“フラワーギフト通販の花キューピット
会員登録
カート
子どもと一緒に贈る、60代以上のお母さんへの母の日プレゼント 母の日 コラム

子どもと一緒に贈る、60代以上のお母さんへの母の日プレゼント

趣味や好みは年齢を重ねるごとに変化するもので、60代以上になると「若い頃に好きだったブランドに興味がなくなった」「甘いものが食べられなくなった」と感じる方も中にはいます。
そのため、母の日に何をプレゼントしたらよいのか分からず悩むこともあるのではないでしょうか。
そんな60代以上のお母さんに、思い出に残るプレゼントはいかがでしょうか。

子どもがまだ小さい場合は、母の日プレゼントに“孫にまつわるもの”を選ぶのもおすすめです。
大好きで大切な孫の様子や成長が分かるプレゼントは、お母さんのハートをわしづかみにすること間違いありません。
定番のカーネーションとセットにして贈れば、さらに喜んでくれるはずです。

今回は、60代以上のお母さんにおすすめの母の日ギフトをご紹介します。
小さなお子さんがいる方は、孫好きのお母さんに贈りたいプレゼントも必見です。

目次

■母の日はお母さんと娘・息子を誘ってお出掛け

母の日はお母さんと娘・息子を誘ってお出掛け

母の日に贈るギフトは、必ずしも「物」である必要はありません。
例えば、少し奮発して高級ディナーをごちそうするのもひとつの方法です。
また、子どもがいる方であれば、“3世代で過ごす時間”をギフトとしてプレゼントするのもよいといえます。
大切な子どもと孫と過ごす時間は、お母さんにとってかけがえのないギフトになります。
娘・息子と2人、もしくはお母さんと2人で出掛けることはあっても、お母さんと娘・息子と3人で出掛ける機会はほとんどないという方にとっても、よい思い出になるはずです。

お母さんと娘・息子の年齢が大きく離れている場合は、ショッピングや映画よりも美術館や水族館など、ゆっくりと過ごせる場所がおすすめです。
ドライブもよいですが、長時間のドライブは60代以上のお母さんにとって負担になる可能性もあるので、途中で休憩を挟むなどの気遣いが大切です。
食事は、普段は行かないようなところを選ぶとよいといえます。
例えば、老舗の和食店やホテルのレストランなど、お母さんの気分が高まるようなところを選びましょう。
中には予約が必要になるところもあるので、どうしても行きたい場所があるなら事前に予約を取っておくことも大切です。

お母さんと離れて暮らしている方は、娘・息子と一緒にサプライズで訪問するのもおすすめです。
お花とちょっとしたお菓子を持って会いに行き、3人でティータイムを過ごすのもお母さんにとっては最高の母の日ギフトです。
この他、3人の都合を合わせることができるなら3人で旅行を楽しむのもよいものです。
いつも一緒にいられない分、お母さんに甘えたり、逆に娘・息子と一緒にお母さんをねぎらったりして、すてきな時間を過ごしましょう。

■お花と思い出のアルバムをプレゼント

お花と思い出のアルバムをプレゼント

母の日ギフトの定番といえば、やはりお花です。
「母への愛」という花言葉を持つ真っ赤なカーネーションの他、「一家団欒」という花言葉を持つアジサイも人気があります。
枯れる心配がなく長期間楽しめるプリザーブドフラワーもよいですが、香りやお花のみずみずしさを大事にするなら生花がおすすめです。
花束の他、ボックスやカゴを使ってラッピングされたアレンジメントもあり、これらはそのまま飾ることができるので、お母さんがお花の扱いに慣れていないという場合も安心です。

お花と一緒に、3世代で出掛けた際に撮った写真をフォトアルバムや写真立てに入れてプレゼントするのもおすすめです。
お母さんにとって、子どもと孫はいくつになってもかわいいもの。
そんな2人と自身が一緒に写った写真をプレゼントすれば、きっと喜んでもらえるはずです。
母の日の度に3世代で出掛け、これを写真に撮り、母の日の思い出としてひとつのフォトアルバムを作るのもよいですね。

■孫溺愛のお母さんに贈る、母の日ギフト3選

孫溺愛のお母さんに贈る、母の日ギフト3選

小さなお子さんがいる方は、子どもたちと協力して、特別な母の日を演出しましょう。
特に初孫であれば、その成長の一歩一歩がうれしくてたまらないはず。
孫が大好きなお母さんには、成長が見て取れるギフトを贈るのがおすすめです。

●孫の成長を記録したフォトアルバム

孫溺愛のお母さんに贈る、母の日ギフト3選

子どもの成長はとても早く、「少し見ない間に大きくなっていた」ということがよくあります。
自分とお母さんが住んでいる場所が離れているなら、なおさらその成長の早さに驚くはずです。
孫の成長を見届けることができないと、寂しい思いをしてしまうかもしれません。

