よくあるご質問

お供えの花贈り

偲ぶ想いに花を添えて…。|お盆・新盆特集2022

今年のお盆はいつですか

お盆は8月13日~8月16日の地域が多いです。東京都と横浜、金沢などでは7月13日~7月16日であり、沖縄県などでは旧暦の7月13日~7月15日となります。

お盆とは何ですか

お盆は故人やご先祖様の霊を家に迎えて供養する1年に1度の行事。お盆の期間はご先祖様の霊が浄土から、私たちが今住んでいる場所に帰ってくるとされています。

お盆には何をしますか

お墓や仏壇を掃除し、盆棚や盆提灯などを飾ります。ご先祖様に感謝し、お墓や仏壇をきれいに掃除したり、花や食品をお供えしたりすることが一般的です。

お盆にお供えするものは何ですか

線香・ろうそく・花・浄水・食品の5つが基本です。お供えする花の種類は故人が好きだった花や、お供えに適した白い色の花・色の入ったお供え花が選ばれることが多いです。

新盆って何ですか

新盆とは、故人が亡くなってから四十九日以降に初めて迎えるお盆のことです。地域によって呼び方が変わり、新盆は初盆と呼ばれることもあります。

新盆・初盆に供える花はどういうものが良いですか

新盆・初盆には白でまとめた花(白上がり)をお供えしましょう。お亡くなりになってから日が浅い場合は、白上がりが適しています。白上がりのお供え花>>

お供えの花はアレンジメントと花束どっちがいいですか

スペースが限られている場合は分量や花の丈を調節できる花束を、盆棚にお供えする場合はアレンジメントを贈ることが多いです。お墓には1対の花束が一般的です。

お供えの花を注文した日、当日にお届けすることはできますか

ひる12時までの注文で当日にお供えの花をお届けします。地域の風習などを考慮したお盆にふさわしいデザインです。お供えの花をお急ぎで注文したい方はこちら

いつお供えの花を贈ればいいですか

お供えの花はお盆入り前日にお届けすることが一般的。7月13日からお盆の地域と8月13日から行う地域の場合、お盆入りの前日に当たる12日にお届けすることが多いです。

今年の迎え火と送り火はいつですか

7月にお盆がある地域は迎え火が7月13日、送り火が7月16日。8月にお盆がある地域は迎え火が8月13日、送り火が8月16日になります。※地域・宗派で差があります。

今年は実家に帰らないつもりなんですが、何かした方が良いですか

お供えの花を贈るのはいかがですか。知恩院の僧侶は「花は亡くなった大切な人に、自分の本当の想いを届ける不思議な力がある」と言っています。インタビューはこちら

お盆に花を贈る時、都道府県をまたいだ移動にならないか心配なのですが

お届け先に1番近いお花屋さんがお届けするため、移動距離が短く済みます。都道府県をまたいでの移動は原則行いません。安心してご利用ください。お供えの花はこちら

法事・法要の時はどんな花を贈ったらいいですか

お盆の法事や法要には胡蝶蘭がおすすめ。胡蝶蘭はお手入れが簡単で花持ちが良く、暑さにも強いためお盆の時期に最適。サイズも豊富に展開しています。お供えの胡蝶蘭はこちら

花を贈る際に、地域の風習がわからない時はどうしたらいいですか

お花屋さんが地域の慣習に対応して作るおまかせオーダーをご用意しています。お盆に最適な、地域の風習に合わせて作るお花屋さんがデザインする花を贈る時はこちら

どんな花がよくお盆で選ばれていますか

淡く爽やかな色の花を入れたお供えが多いです。お供えは白のイメージですが、亡くなって日数が経過したお盆は差し色を加えることもよくあります。色の入ったお供え花>>

精霊棚・盆棚とは何ですか

お盆にご先祖様をお迎えするために作られる棚を精霊棚(しょうりょうだな)・盆棚といいます。精霊棚にお供えするものはこちら

精霊馬とは何ですか

精霊馬(しょうりょううま)は、お盆にご先祖様があの世とこの世を移動する際に使う乗り物です。キュウリで馬を、ナスで牛を表現することが一般的です。もっと詳しく知りたい方はこちら

お盆に飾るのほおずきの意味は何ですか

ほおずき(鬼灯)を提灯に見立ててお供えしています。ご先祖様の霊は、迎え火や提灯の灯りを頼りに帰ってくるといわれいます。

お供えにおすすめの花はありますか

菊は特によく活用されています。花持ちが良く、長くきれいな姿を観賞することができます。さらに菊の花言葉は「高貴」など。「高貴」という花言葉でご先祖様に尊敬の気持ちを表現で競うです。菊を使ったお供えはこちら

差し色によく使われる花はありますか

カーネーションやデンファレは、お供えに紫・ピンク・グリーンの差し色としてもよく活用されます。白でまとめたお供えに、淡く爽やかな色合いの花を加えたデザインもご用意しています。色の入ったお供え花>>

お墓に供える花の特徴

お墓には左右対称に作られた、一対の花束をお供えすることが一般的です。墓前用一対で作られた花束はこちら

お盆の季節に合った花は何ですか

リンドウは8月~9月が開花時期です。紫やピンク、青色などの種類がありお盆のお供えとしてよく選ばれています。和花の代表で古くから日本人に愛されてきたリンドウは、「あなたの悲しみに寄り添う・寂しい愛情」などの花言葉も持っています。リンドウを使ったお供えはこちら

花とスイーツやお茶をセットで贈りたいです

お供えの花と、どら焼きや日本茶などとセットで贈れるセットギフトをご用意しております。お供え 花とセットギフトはこちら