1. 花キューピット
  2. 母の日の花 プレゼント・ギフト特集20211
  3. 母の日コラム一覧
  4. 贈り物といえばフラワーギフト!フラワーギフトの種類とおすすめの理由

贈り物といえばフラワーギフト!
フラワーギフトの種類とおすすめの理由

贈り物といえばフラワーギフト!フラワーギフトの種類とおすすめの理由

お母さんに感謝の気持ちを伝える母の日。
「ありがとう」の言葉とともに、何か喜んでもらえるものを贈りたい……そんなときにぴったりなのがフラワーギフトです。

とはいえ、ひと口にフラワーギフトといってもその種類は多種多様。
どんなフラワーギフトを選べばいいのか、どんなフラワーギフトがお母さんにぴったりなのか、悩みどころですよね。

そこで今回は、数あるフラワーギフトのそれぞれの特徴やメリットをご紹介します。
母の日に喜ばれるプレゼント選びの参考にしてみてください。

用途別花選びのコツ

花を贈ると一言でいっても、そのシーンはさまざまです。
例えば母の日をはじめ、入学や出産などのお祝い、送別、お見舞いなどがあります。
シーンによって適した花の種類は異なるため、まずは花選びの基本を押さえましょう。

●母の日

お母さんに日頃の感謝の気持ちを伝える母の日には、「母への愛」という花言葉を持った赤いカーネーションがおすすめです。
カーネーションは、母の日の王道と言えますよね。
カーネーションは、花束をはじめ、アレンジメントや花鉢など、フラワーギフトの種類が豊富なので、お母さんの趣味嗜好に合ったものを選べます。
カーネーションについてお伝えしていましたが、もちろん他の花も人気があります。
アレンジメントや花束に使われる切り花では、凛とした姿が美しいユリや、ゴージャスなトルコキキョウなどもよく母の日のギフトとして、選ばれています。
花鉢なら小さな花が集まっていてかわいらしいあじさいや、香り豊かなバラも最適です。

●お祝い

入学や出産など、お祝いのシーンで花を贈るときは、鮮やかな色合いのものを選びましょう。
例えば入学祝いの花には、「門出」という花言葉を持つスイートピーや、丸いフォルムがかわいらしいガーベラがぴったりです。
開店や移転など、ビジネスシーンでのお祝いごとには胡蝶蘭が適しています。
胡蝶蘭はゴージャスな見た目で品のある花です。
さらに「幸福が舞い込む」という花言葉を持っているので、お祝いの気持ちを存分に表すことができます。

●送別

新しいスタートを応援する送別のシーンには、赤や黄、ピンク、オレンジなどフレッシュな色合いの花がおすすめです。
チューリップやガーベラなどのポップな花や、バラなどの豪華な花を選んで、新たな門出を祝うのに最適なフラワーギフトを贈りましょう。なお、送別のシーンでは大きすぎるフラワーギフトは避けるのが無難です。
なぜなら、電車やバスで通勤している場合、大きいサイズだと持ち帰りづらくなってしまうためです。
職場の荷物などを持ち帰ることも考えて、サイズを選んだり、持ち帰り用の袋を用意するようにしましょう。

●お見舞い

お見舞いには香りが強くなく、花粉が出ない花が適しています。
具体的に言えばガーベラなどがあります。
ガーベラは、黄やオレンジなどのビタミンカラーが豊富にそろっているので、沈みがちな病室の空気を鮮やかな色がパッと明るくしてくれるはずです。
お見舞いというと花束をイメージする方もいるかもしれませんが、必ずしも花瓶があるとは限りません。
そのため、すぐに飾ることのできるアレンジメントを贈ることも多いようです。
ちなみに、お見舞いの花では花鉢は、好まれません。
なぜなら、花鉢(鉢植え)は「根付く」=「寝付く」を連想させるためと、言われています。

●お悔やみ

お悔やみの際は、白い花をベースに淡い紫や青、ピンクなどの花を混ぜて供えるのが一般的です。
花の種類は輪菊やピンポンマム、ユリ、カーネーションなどを選ぶのがマナーで、バラなどのトゲがある花はあまり選ばれません。
ただし、相手の住んでいる地域や宗旨によって細かいマナーは異なるため、あらかじめ確認することをおすすめします。

母の日にフラワーギフトが喜ばれるのはなぜ?

