“フラワーギフト通販の花キューピット
会員登録
カート
敬老の日のプレゼントなら花キューピット 敬老の日 コラム

温かみを感じる「敬老の日」の由来

敬老の日プレゼント・ギフト一覧

毎年9月の第3月曜日は、おじいちゃん・おばあちゃんに感謝の気持ちを伝える「敬老の日」です。
今年・2017年の敬老の日は【9月18日】です。

■敬老の日の始まりとされる「としよりの日」

敬老の日フラワーギフトの魅力

敬老の日の元となったのは、兵庫県多可郡野間谷村で行われていた「としよりの日」とされています。
としよりの日は、農作業が一段落する天候の良い時期を選んで、9月15日に定められました。
お年寄りを敬い、その知恵を借りて村を作るため、敬老会を開いていたといいます。

1947年に始まったこの行事は、兵庫県全体に広まったのち、次第に全国で行われるようになりました。
その後「としより」という表現を改めて、1963年に「老人の日」が定められます。
1966年には「敬老の日」として国民の休日に制定され、お年寄りを敬愛し長寿をお祝いする日とされました。

今ではメジャーな敬老の日ですが、とある村の「お年寄りを大切にしよう」という心がきっかけでした。
その活動が共感を生んで、だんだんと広がっていきました。敬老の日の由来には、このような温かみを感じる物語があったのです。

なお、2001年の祝日法改正により、9月15日だった敬老の日は「9月の第3月曜日」に変更されました。
敬老の日の日付が変わることに伴い、9月15日は「老人の日」と定められ、9月15日から21日までが「老人週間」となりました。
現在、敬老の日は【お年寄りを敬愛し長寿をお祝いする日】、老人の日は【老人の福祉について関心を深める日】とされています。

■鎌倉時代まで遡る敬老の日のルーツ

野間谷村では、敬老の日の由来である「としよりの日」を9月15日とするにあたり「養老の滝伝説」を参考にしたそうです。
鎌倉時代の書物に記された「養老の滝伝説」は、とある孝行息子を称える物語です。

【養老の滝伝説】
美濃の国に、酒好きな父と二人で暮らす貧しい男がおりました。
敬愛する父のため、なけなしのお金で酒を買いますが、なかなか満足に飲ませることができません。
そんなある日のこと、男は山で足を滑らせて、美酒が流れている滝を見つけました。
滝で汲んできた美酒をたっぷり飲んだ父は、初めて「これ以上飲めない」というほど満たされたのです。
この話を聞いた元正天皇は「日頃から父を大切にしていた男のために、神様が美酒を授けてくださったのだろう」と感動されました。

この滝を訪れるために、元正天皇が美濃の国へ旅立ったのが、ちょうど9月15日頃だったと言われています。
敬老の日が制定されるよりもはるか昔から、お年寄りを敬うことの大切さが語られていたのです。

■敬老の日は何歳からお祝いしても大丈夫

敬老の日の鉄板プレゼントはフラワーギフト

敬老の日には「○歳以上からお祝いの対象」といった決まり事がありません。
老人福祉法では「老人は65歳以上」と定められていますが、あくまでも基準の一つであり、ルールとは異なります。
定年退職した、孫が生まれた…など、それぞれのきっかけで敬老の日をお祝いしましょう。
敬老の日のお祝いで一番大切なのは、目上の人を尊敬する心や、健康と長寿を願う気持ちです。


敬老の日プレゼント・ギフト|敬老の日プレゼント・ギフト をもっと見る

敬老の日コラム 一覧

2017 敬老の日 プレゼント・ギフト特集

敬老の日 コラム