“フラワーギフト通販の花キューピット
会員登録
カート
実は奥が深い!?カーネーションのさまざまな豆知識 母の日 コラム

実は奥が深い!?カーネーションのさまざまな豆知識

母の日に贈るフラワーギフトの定番となっているカーネーション。
赤色のカーネーションが定番色となってはいるものの、ピンクやオレンジなど、他の色のカーネーションのギフトも素敵ですね。
どれも美しい色をしていることから、色とりどりのカーネーションを母の日の花ギフトとして贈る方も多いはず。
ここでは、そんなカーネーションにまつわる様々な豆知識をご紹介します。

目次

■カーネーションってこんな花

■カーネーションってこんな花

カーネーションには、ほかの花と同じく深い歴史があり、さまざまな色や形があります。

カーネーションはナデシコ科の花で、毎年花を咲かせる多年草の植物。
原産地は地中海沿岸の地域とされており、現在広く流通しているのは、多くの近縁種を掛け合わせて作られた交配種となっています。
カーネーションという名前の語源には諸説あり、なかでも次の2つの説が有名です。
1つは、ラテン語の「カルニス(肉色)」に由来するという説。
もう1つはイギリスで冠を飾る際に使われた花であることから、「コロケーション(戴冠式)」に由来するという説です。

カーネーションは古い歴史を持つ花で、古代ギリシャ時代にはすでに人々の手によって栽培されていました。
改良が始まったのは16世紀頃のイギリスで、最初は白や赤などの品種から作られはじめたとされています。
つまり母の日の花として馴染み深い赤いカーネーションも、もとは野生種になかった品種だったのです。
17世紀頃にはさらにさまざまな色の品種が開発され、形も大輪のものから八重咲のものまでが作られるようになりました。
その後フランス、アメリカと改良の舞台は移り変わり、現在流通している品種に近いものが次々と作られていったのです。

ちなみに、カーネーションが日本に入ってきたのは江戸時代初期頃だとされ、当時の貿易相手国であったオランダから持ち込まれたと考えられています。
カーネーションの品種改良は、現在でもヨーロッパを中心にして盛んに行われています。
特に、一茎に複数の花を咲かせる“地中海品種”と呼ばれる品種が人気を集めているようです。

■色によって変わるカーネーションの花言葉

■色によって変わるカーネーションの花言葉

母の日のプレゼントとして人気のカーネーションには、8種類の色と約3,000以上の種類があります。
有名なものは赤や白、ピンクなど。それ以外では濃いシックな赤や黄、紫やオレンジや緑といった色があります。
色が違えば、そこに込められた花言葉やメッセージも変わるので、覚えておくと便利です。

●赤色のカーネーション

母の日の定番といえば、赤色のカーネーション。
赤色のカーネーションの花言葉には、「母への愛」や「熱烈な愛」、「愛を信じる」というものがあります。
母の日にぴったりの意味が含まれていますね。
花ギフトとして贈るカーネーションの色にこだわりを持っていない方であれば、赤色を選んでおけば間違いはないでしょう。

●濃い赤色のカーネーション

一口で「赤色のカーネーション」とはいっても、その中には黒色や茶色に近い濃い赤色のカーネーションもあります。
そんな濃い赤色のカーネーションの花言葉には、「欲望」や「心の哀しみ」というものがあります。
花言葉だけを考えるとネガティブにとられてしまう場合もあるため、選ぶ際には注意しましょう。

●白色のカーネーション

カーネーションには、白色もよく見かけます。
清楚なイメージのある白色のカーネーションには、「純潔の愛」や「尊敬」、「あなたへの愛情は生きている」といった花言葉があります。
愛や尊敬のあるポジティブな意味が含まれている一方で、白色のカーネーションは「亡き母を偲ぶ花」ともいわれています。
そのため、お母さんがご存命の場合は避けた方がいいでしょう。

●ピンク色のカーネーション

母の日に贈る花ギフトの定番といえば赤色のカーネーションではあるものの、ピンク色のカーネーションを贈る方もたくさんいます。
そんなピンク色のカーネーションには、「温かい心」や「感謝」、「気品・上品」や「美しい仕草」といった花言葉があります。
こちらも赤色のカーネーションと同様、母の日にぴったりの意味が含まれていますね。

●紫色のカーネーション

近年、紫のカーネーションもよく見かけるようになりました。
そんな紫色のカーネーションの花言葉には、「気品」や「誇り」というものがあります。
母の日にぴったりの色ともいえるでしょう。

●オレンジ色のカーネーション

オレンジのカーネーションには、「純粋な愛」や「清らかな慕情」、「あなたを愛します」という花言葉があります。
愛に満ち溢れた意味が含まれているため、母の日の花ギフトとして選んでも問題はありませんが、どちらかというと恋人に贈る方が適しているかもしれませんね。

●青色のカーネーション

珍しい色ともいえる青色のカーネーション。
サントリーフラワーズが初めて開発に成功した、青色の色素を持つ「ムーンダスト」という品種のカーネーションがこれにあたります。
そんな青色のカーネーションには、「永遠の幸福」という花言葉がつけられています。
プレゼントされるだけで、なんだか幸せな気分になりますね。