お母さん世代には園芸を趣味としている人も多く、花は母の日にぴったりのプレゼントとなります。
園芸が趣味でなくても、美しい花を見て嫌な気持ちになる人は少ないもの。
美しく咲き誇る花は、見ている人の心を和ませ、自然と笑顔にしてくれるのですね。

お母さん世代には園芸を趣味としている人も多く、花は母の日にぴったりのプレゼントとなります。
園芸が趣味でなくても、美しい花を見て嫌な気持ちになる人は少ないもの。
美しく咲き誇る花は、見ている人の心を和ませ、自然と笑顔にしてくれるのですね。

「フラワーギフトは、ありがちじゃないかな?」と心配になるかもしれませんが、意外と花を贈られる機会は少ないもの。
ヘタに奇抜なものを贈られるよりは、「見て楽しめる花を贈ってもらった方がうれしい」というお母さんは多いようです。

また、花の量や種類でサイズや、値段を調節できるのがフラワーギフトの良いところでもあります。
メインのプレゼントにはもちろん、「ほかのプレゼントに何かもう少しプラスしたいな…」というときにも花はぴったり。
最近では、母の日の象徴であるカーネーションに限らず、季節の花やお母さんの好きな花を贈る人も多くなっています。

アレンジメントや花束、花鉢など母の日に花のギフトを選ぶときは、全体のイメージをお母さんの好きな色で統一してみたり、好きな花を入れてみたり、誕生花や花言葉で花を選んでみたり….。
こだわってお母さんが喜んでくれそうなものを選ぶことができるのも、フラワーギフトの魅力の1つです。
お母さんが喜んでくれる顔を考えながら選んだ花は、何よりのプレゼントとなるでしょう。

こんなにある!フラワーギフトの種類

●花束

母の日のみならず、誕生日や記念日などさまざまな場面で贈り物として活躍するのが花束です。
「花をプレゼントする」と聞いて1番に浮かぶのが、花束という方も多いはず。
両手で抱えるような大きなサイズの花束は、いくつになっても女性の憧れではないでしょうか。
花束は切り花を束ねたシンプルなものですが、現在も根強い人気を誇る花のプレゼントだといえます。

日本には古くから華道や生け花といった花に触れる文化があり、それに親しむ人々に対して束ねた切り花を贈る習慣があったといわれています。
花を贈るという文化は古くから日本にあったものなのですね。
また、最近ではセレモニーなどでは個性的でデザイン性の高い花束を見ることができます。
どんな花束であれ、いろいろな花瓶に活けかえたり、ドライフラワーにしたり、楽しみ方もさまざまです。

花束のメリットは、「同じ金額ならアレンジメントよりも、使う花の量を増やすことができる」という点にあります。
これは、アレンジメントで使用するカゴや吸水性スポンジなどの有料資材が花束には必要なく、花本体にお金をかけられるからです。

また、花束であればアレンジメントのように、カゴなどの花器に合わせて丈を調整する必要はありません。
そのため、花本体のサイズも大きくすることもできるのです。
普段から花を活ける趣味があるお母さんには、自身で生けることができる花束を贈るのがおすすめです。

●フラワーアレンジメント

カゴなどに吸水性スポンジを入れて、そこに花を活けたスタイルのギフトを「アレンジメント」と呼びます。
切り花を束ねたシンプルな花束とは違い、デザイン性に優れていることも大きな特徴の1つです。
それぞれの花がバランスよく配置されていて、より美しく花を見せることもできます

アレンジメントの歴史は古く、古代ギリシャやエジプトでは宗教的な意味合いのもとにフラワーアレンジメントが作られていたとされています。
人々の生活に密着するようになったのは、時代がもう少し進んだ16世紀頃のこと。
貴族に仕える庭師が、インテリアの一環としてアレンジメントフラワーを作って部屋を飾っていたのだそうです。

アレンジメントのメリットは、「受け取ってすぐに飾ることができる」という点にあります。
花束だと、花瓶がなければ飾ることができません。
しかしアレンジメントはすでに花器に入った状態なので、購入したらすぐにお部屋へ飾ることができ、そのまま置くだけでインテリアとして成立するのです。
届いたらそのまま飾れるのは、お母さんも手間いらずで便利
すぐに部屋をパッと明るく変えるアレンジメントはどんなお母さんにも喜ばれること間違いなしですね。

