“フラワーギフト通販の花キューピット
会員登録
カート
お花からパワー注入。花びらの色に秘められた効果とは母の日 コラム

お花からパワー注入。花びらの色に秘められた効果とは

色には不思議な力があり、美しい色合いのお花を見ているだけで内からパワーが湧いてくるようなことがあります。母の日にお花をプレゼントするなら、ぜひ色にこだわってみましょう。
以下では、花びらの色に秘められた効果についてご紹介します。

■色がもたらす影響って?

色がもたらす影響って?

世の中にあふれている色は、少なからず人の心の動きに影響を与えています。何気ない配色のフラワーアレンジがあったとしても、その作り手は人の心理を踏まえた上で配色しているのです。

色がもたらす影響は心理的、生理的、感情的、文化的の4つの要素に分けられます。
例えば、心理的な影響には“暗記力や認識力を高める”などがあげられ、生理的な影響には“リラックスさせる”などがあげられます。緑色が多い自然を見ると不思議と癒やされたり落ち着いたりするのは、感情的な影響です。母の日にカーネーションを贈る際、赤がよく選ばれるのは文化的な影響だといえます。

色による影響は、誰かに発信することもできます。例えば、母の日にお花を贈ろうと考えており、その上で「元気を与えたい」と考えているのであれば、赤や黄色など明るめの色のお花や包装紙をチョイスするのがおすすめです。母の日ギフトを通して、また色を通して、お母さんに元気と笑顔を届けることができます。

赤や黄色の他にも、花びらの色にはたくさんの種類があります。それぞれの色がどのような影響を与えるのか、以下でご紹介します。

■花びらの色別にみる、それぞれの影響

花びらの色別にみる、それぞれの影響

母の日に贈るお花を選ぶ際、種類だけでなく、ぜひ色にも目を向けてみてください。お母さんへの想いを、行動や言葉だけでなく色でも伝えることができるかもしれません。

・赤
赤は、生命力や体力、気力を表す色。神経を興奮させる作用があるため、行動力を湧き起こしたり、自信や勇気を持たせてくれたりします。ストレス解消にも効果的なので、何かに悩んでいたり疲れをため込んでいたりするお母さんに贈るのがおすすめです。

・黄色
黄色は集中力や思考力、判断力を高める色。自由な発想を引き出すため、現役としてバリバリ働くお母さんに贈るお花としてはぴったりです。睡眠ホルモンの分泌を促す作用もあることから、お花の母の日ギフトと共に深い眠りを贈ることもできます。

・ピンク
ピンクは子宮を連想させる色であるため、女性ホルモンの分泌に効果的とされています。女性らしさがアップしたり、優しさや温もりが湧いてきたりと、女性にはうれしい影響をもたらす色といえます。「いつまでもきれいでいてね」、そんなメッセージを込めたい場合に最適かもしれません。

・緑
不安や焦りを抑制し、気分を落ち着かせてくれる緑。家事や育児、仕事などで毎日を忙しく過ごしているお母さんに、癒やしを届けます。副交感神経に作用するため、疲労による不眠症などにもよい効果を発揮します。

・紫
紫は、細胞内のDNAの損傷を修復したり、免疫力を高めたりする効果を持っていると考えられています。そのため、鎮静効果やストレス解消効果、美容効果などが期待できます。お母さんが体の不調を訴えている場合は、紫のお花を贈るとよいかもしれません。

このように、花びらの色によってもたらす影響は大きく異なります。お母さんの生活や事情などを踏まえた上でお花の色を選択することができれば、お母さんにとってよりうれしいお花のプレゼントとなるはず。母の日ギフトにお花を贈ろうと考えている方は、ぜひ花びらの色にもこだわってみましょう。

■色が持つ意味はデザインだけじゃない

母の日ギフトとしてお花を贈る際は、色にも目を向けてみることをおすすめします。色がもたらす効果によって、お母さんを笑顔にすることができるはずです。もちろん、お母さんが好きな色のお花を贈るのもひとつの選択肢です。うまく組み合わせて、特別感あふれる母の日ギフトを贈りましょう。


2017 母の日特集

母の日ギフト2017 INDEX

まだまだあります |キーワードなど

12時までの注文で当日お届け!

お電話なら昼13時まで

0120-879-123

只今のお時間のご注文で
03月30日(木) にお届けいたします。
  • アレンジメント
    花束
  • 今すぐ注文する

    ※ 当日配達指定はクレジットカード決済のみご利用いただけます。