そういう状況にある場合におすすめなのが、フォトアルバムです。 満面の笑みや悔しそうな泣き顔、気持ちよさそうな寝顔など、さまざまな表情を収めた写真を使って作り上げることで、孫の日々の様子をお母さんに伝えることができます。

また、同じ時期の写真だけでなく、数カ月ごとの写真を使用すれば、孫の成長の過程を伝えることも可能です。
孫が大好きなお母さんにとって、フォトアルバムは一生の宝物になるといっても過言ではありません。
普段、孫と会う機会が少なければ少ないほど、このギフトは喜ばれるはずです。

●孫と一緒に書いた手紙

自分の子どもが字を書ける年齢であれば、手紙を贈るのもひとつの方法です。
“字が書けるようになる”というのは、子どもの成長において大きな一歩といえます。
手紙は、子どもの成長が実感できるアイテム。
「我が子の成長ぶりをお母さんに伝えたい」という思いが強い場合は、カーネーションなどにそっと手紙を添えてみるとよいかもしれません。
このとき、自分からお母さんへの手紙も添えるとなおよし。
普段はなかなか伝えられない感謝の気持ちを、書き留めてみましょう。

ちなみに、クレヨンやペンを使って何かを書く(描く)という行為は、子どもの成長に大きく関わってきます。
母の日ギフトを作成しながら知育効果が期待できるので、一石二鳥です。

●孫とおそろいの洋服

カーネーションのほか、洋服などのファッションアイテムを贈ろうと考えているのであれば、孫とおそろいの洋服をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
大人用・子ども用、両方のサイズを扱っているファッションブランドは数多く、上質でシンプルなものであれば互いに気軽に着用することができます。
母の日は時期的に夏が近いため、動きやすいポロシャツなどの半袖Tシャツが特におすすめです。
「お母さんを驚かせたい」という方に、ぴったりな母の日ギフトです。

このほかにも母の日ギフトには、子どもが生まれたときの身長・体重と同じサイズのメモリアルベアを贈る、母の日当日に子どもとお母さんのもとへサプライズ訪問するなどがあります。
上述した手紙であれば、孫から直接渡すと喜びも大きくなりそうです。
これらを参考に、お母さんの笑顔を思い浮かべながら、子どもと一緒に母の日ギフトを考えてみましょう。

■絶対に喜んでもらえる母の日を過ごそう

絶対に喜んでもらえる母の日を過ごそう

母の日ギフトといえば、カーネーションや紫陽花などのお花が一般的。
もちろん、これらのお花を贈るのもよいですが、合わせてお母さんに喜んでもらえるような“思い出”をプレゼントするのも素敵な演出のひとつです。
形には残らなくても、3世代で過ごす時間は立派な母の日ギフトです。
お母さんの趣味に合わないものを贈り、一度も使われないままタンスの肥やしになってしまうといった心配もないので、贈る側としても安心できる母の日ギフトといえるのではないでしょうか。

今回ご紹介したギフトは、どれも簡単に用意できるものばかり。
一年に一度の母の日をより特別なものにするためにも、60代以上のお母さんに贈る母の日ギフト選びで悩んでいる方は、ぜひ上記をご参考ください。

