“フラワーギフト通販の花キューピット
会員登録
カート

女性をキュン♡とさせる花束の正しい持ち方と渡し方

女性をキュン♡とさせる花束の正しい持ち方と渡し方

女性なら誰もが憧れるギフト「花束」。女性の誕生花を使った花束なら喜ぶこと間違いなしの定番ギフトです。しかし、いざ贈ろうと思っても普段あまり花束を購入しない方は「運んでいるときに傷ついてしまうのではないか」「花が散ったり枯れたりしたらどうしよう」「どうやって渡せばいいか分からない」など、悩みは尽きないのではないでしょうか。
そこで今回は、美しい花束をキープするための正しい持ち方と女性を感動させる花束の渡し方についてご紹介します。誕生日や記念日に花束を贈ろうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

花束を美しくキープするための正しい持ち方

花束を美しくキープするための正しい持ち方

花束を持つとき、花を上向きにするのか下向きにするのかで迷ったことがある方もいるはず。花束をプレゼントしたことがない男性ほど、こうした悩みに陥ってしまいがちです。

花屋さんが作った花束の美しさをキープしたいなら、花を上に向けて持つのが正解です。花束はお花だけを包んでいるわけではありません。花が水切れを起こさないよう、茎の部分にはゼリー状の保水剤や水を含ませたティッシュペーパーが巻かれています。仮に花を下向きにすると、それらに含まれた水が茎を伝い花や包装紙をぬらしてしまい、花が水切れを起こしぐったりしてしまうのです。

さらに、花を下向きに持つと人にぶつかって花や茎が折れてしまったり、花びらが散ってしまったりする恐れがあります。特に目的地まで徒歩で移動する際には人混みの中を歩くことになるため、花が傷つく可能性が高まります。こうしたことから、花束の美しさをキープしたいなら花を上に向けて持つほうがよいといえるのです。

なお、映画やドラマなどでは決まってワイルドな男性は花束を肩に担いだり、ラフに下向きで持ったりと豪快に扱います。もしも彼女がそういったシチュエーションを好ましいと感じる方であれば、このような持ち方もある意味正解といえるのかもしれません。

女性を感動させる花束の渡し方

女性を感動させる花束の渡し方

花束をプレゼントするなら相手を感動させたいと思うのが男心ではないでしょうか。せっかくきれいな花束を用意しても、渡し方が雑だと女性は大いに喜べないかもしれません。少しでも紳士的でスマートに花束を渡せるよう、花束のきちんとした渡し方をマスターしておきましょう。

・花束の渡し方 ~正式ver.~
相手に花束を渡す前に、左右の向きを変えるのが正式な渡し方です。
まず両腕で抱えるようにしつつ左手で花の部分を持ち、右手で茎の下部分を持ちます。右手で花束を少し立て、左手で茎の上部分を持ち、右手に花の部分がくるように向きを変えます。渡す際には左手を茎の下部分にズラして、相手が受け取りやすいようスペースを作ってあげましょう。相手の左腕に花束が抱えられる形になるため、花束を持った状態でも握手などの動作がしやすくなります。

・花束の渡し方 ~略式ver.~
自分が持った状態のままの向きで相手に渡すのが略式です。そのため、最初から両腕で抱えるようにしつつ右手で花の部分を持ち、左手で茎の部分を持っておきましょう。あとは正式な渡し方と同様に、渡す際に左手を下にズラし、相手が受け取りやすいようスペースをあけて差し出します。

選んだ花が相手の誕生花だとよりいっそう喜んでくれるはず。特に花が好きな女性は自分の誕生花をチェックして知っている可能性があるので、誕生花を使った花束を用意しておくことをおすすめします。誕生花は複数あるケースが大半なので、その中から相手が好きな花を選んだり、イメージに合うものを選んでみたりしましょう。「どの誕生花にすればいいか決められない」という場合には、花言葉にも注目してみてはいかがでしょうか。

誕生花のチェックや好きな花のリサーチはしっかりと

花束の正しい持ち方と、女性を感動させる渡し方についてご紹介しました。花束は人気のギフトでありつつも、まだまだ男性にとってはハードルの高いギフト。渡し方や選び方などに悩んでしまいなかなか実行できないという方は、上述したことをぜひ参考に相手が喜ぶ素敵な花束をプレゼントしてみてください。成功の秘訣は相手への思いやり。誕生花や相手の好きな花をチョイスする気遣いを忘れないことがポイントですよ。

12時までの注文で当日お届け!

お電話なら昼13時まで

0120-879-123

只今のお時間のご注文で
07月20日(金) にお届けいたします。
  • アレンジメント
    花束
  • 今すぐ注文する

    ※ 当日配達指定はクレジットカード決済のみご利用いただけます。