2022年お正月の花 プレゼント・ギフト特集は
完売しました。
2023年お正月の花 プレゼント・ギフト特集は
10月下旬を予定しております。






お正月コラム一覧

お正月ギフトを選ぶ参考にも!

お正月コラム一覧|花コラム

よくあるご質問

お正月の花

よくあるご質問 お正月の花

おすすめランキングを用意しています。お正月にふさわしい華やかで縁起の良い花を使った花束やアレンジメントを種類豊富に用意しています。種類が多くて決められないという時は、ランキングを参考にしてみてください。お正月には新年を明るく彩る、お正月限定で販売している花束やアレンジメントが特におすすめです。お正月おすすめランキングはこちら

お正月の花束やアレンジメントに選ばれることの多い花の種類を3つご紹介します。1つ目は松。松は常緑樹で1年を通して葉が青々としていることから、不老長寿の象徴とされています。2つ目は南天です。南天は名前が「難転」と同音であり「難を転ずる」に通じることから縁起が良い植物とされています。3つ目は菊です。菊は「菊を飾ると福が来る」といわれるほど縁起の良い花で、長寿を願う花としても知られています。ボールのような丸い形がかわいらしいピンポンマムが、特におすすめです。もっと縁起の良い花の種類を知りたい方はこちら

3,000円~6,999円が人気です。ご自宅用のお正月飾りとしても、新年のあいさつ・贈り物としてもおすすめな価格です。3,000円~6,999円の価格帯のフラワーギフトは、お正月にふさわしく豪華で華やかな花姿でありながら、飾りやすいサイズ感の花束やアレンジメントが多いです。お正月に飾りたい縁起のいい松やピンポンマム、南天を使ったデザインや、高級感のあるバラやユリを使ったデザインも用意しております。3,000円~6,999円のお正月花ギフトはこちら

お正月には花束・アレンジメントだけでなく、胡蝶蘭などの鉢植えを贈ることもあります。お祝いの最高峰である胡蝶蘭の鉢植えは、お正月の贈り物としても定着しています。胡蝶蘭は「幸福が飛んでくる」という縁起の良い花言葉を持っています。さらに花持ちが良く、水やりの頻度も少ないため、お正月の期間は忙しく花の世話に時間がかけられないという方にも喜ばれる花でもあります。胡蝶蘭のギフトはこちら

30文字程度のメッセージカードを無料でおつけします。注文の際に「メッセージカードをおつけしますか?」の項目で「つける」を選択し、お好きなメッセージを入力してください。絵文字・機種依存文字などの文字は使用できませんので、ご注意ください。メッセージは花と一緒にお花屋さんからお届けします。メッセージカードには、お名前は入りません。カードにお名前を入れる場合はメッセージ内にご記入ください。

お正月の花束やアレンジメントにメッセージを付けるなら、新年を祝う言葉や昨年のお礼を書くことがおすすめです。「謹んで新年のお祝いを申し上げます」や「旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございます」、「皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします」、「明けましておめでとう!今年もよろしくね」などはいかがでしょうか。また年号を入れるのもいいかもしれませんね。

花束・アレンジメントの違いは以下の通りです。花束は1つに束ねられているため、手渡しがしやすいスタイルです。そのため出先で渡す時や直接会って花を渡す時におすすめです。花束を自宅で飾る時は、花の分量や丈を調節できるため、飾りたい場所に合わせることができます。一方アレンジメントはカゴなどの花器に活けられているため、花瓶を用意する必要がなく、アレンジメントは受け取ってそのまま飾ることが可能です。さらにお花屋さんが作ったデザインを崩すことなく、自宅でも楽しむこともできます。

花キューピットでは、お正月の花の注文を2021年12月30日ひる12時まで行っています。お急ぎの注文はこちら

門松を飾ることは「年神さまをお迎えするときの目印を用意する」という意味があります。知恩院の所属寺院に住職として従事され、華道家でもある大津憲優さんに門松を飾る理由や、日本の文化についてインタビューさせていただきました。門松と日本の文化についてもっと知りたい方はこちら

門松を飾るのは年に1回のため、頻繁に飾ることがありません。そのためマナーやルールが分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。飾るタイミングやお正月に飾りたい花の種類、門松の処分方法などがわからないと不安に感じことも。「門松のルール・マナーQ&A」では門松について知りたいことを詳しくご紹介します。「門松のルール・マナーQ&A」はこちら

お正月の過ごし方について、いくつかご提案します。まずは初日の出を見るのはいかがでしょうか。その年の最初の日の出である初日の出。そんな初日の出と共に、年神様がやってくるとも考えられています。縁起の良い初日の出を見て新しい年が、充実し幸せであることを願いましょう。また花を飾り新年を彩るのもいいと思います。縁起の良い植物など、花を正月に飾ることは、年神様をおもてなしすることにもなるのだそうです。また初売りに行ってお得に欲しいものをゲットするのも良いと思います。他のお正月の過ごし方を知りたい方はこちら

2022年の干支は、寅(とら)です。

お正月に最適な、ガーデニングにも活用される鉢植えの花の種類をご紹介します。お正月のガーデニングや寄せ鉢でよく使われる葉牡丹。葉牡丹は花の牡丹に似ていることから名前が付けられた植物です。不老不死・不老長寿という意味がある牡丹に似ていて、丈夫で育てやすい葉牡丹はおすすめです。また冬に彩りを加えてくれるシクラメンも人気があります。ガーデニングで楽しめる花が少なくなる冬の時期に、シクラメンは赤やピンクなど色鮮やかな花を楽しませてくれます。もっと花の種類を知りたい方はこちら