感謝の気持ちを込めて、母の日プレゼント特集一覧へ

母の日コラム 一覧

2019 母の日プレゼント特集

お母さんありがとう!|母の日 コラム
  • 母の日おすすめフラワーギフト|母の日 コラム母の日おすすめフラワーギフト
    お母さんに感謝の気持ちを伝える母の日。「ありがとう」の言葉とともに、何か喜んでもらえるものを。そんなときにぴったりなのがフラワーギフト。
  • 母の日ギフトを選ぶポイント|母の日 コラム母の日ギフトを選ぶポイント
    母の日に本当に喜んでもらえるものを贈りたい!と考えているなら、こんなポイントから母の日ギフトを探してみては?
  • 母の日の由来|母の日 コラム母の日の由来
    母の日はどうして5月の第2日曜日なのか、なぜカーネーションを贈るのか、その由来をご紹介します。
  • お義母さんへのプレゼント|母の日 コラムお義母さんへのプレゼント
    お義母さんにはどうする?気になる予算からNGポイントまで、母の日ギフトの注意点をチェックして気遣い上手な女性を目指す!
  • カーネーションの豆知識|母の日 コラムカーネーションの豆知識
    母の日のプレゼントの定番といえばカーネーション。実はとっても奥深く魅力的なお花なのをご存知ですか。
  • 妻へ贈る母の日ギフト|母の日 コラム妻へ贈る母の日ギフト
    日頃の感謝の気持ちを込めて母の日には妻にもプレゼントを。「妻へのギフト」のポイントをおさえて、妻が喜ぶようなギフトを贈りませんか
  • 母の日に「旅行」を|母の日 コラム母の日に「旅行」を
    心に残る思い出は、いつまでも無くならない特別なプレゼント。今度の母の日には「旅行」を贈ってみませんか?
  • カーネーションの育て方|母の日 コラムカーネーションの育て方
    “母と子で一緒に育てる”のもまた楽しみのひとつ。母の日を象徴するお花であるカーネーションの育て方や注意点などをご紹介。
  • 母の日にスイーツを|母の日 コラム母の日にスイーツを
    母の日ギフトにお花と並んで人気なのがスイーツ&グルメです。和菓子から洋菓子まで、お母さんが喜ぶスイーツ&グルメで素敵な母の日を!
  • 母の日ギフトセット|母の日 コラム母の日ギフトセット
    母の日にはお花にプラスして形に残る実用的なものを贈ることで、より一層喜んでもらえます。お花と組み合わせるおすすめギフトをご紹介。
  • 天国の亡き母へ|母の日 コラム天国の亡き母へ
    天国のお母さんへ母の日に贈るお花や、母の日のあらましについてご紹介。亡きお母さんを偲びながら、お花のギフトを選んでみましょう。
  • 母の日ギフトの選び方|母の日 コラム母の日ギフトの選び方
    年に一度の母の日だから、お母さんには絶対喜んでもらいたい…。そんなあなたに、母の日ギフトの選び方と渡し方のポイントについてご紹介します。
  • 母の日に人気のアジサイ|母の日 コラム母の日に人気のアジサイ
    最近では、紫陽花を母の日に贈る方が増えてきています。母の日の贈り物にぴったりな紫陽花の花言葉や育て方をご紹介します。
  • 息子から母親へ贈るギフト|母の日 コラム息子から母親へ贈るギフト
    恥ずかしがりな男性必見!息子から母親へ贈りたいおすすめのギフト。お花、食事、旅行…… お母さんの本音は?
  • お花を飾るメリット|母の日 コラムお花を飾るメリット
    母の日に贈りたいギフトナンバーワンのお花。お花はただ綺麗なだけじゃない!お花を部屋に飾ることで、様々な嬉しい効果が得られます。
  • カーネーションの飾り方|母の日 コラムカーネーションの飾り方
    母の日ギフトの定番であるカーネーションは、飾り方にこだわることで、より美しく。カーネーションを花瓶に飾るときの方法とポイント。
  • 60代以上のお母さんに|母の日 コラム60代以上のお母さんに
    趣味や好みは年齢を重ねるごとに変化するもの。60代以上のお母さんにおすすめの母の日ギフトをご紹介します。
  • いつまで贈る?プレゼント|母の日 コラムいつまで贈る?プレゼント
    「母の日ギフトっていつまで贈るのが正解なの?」「いつまで母の日をお祝いする?」疑問へのヒントをご紹介。
  • お母さんの本音|母の日 コラムお母さんの本音
    「何もいらない」。そんなお母さんにプレゼントしたい母の日ギフト。どう対応するのが正解?
  • 「ムーンダスト」の魅力|母の日 コラム「ムーンダスト」の魅力
    まるで青いドレスの貴婦人、世界で唯一の青いカーネーション「ムーンダスト」の魅力や名前の由来、花言葉などをご紹介。
  • ハンドメイドの贈りもの|母の日 コラムハンドメイドの贈りもの
    母の日はお花と一緒に、何か形に残るプレゼントを。手作りのぬくもりを感じられるハンドメイドのプレゼントは、思い出に残ること間違いなし!
  • 癒しのプレゼント|母の日 コラム癒しのプレゼント
    家事も仕事もバリバリ頑張るお母さんに、労りと感謝の母の日のプレゼントを!お花と一緒に、リラックスグッズや体験型ギフトはいかが?
  • 父母ペアギフト|母の日 コラム父母ペアギフト
    母の日と父の日をセットで!ペアギフトには何を選ぶ?理想のペアギフトをご紹介。
  • 母の日ギフトの飾り方|母の日 コラム母の日ギフトの飾り方
    心を込めたお花のプレゼント、飾り方にもこだわりませんか。飾り方ひとつでお花の美しさが変わる、上手な飾り方やお手入れ方法をご紹介。
  • カーネーションと相性のよいお花|母の日 コラムカーネーションと相性のよいお花
    「組み合わせるお花を自分で選びたい」「花束を手作りしたい」という方に向け、カーネーションと相性のよいお花をご紹介。