1. 花キューピット
  2. 花キューピットのひまわり特集2021
  3. 花コラムーひまわりー一覧
  4. 感動させたいならひまわりを贈ろう

感動させたいなら
ひまわりを贈ろう

特別な気持ちを贈ることができる花「ひまわり」を贈ろう
大切な人を感動させたいなら、夏を代表するひまわりの贈り物が最適。
家族、友人、目上の方、恋人…。
ひまわりは年齢・性別に関わらず好かれる花であり、もらって嬉しい花の1つでもあります。
ここでは、花言葉やひまわりの特徴から、ひまわりを贈るのにぴったりな人を紹介します。

ひまわりの特徴

プレゼントにおすすめなひまわり。
小学生の時に、ひまわりを種から育てたことがある方も多いのではないでしょうか。
そんな親しみのあるひまわりですが、ここでは改めてひまわりの特徴についてご紹介しようと思います。

●花の特徴

花の特徴 | ひまわりの特徴

ひまわりは夏になると黄色い大きな花を咲かせ、中には直径20cmを超えるような花を咲かせます。
大きく華やかな花の1つですね。
さらに、成長する高さは小さいものは30cm、大きなものになると3m以上にも成長すると言われています。
子どもの頃に見たひまわりは、「自分の身長よりもひまわりの方が高かった」という思い出を持っている方も多いと思います。
また、ひまわりの花は遠目で見ると一つのお花に見えますが、実は複数の花が集まっているお花です。
ひまわりの黄色い花びらに見える部分は、一枚ずつそれぞれが一つの花(舌状花)なのです。
そして真ん中の黒っぽい部分もよく見ると一つ一つが筒状の花(管状花)で、こちらにおしべとめしべの両方を持っています。
1輪の花だと思っていたひまわりは、小さなお花が集まったものだったのですね。

●ひまわりという名前の由来

ひまわりという名前の由来 | ひまわりの特徴

ひまわりを漢字で書くと「向日葵」と書きます。
ご存知の方も多いかと思いますが、これはひまわりが太陽のある方向を向いて咲く姿から名前が付いたとされています。
ひまわり畑など、たくさんのひまわりが咲いている場所では、ひまわりが同じよう向きで並んでいることが多いですよね。
それは、それは、たくさん咲いているひまわりそれぞれが太陽の方向を向いているからなんです。
ちなみに、ひまわりのように太陽の方向を向いて咲くお花もあるんですよ。
どんな花かというと、ひまわりを漢字で書くとヒントが隠されています。
「日を向く葵」と書くひまわり。
そう、ひまわりの漢字にあるように葵(あおい)科のお花は、太陽の方を向く習性があるのです。
葵科の花を見かけた時は、太陽の方向を向いているかチェックしてみてくださいね。
また、ひまわりの花はいつまでも太陽を追いかけているように思いますよね。
しかし、ひまわりが太陽の方向を向くのは花が咲く前までで、花が咲いてしまうと太陽の方へ向きを変えることはないそう。
ひまわりの名前の由来は、ひまわりが成長する過程で太陽に向かっていく習性があることからつけられた「向日」に「太陽に向かって成長する植物」の「葵」がつき、「向日葵」と書いて「ひまわり」と呼ばれるようになったのだそうです。

ひまわりの持つ花言葉で感動をプレゼント

ひまわりの持つ花言葉で感動をプレゼント

実は素敵な花言葉をひまわりはたくさん持っています。
贈りたいと思う人ごとに、ひまわりの花言葉をご紹介します。
お祝いなどでプレゼントを考えている方は、参考にしてみてくださいね。

●愛する人へ「あなただけを見つめる」

この花言葉はひまわりが、太陽の方に向かって咲く様子から生まれたとされています。
夏の太陽に向かって花を向けるひまわりが、想像できますよね。
この「あなただけを見つめる」というひまわりの花言葉は、恋人へのプロポーズの際に贈るお花にぴったり
もちろん、結婚記念日やパートナーのお誕生日プレゼントにもおすすめです。
このひまわりの花言葉を知った恋人やパートナーは、きっとあなたの一途な気持ちや愛情がしっかり伝わることでしょう

●何かを頑張っている人へ「情熱」

この花言葉は厳しい夏の暑さに負けずに、ひまわりが元気に咲きほこる様子に由来しているのだそう。
「情熱」という言葉は「物事に対して激しく燃え上がる感情」を表しています。
部活やお仕事など、一生懸命に何かを頑張っている人に贈りたい花言葉です
情熱をもって何かに取り組んでいる様子は、キラキラ輝いて見えることもありますよね。
それはまるで夏の日差しに照らされるひまわりのよう。
花言葉の「情熱」と一緒に、輝くひまわりのビタミンカラーも頑張って取り組んでいる姿を応援してくれそうです。
頑張っていることに気づいてもらえた時は、誰だって嬉しいもの。
ひまわりの「情熱」という花言葉で「あなたが頑張っていることは、知っているよ」と伝えるのも良いかもしれませんね。

●尊敬する両親や先輩へ「あこがれ」

ひまわりの丸く咲いた花姿は、まるで太陽の形を模したよう。
その花姿と太陽に向かって咲く様子からひまわりは、太陽に憧れを持つ花だと考えられるようになったのだそうです。
「あこがれ」という花言葉は、そんなひまわりの様子から付けられたと言われています。
職場・学校の先輩や両親など自分が憧れている人に渡すことはもちろん、目上の方への感謝を伝える時にもおすすめです。
自分が相手を尊敬していることや、憧れていることはなかなか伝える機会がないものではありませんか。
お誕生日などに「あこがれ」という花言葉を持ったひまわりへ気持ちを託して贈れば、相手への強い想いを改めて伝えることができるかもしれませんね
両親に贈る場合は、結婚記念日などにプレゼントするのも良いと思いますよ。