また、アレンジメントはお手入れが比較的簡単なことも大きな魅力です。
花束は、花瓶の水を交換するなどのお手入れをする必要があります。
しかしアレンジメントは吸水性スポンジにもともと花が活けてあるため、水を取り替えたり、花瓶を洗ったりという必要がなく、お手入れが簡単です。
花を飾る習慣がないお母さんには、手軽に飾れて長く楽しめるアレンジメントがおすすめです。

●ボックスフラワー

ボックスフラワーとは、彩り豊かにアレンジした花を箱の中に詰めたフラワーアレンジメントの一形態です。
母の日ギフトにはもちろん、誕生日や記念日のプレゼントとしても人気の高いフラワーギフトです。
箱を開けたら、花が詰まっているため、母の日にサプライズでお母さんを驚かせたいという方にぴったり。

定番かつ人気ギフトである花でも、ボックスフラワーを選べば上手にサプライズを演出することができます
「いつもありがとう」の言葉と一緒にボックスフラワーを贈ることで、箱を開けた瞬間に目に飛び込んできた色とりどりの花たちに、お母さんも笑顔になれること間違いなしです。
感謝の気持ちもきっと伝わることでしょう。

またボックスフラワーの魅力として、簡単に持ち運びができるという点があげられます。
母の日はお母さんを連れて外食などに出掛ける方もいますが、外出先で母の日ギフトを手渡すことで、荷物になってしまうこともあるかもしれません。
その点、箱に入っており、かつ重さがそれほどないボックスフラワーであれば、自宅以外でも気軽に渡すことができますよ。
もし、外出先でボックスフラワーを贈るなら、持ち運びに便利なように紙袋など袋を用意しておくなどの工夫をしてみてくださいね。
加えて、ボックスフラワーであれば花瓶に活ける必要がなく、購入したらすぐに飾ることができる点もアレンジメントと同じく魅力の一つといえます。

ボックスフラワーには、生花を使ったものとプリザーブドフラワーを使ったものがありますが、母の日にプレゼントするなら生花がおすすです。
なぜなら生花には生の花ならではの美しさやみずみずしさがあり、花ごとの香りを楽しむこともできるからです。
箱を開けた時の色や香りは、生花ならではの魅力なのです。

お母さんに初めて花を贈ろうと考えている方にも、母の日には毎年必ず花をプレゼントしているという方にも、ボックスフラワーはおすすめのフラワーギフトです。
母の日ギフト選びで迷っているのであれば、ぜひ選択肢のひとつに取り入れてみてください。

なお、生花のアレンジメントとボックスフラワーには、どちらも生花専用の吸水性スポンジが詰められています。
この吸水性スポンジは一般的なスポンジとは違い、一度乾いてしまうとそれ以上水を吸うことができません。

スポンジが乾いたままでは花が吸水できず枯れてしまうので、定期的にスポンジの乾き具合をチェックし、花の隙間から適量の水を与えることが大切です。
水が多いとスポンジからあふれ出てしまう恐れがあるので、水の量を確認しながら行いましょう。

また、花束やアレンジメント、ボックスフラワーの置き場所として適しているのは、直射日光やエアコンの風が直接当たらない場所です。
花を長持ちさせるためにも、花や吸水性スポンジが乾燥しそうな場所は避けるようにしましょう

●鉢花

ガーデニングが好きなお母さんに特におすすめなのが、土に植えられている花鉢です。
花鉢には正しく育てることで、可憐な姿を長く楽しめるというメリットがあります。
切り花のように茎をカットしていないので、定期的な水やりや施肥により美しい花を長く楽しむことができるのです。
もらったときは、まだ咲いていなかったつぼみが、自分で育てるうちに開花したら嬉しいことはもちろん、愛着のある母の日ギフトになりますよね。

また、花鉢はもともと土に植えられているので、花瓶がなくても受け取ってすぐに飾ることができます
花瓶を別に購入する必要がないのに加え、自宅で活けなおすことにあまり自信のない方でも花鉢ならきれいな花の姿を見ることができるのですね。