●黄色のカーネーション

「お母さんの好きな色は黄色だから……」と黄色のカーネーションを母の日の花ギフトに選ぶ方も少なくありません。
そんな黄色のカーネーションには、「」や「友情」という花言葉があります。
こうしたポジティブな意味が含まれている一方で、「軽蔑」や「嫉妬」、「愛の揺らぎ」といった花言葉も含まれていることから、贈る際には注意が必要となります。

■品種によって、色や形はさまざま

品種によって、色や形はさまざま

カーネーションの品種には、一茎に1輪の花を咲かせる“スタンダードカーネーション”、1茎から枝分かれをして複数の花が咲く“スプレーカーネーション”、鉢植えタイプの“ポットカーネーション”の3種類があります。
品種ごとに花の形や色、茎の形状が変わってくるのが特徴です。

例えば「ベルマウス」という品種は、シックな濃い赤色が特徴のカーネーション。
これよりもさらに色が濃い“ブラックベルマウス”という品種もあります。

「サラ」と呼ばれる品種は、優しいピンク色の花びらがフリルのようになっている可愛らしい品種。
母の日の贈り物としてよく選ばれている品種でもあります。

「メレ」は美しい黄色い花を咲かせる、ポットカーネーションのなかでも人気の一品です。
形よくまとまった草姿をしており、鮮やかな黄色い花と相まって非常に見ごたえのある品種です。

■カーネーションの本数に意味はあるの?

カーネーションの本数に意味はあるの?

例えばバラのお花であれば、贈る本数によって意味が変わることが知られています。
1本のバラであれば「一目惚れ」、3本のバラであれば「愛しています」、6本のバラであれば「あなたに夢中です」などです。

しかしこれはバラ特有の文化で、カーネーションは本数を変えたからといって特に意味が変わることはありません。
つまり、お母さんへの感謝の気持ちを込めて、自分なりの本数で贈ればよいのです。
何本かまとまった花束もきれいですが、1本だけのカーネーションも凛としていて可憐です。

また、お母さんの年齢の数だけ色とりどりのカーネーションを集めたり、お母さんの好きな数字と同じ数のカーネーションで花束を作ったり。
自身や兄弟に子どもがいるのであれば子・孫の人数分のカーネーションでアレンジしたりすることもできます。
お母さんが特に好きなお花があれば、そのお花とカーネーションを一緒に贈ってもいいかもしれません。

大切なのは、自分なりの気持ちでプレゼントを用意するということ。
どんな気持ちを伝えたいのかを考えながら、母の日の贈り物を選びましょう。

●迷ったら、12本の花束で贈るのもおすすめ

迷ったら、12本の花束で贈るのもおすすめ

イマイチ決めきれないという方は、12本のカーネーションを贈ってみるのがおすすめです。

12本の花束のことを、「ダズンフラワー」といいます。
ダズンはダースと同じく、12を意味する言葉。
この本数で花束を作るととても華やかなので、母の日に感謝を伝える贈り物としておすすめです。
定番の赤のカーネーションだけでなく、オレンジやピンクのカーネーションを混ぜてみてもメリハリがあってきれいになります。

このダズンフラワーは、もともとは「ダズンローズ」として結婚式の演出に使われていたものです。
挙式や披露宴にて、新郎は12本のバラの花束を用意します。
挙式であれば、例えば参列者から1本1本バラをもらい、それを花束にするという演出があります。
それを新婦へ贈り、新婦はその返事として花束からバラを1本抜き取り、新郎の胸元に挿します。

これはプロポーズを再現した演出で、昔のヨーロッパでは、野に咲くお花を12本集めて愛する女性へ贈るという風習があったそうです。
YESの場合はお花を1本選んで男性の胸元、ボタンホールに挿すわけですが、これが新郎の左胸に挿すコサージュ「ブートニア」の起源になっています。

ダズンローズは男性から女性へ贈る際の文化ですが、ダズンフラワーはもっと広い意味で使われることも多いです。
感謝や愛情、尊敬の気持ちなどを伝えることができるため、メッセージカードや手紙などを添えて、母の日の贈り物としてプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

