“フラワーギフト通販の花キューピット
会員登録
カート
世界で唯一の青いカーネーション「ムーンダスト」の魅力 母の日 コラム

世界で唯一の青いカーネーション「ムーンダスト」の魅力

母の日に贈るお花の定番といえば、カーネーションです。
赤やピンク、白、黄色などのカラーバリエーションがあるカーネーションですが、北海道には青いカーネーションがあることをご存じでしょうか。
1995年、世界で初めてバイオテクノロジーを駆使した品種開発が成功し、自然界には存在しない青いカーネーション「ムーンダスト」が誕生しました。
ここでは、そんなムーンダストの魅力や名前の由来、花言葉などをご紹介します。
今年の母の日には、ちょっとめずらしいムーンダストをプレゼントにしてみませんか。

目次

■まるで青いドレスの貴婦人。「ムーンダスト」の魅力とは

まるで青いドレスの貴婦人。「ムーンダスト」の魅力とは

ムーンダストは、日本の企業である「SUNTORY FLOWERS(サントリーフラワーズ)」と、オーストラリアの植物工学企業である「Florigene(フロリジン社)」との共同研究によって開発されました。

青いカーネーションの研究開発が始まったのは、1990年のこと。
ペチュニアなどの青いお花から採取した“青系の色素を作る遺伝子”を、カーネーションの遺伝子に組み込むことで見事な青系の発色を実現しました。
5年もの歳月をかけて生み出された青色系カーネーションは「ムーンダスト」と名付けられ、1997年に日本で販売が開始されました。

バイオテクノロジーによって生み出されたお花の商業化は、ムーンダストが世界初
現在、ムーンダストは温暖な気候のコロンビア・エクアドルで生産されており、日本のみならず欧米でも販売しています。
そのめずらしい色から、ギフトとしても活用されています。

ムーンダストの特徴は、色だけではありません。
実は、ムーンダストは日持ちが抜群によく、通常のカーネーションに比べて1.5倍は日持ちするといわれています。
きれいな姿を長く楽しめることから、母の日ギフトとして贈る方も少なくありません。

そんなムーンダストには、1本の茎に大きなお花をつけるスタンダードタイプと、1本の茎に小さなお花を複数つけるスプレータイプがあります。
スタンダードタイプは、「アクアブルー」「ライラックブルー」「プリンセスブルー」「ベルベットブルー」の4色で、色の濃さに違いがあります。
一方、スプレータイプは「サファイア」「アクアマリン」の2色で、サファイアのほうが深みのある濃い色をしています。

タイプや色の深みが異なる全6種のムーンダストは、結婚式や入学式などの行事のお祝い品として、または母の日や誕生日、記念日などに贈るギフトとしても多くの方から選ばれています。
ムーンダストを見て「青ではなく紫」と感じる方もいるかもしれませんが、お花の世界では水色~紫までが青として扱われるため、ムーンダストは青系と認識されています。

■美しい名前と花言葉は、美しいブランドコンセプトから生まれた

美しい名前と花言葉は、美しいブランドコンセプトから生まれた

その姿のみならず、名前の響きまで美しいムーンダストは、すべてを優しく包み込む月の光をイメージして作られたお花です。
ブランドコンセプトは、「幸せを願う青い花」。
月の光のような穏やかさ・優しさ・やわらかさを持つお花が、母の日や誕生日などの人生の節目を祝う記念日にそっと彩りを加えます。

ムーンダストは、「月の光のようにやわらかな包容力のある花に」という思いから名付けられました。
名前の由来となった月は、豊穣・生産の象徴であり、母性や優しさ、包容力を表すシンボルとして知られています。
「夜をそっと照らす月の光が、きらきらと舞う結晶のように私たちの頭上に降り注ぐ」。
ムーンダストを見ていると、ふとそんな光景が浮かんでくるような不思議なパワーを感じられるはずです。

ムーンダストの花言葉は「永遠の幸福」であり、この花言葉から結婚式をイメージする方も多いかもしれません。
「結婚式に青いものを身につけた花嫁は幸せになれる」という、サムシングブルー。
これは、聖母マリアのシンボルカラーが青であったことが由来となっており、花嫁の純潔と清純さを象徴しています。
青いお花がブーケに使用されるのも、このサムシングブルーが理由となっているのです。

新たに生まれた幸せの象徴、ムーンダスト。
サムシングブルーのように幸せだと思えるシーンを演出するアイテムとして、結婚式のみならず、母の日や誕生日のギフトとして活躍します。

■花束とアレンジメント、どちらのスタイルを選ぶ?

