花贈りのポイント

意外と知らないマナー~開店祝い・退職祝い・お見舞い~

開店・開業祝いにお花を贈る時に、知りたいことをまとめました。
新規事業のスタートをお祝いする時や、飲食店のオープンをお祝いする時などに、贈りたいフラワーギフトの気になることをご紹介します。
特に初めて開店・開業祝いをご用意される方は、ご予算やお花のスタイル、色など分からないことも多いですよね。
そんな時は、ぜひ参考にしてみてください。
また、開店・開業祝いを贈る前に、確認しておきたいポイントもまとめています。

ご予算(相場)

開店・開業祝いのお花は、どのくらいの金額が一般的なのでしょうか。

贈り先様との関係に合わせて表にまとめました。

通常 重要なお相手
取引先 10,000円~50,000円 30,000円~50,000円
家族 20,000円~50,000円 (親子の関係など)30,000円~50,000円
友人 5,000円~30,000円

新しい門出を祝うお花は、贈り先様との関係性や親密度によって、金額を決めるとよさそうです。

ちなみに、フラワーギフトで使用するお花の量・種類によっても、金額は変動します。

お花をたくさん使ったギフトにすると、華やかさ・ボリューム感もアップしますが、その分金額もアップすることがほとんどです。

また、お花の種類によって、1本の単価も異なります。

そのため同じボリューム感でも、単価の高いお花を多く使用した時と、お手頃なお花を多く使用した時では、金額が異なってきます。

お花のスタイル

開店・開業祝いに贈ることの多いお花のスタイルは、主にスタンド花・アレンジメント・鉢植えの3種類です。

ここでは、その3種類のスタイルのポイントをご紹介します。

●スタンド花

飲食店がオープンした際などに見かける「スタンド花」。

そんなスタンド花のポイントは、以下の通りです。

・集客効果

大きく華やかなお花が、周りの人の注目を集めます

「スタンド花が飾られているお店を、つい見てしまった」という経験がある方も、多いと思います。

・お祝いの雰囲気を演出

たくさんのお花があれば、お祝いの雰囲気を演出することができます

・お名札を付けることができる

お名札には「お祝いの言葉」と「贈り主様のお名前」が記載されることが多いです。

誰がお花を贈ってくれたのかが、贈り先様に伝わることはもちろん、お祝いの気持ちも伝わりやすそうですよね。

●アレンジメント

受付やロビーに飾ることもできる「アレンジメント」。

アレンジメントのポイントは、以下の通りです。

・置く場所に困らない

大きなものからコンパクトなものまで、サイズを選ぶことができるので、贈り先様が置く場所に困りません。

・届いてすぐに飾ることができる

アレンジメントは花器に吸水性スポンジを入れ、そこにお花が活けられています。

そのため、花束のように花瓶などを用意する必要がなく、届いてすぐに飾ることができます。

贈り先様に、負担をかけないギフトの1つです。

・大きさによってお名札を付けられる

アレンジメントの大きさにもよりますが、お名札を付けることができます。

●鉢植え

胡蝶蘭や観葉植物など、お花が咲くかに限らず人気のある鉢植えのギフト。

鉢植えのポイントは以下の通りです。

・縁起が良いギフトとして有名

鉢植えは土に根をおろしていることから「根付く」=「その土地に根付いて名が開く商売をする」という縁起の良いギフトとされています。

・切り花ギフトよりも長持ち

切り花を使ったスタンド花・アレンジメントよりも根をおろしている分、長くきれいな姿を見せてくれます。

・インテリアとして活用できる

胡蝶蘭や観葉植物などの鉢植えはお祝いの日だけではなく、そのままインテリアとして活用することができるものが多いです。

色味

お祝いのお花は、どんな色味が好まれるのでしょうか。

ここでは、好まれる色味の例をご紹介します。

・華やかな色・明るい色

お祝いの際は、華やかで明るい色が好まれます。

特に開店・開業祝いは、オレンジ・イエローなどの明るい色が人気です。

お祝いの場では、やはり明るい色がいいですよね。

・会社やお店のイメージカラー(コーポレートカラー)

