1. 花キューピット
  2. 新築引っ越し祝い
  3. 引っ越し祝いの「大正解」って!? ワンランク上のお花・贈り物の選び方【マナー講師監修】

引っ越し祝いの
「大正解」って!?
ワンランク上のお花・
贈り物の
選び方
【マナー講師監修】

新築・引っ越し祝いのお花やプレゼントの選び方・贈り方には、実はきめ細やかなマナーや作法があります。しかし、マナーと言っても堅苦しいものはありません。

例えば「引っ越し前後はバタバタするから、細かなお手入れが不要だけど、ぱっと空間が華やかになるフラワーアレンジメントを贈る」といったように、マナーの根源にあるのはルールではなく、“優しい心配り”です。

そこで今回は、新築・引っ越し祝いにおすすめのお花や、贈り方のポイント・注意点などについて、マナー講師の石田宙子先生に心配りをポイントに教えていただきました。

今回お話してくださった先生

石田 宙子 さん

石田 宙子 さん

京都生まれ。高校はアメリカ・ニューヨーク州にて卒業、大学は京都の女子大学にて文学部英語英文学科 異文化コミュニケーションを専攻。“茶の湯のもてなし”茶事をしながら、両側通行のマナーとお付き合いをモットーにサロンを運営。少人数制のコースを教えながら、外部講師としても秘書検定、和装接遇講座、テーブルマナー講座など活躍中。

現代なら、中古物件のリノベも新築祝いと捉えてOK!

新築・引っ越し祝いを貰う女子

――引っ越し祝いと新築祝いは、祝い方や贈るべきお祝いの品が違うのでしょうか?

ご一緒でいいと思いますよ。お祝いの大きさに差があるとすれば、新築祝いの方が一段上がりますね。最近は中古物件を買ってリノベ(リノベーション)する人も増えていますので「中古物件だけど新築祝いを贈っていいのかな…?」と戸惑うも方もいるかもしれませんが、現代ではそこまで区別する必要はないと思います。

――ちなみに、どんな関係性の場合にお祝いを贈るものなのでしょうか?

新築・引っ越し祝いを贈るかどうかの基準は、「本人から直接お知らせをいただいているかどうか」ですね。お知らせが来ていないのであれば、あえてお祝いをする必要はないと思います。

お花は新築・引っ越し祝いにベスト!その理由は?

新築引っ越し祝いに花は最適

――新築・引っ越し祝いの贈り物の定番といえばお花ですが、なぜなのでしょうか?

お花があると、空間がパッと明るくなって心がほぐれるものですよね。新しい場所に潤いを与えるという意味で、新築・引っ越し祝いにお花はぴったりだと思います。

また、切り花は数日から数週間は美しく咲いて、その後枯れてなくなります。ずっと残る品物はお相手に負担を与えてしまうことがありますが、消えものであるお花は、その時だけお祝いの気持ちを表すことができます。

――具体的にはどんなお花を選ぶと良いのでしょうか?

花束やアレンジメントなら、季節のものを選ぶといいですね。日本は季節感を大事にする文化がありますし、“その時期にしか手に入らないもの”には価値があります。もらった側にとっても、「そういえば引っ越ししたとき、あの人からひまわりいただいたわ。引っ越ししたん7月やったな〜」と、引っ越しや新築という大きな行事を思い出す手助けになってくれると思いますよ。

季節の花、ひまわり

通年のお花を選ぶのであれば、胡蝶蘭は人気ですよね。胡蝶蘭には、“運が飛んでくる”という花言葉があり、新築・引っ越し祝いにはぴったりです。ただ、一般のご家庭に胡蝶蘭となると大きなものは不釣り合いかもしれませんね。小ぶりなものを選ぶのが良いと思います。ちなみにコンパクトなサイズで飾りやすい胡蝶蘭は、ミディ胡蝶蘭やミニ胡蝶蘭などがありますよ。

新築引っ越し祝いに花を贈ろう

忙しい引っ越し直後は、アレンジメントが喜ばれる!

ピンクトルコキキョウの豪華なアレンジメント

――花束やフラワーアレンジメントなどいろいろな種類がありますが、どんなものがおすすめですか?

アレンジメントがおすすめです。引っ越しをした後って、1ヶ月くらいは何かとバタバタしたり、物が片付かなかったりしますよね。花束だと花瓶を用意したり水換えをしたりしないといけませんが、アレンジメントなら、いただいたらポンと置いてそのまま飾ることができます。お相手の負担が少なく済むので、引っ越し後の忙しい時期にはぴったりだと思いますよ。

――鉢植えのお花や観葉植物はいかがでしょう?

引っ越し祝いや新築祝いには、根を張る鉢植えのお花や観葉植物も良いですね。特に観葉植物は、好き嫌いに左右されにくく、香りや花粉もありません。

ただ、鉢植えや観葉植物を贈りたいのであれば、あらかじめ贈る相手に鉢植えや観葉植物を贈ってもいいか確認しておいた方が良いと思います。

鉢植えや観葉植物は長持ちする分、お手入れが必要になりますし、スペースも確保しないといけません。植物を育てるのに慣れていない方だった場合、いただいたものを枯らすわけにいかないので、気を遣わせてしまいます。ですから、ご本人の了承を得た上で、扱いやすい品種を選ぶのが親切だと思います。

――では、反対に避けた方がいいお花や植物はありますか?

