“フラワーギフト通販の花キューピット
会員登録
カート
母の日にプレゼントするカーネーション 母の日 コラム

母の日にはどうしてカーネーションを贈るの?母の日の由来

毎年5月の第2日曜日にあり、カーネーションを贈るのが定番となっている母の日ですが、その由来をご存知の人はあまりいないのではないでしょうか。母の日はどうして5月の第2日曜日なのか、なぜカーネーションを贈るのか、その由来をご紹介します。

■日本の「母の日」の由来は?なぜカーネーションを贈るの?

日本の「母の日」の由来はアメリカにあります。1907年5月、母を亡くした少女、アンナ・ジャービスは、亡き母親を敬い偲ぶ会を教会で開き、そこで母親の好きだった白いカーネーションを祭壇に手向けました。アンナの母への思いに感動した参加者は、翌年の5月にも教会に集まり会を開催。アンナは友人たちに、母親を敬い感謝する「母の日」を祝うことを提案、それが全国で広まっていったのです。
1914年には、アメリカの「母の日」として5月の第2日曜日が記念日に制定されました。アンナが母親の好きだった花として参加者に手渡した白いカーネーションは母の日のシンボルとなり、やがて白いカーネーションは「亡くなった母親のための花」、赤いカーネーションが「生きている母親のための花」として贈られるようになりました。
日本に「母の日」がやってきたのは1913年。アンナのメッセージを受け取った女性宣教師たちの働きかけによって徐々に広まっていきました。その頃にはまだ日付は決まっておらず、1949年頃からようやくアメリカと同じ5月の第2日曜日として母の日が定着していきました。

■国によって日にちやシンボルの花が異なる「母の日」

国によって変わる母の日とプレゼント

アメリカから伝わってきた日本の「母の日」ですが、アイルランドやイギリス、オーストラリアといったほかの国では、それぞれ由来が異なります。
アイルランドやイギリスでは四旬節の第4日曜日が母の日となっていますが、これは17世紀、奉公に出ていた子どもが1日だけ教会で母親と会うことが許されたという「マザリングサンデイ」が由来となっています。
さらに、オーストラリアではアメリカや日本と同じ5月の第2日曜日に「母の日」がありますが、発祥は1924年。ジャネット・ヘイデンという女性が、老人ホームで孤独な日々を過ごす「年老いた母親たち」にプレゼントを贈ったのが始まりといわれています。南半球にあるオーストラリアでは、母の日のシンボルとなる花も異なり、カーネーションの代わりにクリサンセマムが贈られます。クリサンセマムは「マム」という響きがオーストラリア英語の「お母さん」と重なることもあり、母の日にぴったりの花といえるでしょう。
またタイでは、1976年からシリキット王妃の誕生日である8月12日を母の日と定めており、国中で王妃の誕生日とともに母の日をお祝いします。シンボルの花は純白のジャスミン。1年を通して咲く花であるジャスミンは、「母親からの絶えることのない純粋な愛情」を象徴しているのです。
このように、「母の日」は日にちや象徴する花などは統一されておらず、発祥もそれぞれの国で異なります。それだけ、どの国でも古くから「お母さん」は大切で特別な存在だったのでしょう。

■感謝の気持ちを花に込めて贈ってみましょう

母の日に感謝を込めてプレゼント

日本でも近年では、カーネーションにこだわることなく、お母さんの好きな花や色、花言葉などで贈る花を選ぶ人が増えています。
アメリカで最初に「母の日」を行ったアンナがカーネーションを贈ったのも、「生前の母が好きだった花だから」という理由。慣習にこだわることなく、お母さんの好みに合わせて贈る花を選ぶのもいいかもしれませんね。
何より大切なのは「ありがとう」という感謝の気持ちです。「母の日」は、普段はなかなか面と向かって言えない感謝の気持ちをお母さんに伝えられる絶好の日。ぜひとも感謝の気持ちを花に込めて、大切なお母さんに贈ってみましょう。


2017 母の日特集

母の日ギフト2017 INDEX

まだまだあります |キーワードなど

12時までの注文で当日お届け!

お電話なら昼13時まで

0120-879-123

只今のお時間のご注文で
03月30日(木) にお届けいたします。
  • アレンジメント
    花束
  • 今すぐ注文する

    ※ 当日配達指定はクレジットカード決済のみご利用いただけます。