●誕生日を迎える人へ「光輝」

この花言葉は黄色いひまわりの花が太陽に照らされ、輝いて見える様子から付けられたとされています。
ひまわりと聞くと、夏の日差しを浴びているイメージがありますよね。
この「光輝」という花言葉を込めてひまわりを贈ることは、特にお誕生日プレゼントにすることが人気です。
「光り輝くような1年になるように」とメッセージを伝えることができますよね。
また、7月の誕生花はひまわりです。
そのため、特に7月生まれの人へのお誕生日プレゼントは、ひまわりがぴったり。
「新たな場所でも輝いていて欲しい」という気持ちや「輝くような素敵なことがありますように」と願いを込めることもできそう。
門出を迎える人にも光輝という花言葉を持ったひまわりは、喜ばれそうですね。

芸術が好きな人へ、画家に愛されたひまわりを贈る

芸術が好きな人へ、画家に愛されたひまわりを贈る

モネやゴーギャン、ゴッホ…19世紀を代表する画家たちですが、彼らはひまわりを描いた作品を多く残しています。
どの作品も世界中の多くの人を魅了していますよね。
美術や芸術が好きな方へ作品の主役であるひまわりのフラワーギフトをプレゼントすれば、喜んでくれること間違いなしです。
ひまわりと他のお花を合わせたフラワーギフトも人気ですが、モネ・ゴーギャン・ゴッホの「ひまわり」という絵画で描かれているような、ひまわりだけを束ねた花束も素敵ですよね。
たくさんのひまわりを1つの花瓶に活ければ、ボリューム感もあり特別な贈り物になりそうです。
ちなみに、これらの画家たちは、日本の美術品から大きな影響を受けたといわれています。
浮世絵の独特な構図と鮮やかな色合いは、ヨーロッパの画家たちに衝撃を与えました。
いわゆる、ジャポニズムです。
実はゴッホが描いた「ひまわり」もジャポニズムの中で生まれました。
ゴッホは浮世絵の鮮やかな色彩や、影を描かない手法から日本を「光のあふれる国」と想像し、その色彩を追い求め34歳の時に日ざしの強い南フランスのアルルに引っ越したのだそう。
そして、日本の色彩を追いかけるため引っ越したアルルの強い日ざしに触発され、ゴッホが描いた作品が「ひまわり」だといわれています。
遠い土地で、日本の影響を受けて描かれていたと思うとなんだか嬉しくなりますね。

父の日にひまわりが選ばれる理由

父の日にひまわりが選ばれる理由

毎年6月の第三日曜日に定められている父の日。
お父さんに感謝する日として知られています。
そんな父の日には、ひまわりのプレゼントをすることがポピュラーですよね。
では、どうして父の日にひまわりを贈るようになったのでしょうか。
ここでは、父の日にひまわりが、選ばれる理由をご紹介します。

●ひまわりの色

ひまわりの色はキラキラと輝く太陽のような、黄色。
見ているだけで元気にさせてくれそうな色である黄色は、イギリスでは古くから「身を守る色」「魔よけの色」として親しまれていました。
またアメリカへ伝わると「愛する人の無事を願う色」という風に変化していきました。
戦争中は無事に帰ってきて欲しいという願いを黄色い色に托したことから、世界中に広がっていったのだそうです。
お仕事を家族のために頑張ってくれるお父さんに、黄色いひまわりを贈れば笑顔になってくれそうですよね。

●ひまわりの持つ親しみやすさと、イメージ

豪華で特別な印象のバラやユリなどのお花よりも、子供のころから馴染みのあるひまわりは、照れずに渡すことができるお花の1つなのです。
恥ずかしさを感じにくいひまわりで、素直な気持ちを改めてお父さんに伝えられるかもしれませんよ。
また青い空と広い海、輝く太陽が似合うひまわりは元気で明るいイメージがありますよね。
いつも元気で陽気なお父さんへ似合う贈り物でもあり、いつまでもお父さんには元気でいて欲しいという気持ちを込めることもできるお花なのです。

おじいちゃん・おばあちゃんやお孫さんにもおすすめ

おじいちゃん・おばあちゃんやお孫さんにもおすすめ

ひまわりは太陽に向かって伸びていく様子から、健康や長寿を連想させる花でもあります。
おじいちゃん・おばあちゃんのお誕生日のお祝いで悩んだ時は、長寿とこれからも健康でいられるようにという願いを込めて、ひまわりで決まりですね。
そしてお孫さんや小さなお子さんの健やかな成長を願って、贈ることもひまわりはおすすめです。
ひまわりがぐんぐん生長していく様子と、これからどんどん成長して背が伸びていく様子が重なりそうですよね。

お祝いに最適!季節の花、ひまわりを贈ろう

ひまわりといえば「夏」というイメージが強いですよね。
そのため夏らしいプレゼントを探している方には、ひまわりがプレゼントにぴったりなのです。
大きく存在感のあるひまわりをプレゼントして、特別な日を華やかに彩ってくださいね。

ひまわり特集
おすすめランキングSUNFLOWER RANKING

花コラム一覧FLOWER COLUMN