感謝の気持ちを込めて、母の日プレゼント特集一覧へ

母の日コラム 一覧

2019 母の日プレゼント特集

お母さんありがとう!|母の日 コラム
  • 母の日おすすめフラワーギフト|母の日 コラム母の日おすすめフラワーギフト
    お母さんに感謝の気持ちを伝える母の日。「ありがとう」の言葉とともに、何か喜んでもらえるものを。そんなときにぴったりなのがフラワーギフト。
  • 母の日ギフトを選ぶポイント|母の日 コラム母の日ギフトを選ぶポイント
    母の日に本当に喜んでもらえるものを贈りたい!と考えているなら、こんなポイントから母の日ギフトを探してみては?
  • 母の日の由来|母の日 コラム母の日の由来
    母の日はどうして5月の第2日曜日なのか、なぜカーネーションを贈るのか、その由来をご紹介します。
  • お義母さんへのプレゼント|母の日 コラムお義母さんへのプレゼント
    お義母さんにはどうする?気になる予算からNGポイントまで、母の日ギフトの注意点をチェックして気遣い上手な女性を目指す!
  • カーネーションの豆知識|母の日 コラムカーネーションの豆知識
    母の日のプレゼントの定番といえばカーネーション。実はとっても奥深く魅力的なお花なのをご存知ですか。
  • 妻へ贈る母の日ギフト|母の日 コラム妻へ贈る母の日ギフト
    日頃の感謝の気持ちを込めて母の日には妻にもプレゼントを。「妻へのギフト」のポイントをおさえて、妻が喜ぶようなギフトを贈りませんか
  • 母の日に「旅行」を|母の日 コラム母の日に「旅行」を
    心に残る思い出は、いつまでも無くならない特別なプレゼント。今度の母の日には「旅行」を贈ってみませんか?
  • カーネーションの育て方|母の日 コラムカーネーションの育て方
    “母と子で一緒に育てる”のもまた楽しみのひとつ。母の日を象徴するお花であるカーネーションの育て方や注意点などをご紹介。
  • 母の日にスイーツを|母の日 コラム母の日にスイーツを
    母の日ギフトにお花と並んで人気なのがスイーツ&グルメです。和菓子から洋菓子まで、お母さんが喜ぶスイーツ&グルメで素敵な母の日を!
  • 母の日ギフトセット|母の日 コラム母の日ギフトセット
    母の日にはお花にプラスして形に残る実用的なものを贈ることで、より一層喜んでもらえます。お花と組み合わせるおすすめギフトをご紹介。
  • 天国の亡き母へ|母の日 コラム天国の亡き母へ
    天国のお母さんへ母の日に贈るお花や、母の日のあらましについてご紹介。亡きお母さんを偲びながら、お花のギフトを選んでみましょう。
  • 母の日ギフトの選び方|母の日 コラム母の日ギフトの選び方
    年に一度の母の日だから、お母さんには絶対喜んでもらいたい…。そんなあなたに、母の日ギフトの選び方と渡し方のポイントについてご紹介します。
  • 母の日に人気のアジサイ|母の日 コラム母の日に人気のアジサイ
    最近では、紫陽花を母の日に贈る方が増えてきています。母の日の贈り物にぴったりな紫陽花の花言葉や育て方をご紹介します。
  • 息子から母親へ贈るギフト|母の日 コラム息子から母親へ贈るギフト
    恥ずかしがりな男性必見!息子から母親へ贈りたいおすすめのギフト。お花、食事、旅行…… お母さんの本音は?
  • お花を飾るメリット|母の日 コラムお花を飾るメリット
    母の日に贈りたいギフトナンバーワンのお花。お花はただ綺麗なだけじゃない!お花を部屋に飾ることで、様々な嬉しい効果が得られます。
  • カーネーションの飾り方|母の日 コラムカーネーションの飾り方
    母の日ギフトの定番であるカーネーションは、飾り方にこだわることで、より美しく。カーネーションを花瓶に飾るときの方法とポイント。
  • 60代以上のお母さんに|母の日 コラム60代以上のお母さんに
    趣味や好みは年齢を重ねるごとに変化するもの。60代以上のお母さんにおすすめの母の日ギフトをご紹介します。
  • いつまで贈る?プレゼント|母の日 コラムいつまで贈る?プレゼント
    「母の日ギフトっていつまで贈るのが正解なの?」「いつまで母の日をお祝いする?」疑問へのヒントをご紹介。
  • お母さんの本音|母の日 コラムお母さんの本音
    「何もいらない」。そんなお母さんにプレゼントしたい母の日ギフト。どう対応するのが正解?
  • 「ムーンダスト」の魅力|母の日 コラム「ムーンダスト」の魅力
    まるで青いドレスの貴婦人、世界で唯一の青いカーネーション「ムーンダスト」の魅力や名前の由来、花言葉などをご紹介。
  • ハンドメイドの贈りもの|母の日 コラムハンドメイドの贈りもの
    母の日はお花と一緒に、何か形に残るプレゼントを。手作りのぬくもりを感じられるハンドメイドのプレゼントは、思い出に残ること間違いなし!
  • 癒しのプレゼント|母の日 コラム癒しのプレゼント
    家事も仕事もバリバリ頑張るお母さんに、労りと感謝の母の日のプレゼントを!お花と一緒に、リラックスグッズや体験型ギフトはいかが?
  • 父母ペアギフト|母の日 コラム父母ペアギフト
    母の日と父の日をセットで!ペアギフトには何を選ぶ?理想のペアギフトをご紹介。
  • 母の日ギフトの飾り方|母の日 コラム母の日ギフトの飾り方
    心を込めたお花のプレゼント、飾り方にもこだわりませんか。飾り方ひとつでお花の美しさが変わる、上手な飾り方やお手入れ方法をご紹介。
  • カーネーションと相性のよいお花|母の日 コラムカーネーションと相性のよいお花
    「組み合わせるお花を自分で選びたい」「花束を手作りしたい」という方に向け、カーネーションと相性のよいお花をご紹介。