贈り先様のイメージカラーに合わせることも人気です。

お店に由来がある色味は、特に喜ばれそう

お店の雰囲気に合わせた色味も、良いかもしれませんね。

おすすめのお花

開店・開業祝いに贈るフラワーギフトで使用したいお花をご紹介。

スタイルごとに掲載しています。

●スタンド花やアレンジメントを贈る

・縁起の良い花言葉を持っている

お祝いの気持ちが伝えられるような、花言葉を持ったお花を入れるのはいかがでしょうか。

例えば、ガーベラは「常に前進」や「希望」など、アルストロメリアは「未来へのあこがれ」などの花言葉を持っています。

・花もちの良いお花

せっかくお花を贈るなら、できるだけ長持ちして欲しいですよね。

カーネーションやトルコキキョウなどは、花もちが良いと言われています。

・季節のお花

季節ならではのお花を盛り込むのも人気です。

●鉢植え

・胡蝶蘭

花言葉は「幸福が舞い込んでくる」であり、縁起が良いお花として有名です。

さらに胡蝶蘭は香り・花粉がほとんどありません

香りが少ないのは周りに迷惑になることが少なく、共有スペースに飾られることの多いオフィスや、飲食店でも喜ばれます。

そして花粉で周りを汚すことが少ないので、アパレルショップなどでも飾ることができます。

またお手入れが簡単なので、贈り先様の負担になりにくいギフトでもあります。

・観葉植物

観葉植物は、お花を楽しむものではなく主に葉や形、色を観賞する植物であり、とても華やかというわけではありません。

しかし、縁起の良い花言葉や、別名を持っている種類は多いです。

そして種類にもよりますが、水やりの回数は少なくお手入れも簡単

贈った後も、贈り先様を配慮しているギフトとも言えますね。

店内やオフィスのインテリアにするため、観葉植物を贈って欲しいという方もいらっしゃいます。

事前に確認する

開店・開業祝いにお花を贈る前に、確認しておきたいことをまとめました。

お祝いのお花を贈ろうと考えている方は、事前にチェックしておくと良いかもしれません。

●いつ届けたらいい?

お花を届ける一般的なタイミングは、以下の通りです。

スタンド花やアレンジメント:開店当日の午前中または、前日

鉢植え:開店1週間前~前日または、開店当日の午前中

そのため、オープンする日付を事前に確認しておくと良いでしょう

届ける日を決めて(確認して)から、準備を始めると良いかもしれませんね。

●お届けまでにどれくらいかかる?

スタンド花・アレンジメント・鉢植えなどお花のスタイルに関わらず、注文してからお届けまでにどのくらいの時間がかかるのかを確認しておきましょう

注文からお届けまでに時間がかかる場合は、余裕を持って準備しなくてはいけないですよね。

ちなみに花キューピットは、最短当日のお届けが可能です。

当日のお届けの場合は、昼12時までのご注文を承ります。

オープンの日付を間違えていた時など、急いでご用意しなくてはいけない場合は、当日配達特急便をご利用ください。

>>>当日配達特急便

※注文の混雑があった場合は当日お届けを含め、お届け期間が制限される場合がございます。

●飾る場所(置き場)はある?サイズも検討を!

贈り先様に、フラワーギフトを飾る場所がどのくらいあるかを事前に確認しておくと安心です。

お店やオフィスによってフラワーギフトを飾る場所が、そこまで確保できないという場合もあります。

飾る場所に合わせて、ギフトのスタイルやサイズを考えると良いかもしれません

また、サプライズでお届けする以外は、贈り先様が希望するフラワーギフトのスタイルを聞いてしまうのも良いかもしれません。

●スタンド台は回収してもらえる?(スタンド花を贈る時)

スタンド花のお花が咲ききった後、片づける際に困ってしまうのがスタンド台です。

贈り先様に大きなスタンド台を片づけていただくのは、負担がかかってしまうため、スタンド台を回収してもらえるのかを事前に確認しておくと親切です

スタンド花を注文する際は、スタンド台を回収してくれるところを選ぶと良いでしょう

ちなみに、花キューピットではスタンド台はレンタルとなるため、回収のタイミングを贈り先様と相談させて頂きます

飾った後のことも考えて、スタンド花を贈ることがおすすめです。

まとめ

開店・開業祝いのお花を贈る時に、迷ってしまうことや気になることなどをご紹介しました。

取引先やお得意先などのスタートをお祝いできるように、お届け先に合わせたフラワーギフトを贈るようにすると良いですね。

「どんなものを贈ったらいいか決められない…」というかたは花キューピットのサイトや、加盟店をチェックしてみてください。

ぴったりのギフトが見つかるかもしれませんよ。

※新型コロナウイルス感染症の影響により、一部の商品において、締め切り時刻を17時から15時へ変更する場合がございます。

人気のキーワード:退職祝い” “胡蝶蘭” “開店祝い

ページの先頭へ