新築・引っ越し祝いに赤色のお花はNGとされています。火や火事を連想させるので縁起が良くないんです。また、ドライフラワーや造花なども、お相手が希望している場合以外は避けた方が良いでしょう。これらは“生きているお花”ではないので、お祝い事には向いていません。最初は綺麗でもだんだんホコリが積もりますし、お部屋の気がよどむとも言われています。

新築・引っ越し祝いに選ばない方がいいお花って?

品物を贈りたいなら、何が欲しいか本人に聞くのが一番

新築・引っ越し祝いに何が欲しいか聞く女性

――品物を贈りたい場合は、どういったものを選べば良いのでしょうか?

新築・引っ越し祝いは、自分があげたいものではなく本人が欲しがっているものを選びましょう。「引っ越し祝いを渡したいんやけど、何がいい?」と、直接ご本人に聞くのが一番良いと思います。

「前にこんなの欲しいって言ってたな〜」と淡い記憶で選ぶと、他の方とバッティングしたり、ご本人がすでに買っていたりすることもあります。

前のおうちのテイストに合わせた品物を用意しても、引っ越しを機にガラリと雰囲気を変えようとしているかもしれませんよね。鉢植えのお花や観葉植物と同じように、残るものを贈りたいときはご本人に了承を得ることが大事ですね。

――お相手がご主人の会社の同僚など、本人に直接聞けない場合はどうすればいいでしょう?

そういったケースなら、定番物を選ぶのが無難ですね。タオルは昔から引っ越し祝いの定番です。お正月に新しいタオルや下着を下ろす風習と同様に、引っ越しで「初物」を使うのは縁起が良いとされているんです。たとえすぐに使わなくても取っておけますし、たくさんあっても困るものではありませんよね。

どんな趣味の人でも嫌わない、どんなテイストのおうちでも合う、真っ白なタオルがおすすめです。ほかにも、シンプルなランチョンマットや箸置きなども良いと思います。

引っ越し祝いで喜ばれる贈り物をもっと見る

現金を渡すなら、お花や定番アイテムと一緒に

新築・引っ越し祝いの現金とプレゼント

――お花や品物ではなく現金をお渡しするのもOKなのでしょうか?

大丈夫ですよ。日本には相互補助の考えのもと、「確実にお金がかかっていることに関してはお互い助け合いましょう」という文化があるんです。引っ越しに大きなお金がかかることは誰もが知っている共通認識ですよね。ですから、現金を渡すのもOKなんです。ただ、現金だけだと、ちょっと生々しい印象になってしまうかもしれませんね。

――では「現金だけ」ではなく、何か品物を一緒にお渡ししたほうが良いんですか?

そうですね。それなりにお付き合いがある方なら、そのほうが良いと思いますよ。品物を贈ることで、ちょっとした「貸し借り」を作ることができます。「こんなことをしてもらった」「だからこんなお返しをした」「じゃあ次は私が」といった感じです。お互いに貸し借りがちょっとずつあるからこそ、お付き合いが続いていくんですよね。

また、現金をお渡しするときは、直接手渡さずに袱紗(ふくさ)や小風呂敷に包んだまま、もしくは御挨拶用の扇子を広げてのせて御渡しするのが正式なマナーです。さらに丁寧にするにはそれをお盆にお乗せします。そこから転じて、現金を入れた封筒の下にタオルやお菓子の箱を敷いて一緒にお渡しすると丁寧な印象になります。

――では、現金と一緒にお花を渡すのはいかがですか?

現金と一緒にお花をお渡しするのもおすすめですよ。「ちょっと豪華なお花+大きくなりすぎない現金」は、気が利いた贈り物になると思いますよ。もし何か残るものを添えたいのであれば、邪魔にならないサイズの陶器の人形や置物なんかをつけるのも良いですね。

贈り物にまつわるコミュニケーションが、関係性をより深めてくれる

新築・引っ越し祝いのパーティー

――新築・引っ越し祝いを贈る際は、前もって連絡しておくべきでしょうか?

引っ越しする前後はバタバタしていますし、引っ越した後もしばらくは気持ちがその場所に座っていないものですよね。そういった時期の予期せぬサプライズは迷惑になりがちです。特にお花は鮮度がありますので、突然贈るべきではありません。「お花を贈ろうと思うけど、いつがいい?」とあらかじめ聞いてから贈りましょう。

――サプライズで渡したいと考える方もいると思いますが、引っ越し祝いや新築祝いの場合は連絡を入れた方がいいんですね。

贈り物というのは、「100点の品物を贈るだけで成功!」とは限らないんです。今回お話ししたように、何が欲しいか聞いたりいつ贈ればいいか確認したり、贈り物についてコミュニケーションを十分にとった上でお渡しするのも、素敵なやり方です。連絡の取り合いによってお付き合いも深まりますよね。

のし(熨斗)や予算の知識はこちらでチェック!

この記事では、新築・引っ越し祝いのマナーや贈る際のポイントなどについて石田先生に教えていただきました。

おすすめのお花や贈り方・予算・のし(熨斗)のマナーなどについてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も読んでみてくださいね♪

新築引っ越し祝いのマナーをチェック

新築引っ越し祝いにぴったりな
花ギフトを探すならこちらから

新築引越し祝い