よくあるご質問

お供えの花贈り

偲ぶ想いに花を添えて…。|お盆・新盆特集2021

今年、2021年のお盆は8月13日(金)~8月16日(月)が多いです。実は、お盆の期間は地域によってさまざま。先にご紹介した8月13日(金)~8月16日(月)がお盆の期間の地域が多いですが他に、東京都と神奈川県の一部などでは7月13日(火)~7月16日(金)、沖縄県などでは8月20日(金)~8月22日(日)となります。紹介した期間以外でお盆を行う地域もあるので、お供えのお花や線香を贈る場合は、相手が住む地域のお盆がいつなのかを事前に調べておくことがおすすめです。

お盆は故人やご先祖様の霊を家に迎えて供養する1年に1度の行事です。お盆の期間は、ご先祖様の霊が浄土(仏様が住んでいる場所)から地上(私たちが今住んでいる場所)に帰ってくるとされています。ご先祖様や故人を1年に1度、自宅にお迎えし仏壇やお墓の掃除をしたり、ご先祖様の霊も含め家族で一緒に過ごしたりすることでご冥福をお祈りし、供養することを目的にしています。お盆の時期・供物などは地域や家庭・宗派によって違いがありますが、ご先祖様への感謝の気持ちを持って行う行事であることは変わらないようです。

お墓や仏壇を掃除し、盆棚や盆提灯などを飾ります。ご先祖様に感謝し、お墓や仏壇をきれいに掃除したり、花や食品をお供えしたりすることが一般的です。ただし、お盆の時期が地域で異なるように、宗派や地域、その家庭によってしきたりが異なる場合があります。そのためお盆の時期の過ごし方や供物、盆棚の飾り方などが全国で統一されているわけではありません。ちなみに、お盆は親戚・家族で集まることが多いようです。風習やしきたりに不安がある方は、お盆で親戚同士で集まる前に1度、お盆について聞いてみるのもいいかもしれません。

線香・ろうそく・花・浄水・食品の5つが基本です。この5つは一般的に五供と言われ、お供えの基本と言われるもの。お供えする花の種類は故人が好きだった花や、お供えに適した白い色の花が選ばれることが多いです。そして食品は私達が食べているご飯や、故人が好きだったものをお供えすることが多いと言われています。ただし地域や宗派などによってお盆のしきたりが異なるため、お供えするものに違いがあることもあります。お盆でお供えを用意する場合は、事前に確認しておくことがおすすめです。

新盆とは、故人が亡くなってから四十九日以降に初めて迎えるお盆のことです。地域によって呼び方がことなり、新盆は初盆と呼ばれることもあります。新盆は故人の親しかった方々や親戚を招き、法要を行うこともあります。新盆・初盆は通常のお盆よりも念入りに供養を行うことが多いと言われています。

新盆・初盆には白でまとめた花をお供えしましょう。お亡くなりになってから日が浅い場合は、白い花を中心にまとめたアレンジメント・花束が適しているとされています。ちなみに、この白い花を中心でまとめた供花は、白上がりと呼ばれています。白上がり(白い花でまとめた)お供えのお花をお探しの方はこちら

飾る場所や贈り先のことを考えて決めましょう。花を供える場所が仏間などスペースが限られている場合は、お供えする際に分量や花の丈を調節することができる花束を選ぶ方が親切かもしれません。一方、盆棚にお供えする場合にはアレンジメントが選ばれることもあります。アレンジメントは花器に花が活けられているので、花をお供えする際に花瓶に活けなおす必要がありません。また、お墓に花をお供えする時は1対になっている花束を花立(お花をお供えする花瓶のようなもの)に左右対称になるように花を活けることが一般的です。

ひる12時までの注文で当日にお供えのお花をお届けします。当日お届けができる商品は「お盆(新盆・初盆) お花屋さんオリジナルフラワー」です。お届け先近くのお花屋さんが心を込めて作る、オリジナルデザインのお花です。もちろんお花は、地域の風習などを考慮したお盆にふさわしいデザインお作りいたします。ひる12時までの注文で最短、注文した当日にお供えのお花をお届けすることができます。お供えのお花をお急ぎで注文したい方はこちら

お供えのお花はお盆入り前日にお届けすることが一般的です。お盆の時期は地域によって差がありますが、7月13日からお盆の地域と8月13日から行う地域の場合、お供えの花束やアレンジメントなどは、お盆入りの前日に当たる12日にお届けすることが多いです。お盆期間中はお届け先がお墓参りなどで不在になることがあるため、事前にご在宅の日程をお伺いするか、お花の受け取りができるのかなどを確認しておくと良いでしょう。お盆の準備で忙しくなる前に、連絡が取れるとより親切になると思います。

2021年の迎え火・送り火は一般的に以下の通りです。7月にお盆がある地域は迎え火が7月13日(火)、送り火が7月16日(金)です。そして8月にお盆がある地域は迎え火が8月13日(金)、送り火が8月16日(月)になります。ただし、お盆の時期に地域などで差があるように迎え火・送り火を行う日も日本で統一されているわけではありません。さらに日付だけではなく、迎え火・送り火を行う時間帯も地域によって差があるのだそう。ただし送り火・迎え火を行う時間帯はどちらも夕方に行うことが多いようです。

気持ちを込めたお供えの花を贈ってみてはいかがでしょうか。お盆であっても感染症の問題などでお墓参りや帰省が難しい現在。お盆の時期に帰省しないという方は、お供えの花をご実家に贈って、故人を偲ぶ想いや気持ちを伝えてください。知恩院僧侶 兼 華道家さんはインタビューで「お花は、今はもう会えない・話せない大切な人に、自分の本当の想いを届ける不思議な力があります。」とおしゃっています。またお供えのお花を贈ると共に、テレビ通話などでオンライン帰省をすることもおすすめです。もっと詳しくインタビューを読みたい方はこちら

花キューピットでお供えの花を注文された場合は、都道府県をまたいだ移動を原則行いません。花キューピットで花束やアレンジメントを贈る場合は、お届け先に1番近いお花屋さんがお届けします。そのため、お花をお届けするまでの移動距離が短く、都道府県をまたいでの移動は基本的にありません。お供えの花束やアレンジメントを他都道府県との往来を行わずに、お届けすることができます。安心してご利用ください。お供えのお花はこちら

お盆の法事や法要には胡蝶蘭がおすすめです。胡蝶蘭は格式高く上品な花の1つです。胡蝶蘭はお手入れが簡単で花持ちが良いため、長くきれいな花を観賞することができます。さらに胡蝶蘭は暑さにも強い花なので、お盆の時期に最適。5本立の大きなものから小さめサイズのミディ胡蝶蘭まで流通しているためサイズの幅が広く、サイズ感にも困らないことも選ばれる理由の1つです。ちなみに、胡蝶蘭にはピンク色や黄色のものもありますが、お供えで贈る場合は、白の胡蝶蘭が選ばれることが多いです。お供えの胡蝶蘭はこちら

お花屋さんが地域の慣習に対応して作るおまかせオーダーをご用意しています。お盆の風習やしきたり、お供えする花などは地域によって差があります。お供えの花を贈りたいけれど、どんな花を贈れば失礼にならないか分からないという場合は、お届け先の近くにあるお花屋さんにデザインをおまかせすることもできます。価格や花の形状(アレンジメントと花束どちらにするか)などを選べば、お届け先の地域に合わせたお盆に最適なお供えの花を贈ることができます。地域の風習に合わせて作るお花屋さんがデザインするおまかせオーダーはこちら