花鉢を育てるときの注意点は主に「それぞれの植物の特徴に合った育て方をするか」ということと「鉢を置くスペースを確保できるか」という2点があげられます。

例えば、母の日ギフトの定番であるカーネーションは、夏の暑さにそれほど強くありません。
暑さに弱いなどの花の特徴をしっかりとらえることができるかは長期間きれいに花を咲かせ続けるために重要なポイントになります。
園芸好きのお母さんは問題ないかもしれませんが、あまり植物のことを知らないお母さんにプレゼントする場合は、育て方や注意すべきポイントを渡すときに伝えてあげると親切かもしれません。
今は、簡単にスマートフォンやパソコンから植物ごとの注意すべきことや、抑えたいポイントを調べることができるので、お母さんと一緒に確認しておくことがおすすめです。

また、カーネーションなどの日光を好む植物は、花鉢を置く場所・飾る場所を確保することも大切です。
そのため、花鉢を購入するのであれば、植物が好む環境に鉢を置くスペースを確保できるかどうかを確認しておきましょう。

母の日ギフトに花鉢をセレクトすることで、ギフトを受け取る楽しみだけではなく、花を育てる楽しみもプレゼントすることができます。
園芸好きのお母さんや、長く花を楽しみたいお母さんには、花鉢をプレゼントしてみましょう。

●スワッグ

近年人気が急上昇しているのがスワッグ。
束ねた花を逆さにして壁に飾る、インテリアの一種です。
手軽なのにお洒落で、飾るだけで部屋の雰囲気が華やぐため、あまり花に慣れ親しんだことのない方にも喜ばれます。

生花をつかったフレッシュスワッグなら、風通しのよいところに飾っておけば自然とドライフラワーになります。
生花のもつ生き生きとした彩りから、上品なドライフラワーの美しさまでスワッグひとつで楽しむことができるのですね。
また、ラベンダーなどの香りが特徴的な花を使えば、視覚だけではなく嗅覚までも楽しむことができるでしょう。

お店で売っているスワッグをそのままプレゼントするのはもちろん、お花屋さんでお母さんの好きな花を集め、自作のスワッグをプレゼントしてみてもいいかもしれませんね。

●プリザーブドフラワー

ボックスフラワーなどで人気なのが、このプリザーブドフラワー。
生花の美しさが長持ちするように加工されたもので、水やりなども必要ありません。
生花よりは少し価格が高めとなりますが、花の美しさを長く楽しみたいのであればプリザーブドフラワーもおすすめです。
また、プリザーブドフラワーを使ったアクセサリーを販売しているお店もあります。
発表会や食事会などに参加する機会が多いなど、アクセサリーを付けることの多いお母さんなら、プリザーブドフラワーのアクセサリーなどを贈ってみてはどうでしょうか?
プリザーブドフラワーを使ったコサージュやヘアアクセサリーがあれば、いつもの装いがパッと華やかになるかもしれませんよ。

いかがでしたか?
ひとくくりに花のプレゼントといっても、さまざまな種類があることが伝わったのではないでしょうか。
「今年は母の日に、どんな花のプレゼントを贈ろう?」と考えるだけでもワクワクしてきますね。

離れたところに住むお母さんには花キューピットで

花キューピットでは、インターネットで簡単にフラワーギフトをご注文していただけます。
アレンジメントや花束など、ご注文いただいた花のギフトは、お花屋さんが直接お届けに伺います
※花キューピットでは【非対面での花のお渡し】ができます
お客様にご心配をおかけしないよう、対面と非対面でのお渡しをお選びいただけることとなりました。
ご希望の方は インターホンもしくはお電話にてご連絡をさせていただいた際に、場所の指定をお願いします。

インターネットで簡単に選んで注文ができるので、お母さんと離れて暮らしている人や、仕事が忙しくてなかなかお店に選びに行けない…という方にもおすすめです。
もちろん、花キューピットのご利用は母の日以外でもお受けしています。
母の日に限らず、お誕生日や記念日など、お好きなタイミングでフラワーギフトを届けることができますよ。

いつでも、どこでも、どこへでも、新鮮な花をあなたのお母さんに届けられる花キューピットのフラワーギフトで、母の日にはお母さんに「ありがとう」の気持ちを伝えましょう。

母の日コラム一覧MOTHER'S DAY COLUMN

母の日プレゼント特集 一覧 2021MOTHER'S DAY GIFTS 2021

母の日 アレンジメント・花束を探す

母の日 アレンジメント・花束を探す

母の日キャンペーン