにした方が、仕上がりがきれいな場合が多いようです。もっと詳しく知りたい方はこちら