花束とアレンジメント、どちらのスタイルを選ぶ?

母の日ギフトにお花を選ぶ方は多く、中でもカーネーションは「母の日のお花」と表現しても過言ではないほどの人気があります。
もしも今までに贈ったことのない母の日ギフトをプレゼントしたいというのであれば、ムーンダストがおすすめです。
日本におけるムーンダストはまだ歴史が浅く、その存在を知らない方も少なくありません。
そのため、お花にあまり詳しくないお母さんの場合、ムーンダストをギフトにすることでちょっとしたサプライズを演出できるかもしれません。

ムーンダストを母の日ギフトにするなら、花束とアレンジメントのそれぞれの魅力を押さえておき、より喜んでもらえるような一品を選びましょう。

●花束

生花をちょうどよい長さに切りそろえ、ひとつに束ねたもの。
発表会や送迎会などの華やかなシーンで主役を引き立てる、定番のギフトです。
飾るときは花瓶に移し替え、好みの活け方を楽しむことができます。
一輪ずつ活けたり、茎を短くカットして活けたりと、お母さんと一緒にアレンジして楽しみましょう。

●アレンジメント

生花をバスケットや箱などに入れ、彩りよくアレンジしたものです。
バスケットや箱の中には専用の吸水スポンジが入っており、お花を美しく咲かせるためには定期的にスポンジに水を含ませることが大切です。
持ち運びしやすく、また花瓶に活ける必要がないため手間がかからないという魅力があります。

このように、スタイルごとにお花の雰囲気や楽しみ方が異なります。
ムーンダストを母の日ギフトにする際は、デザインの美しさや値段だけではなく、それぞれの魅力をよくチェックしておきましょう。

■母の日ギフトにぴったり! 花キューピットのムーンダスト

母の日ギフトにぴったり! 花キューピットのムーンダスト

花キューピットでは、2019年もムーンダストを楽しめるフラワーギフトをご用意しております。
今年のムーンダストのフラワーギフトは、「プリンセスブルー」「ライラックブルー」「アクア」の3色のムーンダストをぎゅっと詰め込んだ、まるで宝箱のようなアレンジメント「ロマンチック(ムーンダスト)」と、ムーンダストをたっぷり束ねた「幸せを願うブーケ」の2アイテム。
30文字以内の無料メッセージにも対応しているので、お母さんへの日頃の気持ちを花キューピットのムーンダストに込めて贈ってみませんか。

また、北海道へ限定でお届けする「ムーンダストのトピアリーアレンジ」もございます。
神秘的で美しいムーンダストに、母の日の定番である赤いカーネーションをあわせたアレンジメントです。
北海道にお住まいのお母さんのために、北海道のお花屋さんがデザインしました。
使用しているムーンダストは、「プリンセスブルー」「ライラックブルー」の2色です。
その他にも赤カーネーション、赤SPカーネーション、赤SPバラなどを使っています。

■思わず笑顔があふれる、とびきりの青いカーネーション

思わず笑顔があふれる、とびきりの青いカーネーション

サントリーグループが研究に研究を重ねて開発したムーンダスト。
自然界に存在しなかった青いカーネーション「ムーンダスト」は、企業の並々ならぬ努力によってこの世に誕生しました。
濃淡の少しずつ異なる6種のムーンダストは、どれも素晴らしく、うっとりするような美しさで手に取った人を魅了します。

母の日ギフトに赤いカーネーションもすてきですが、青いカーネーションもまた違った魅力があってすてきなもの。
母の日ギフトのお花選びに迷っている方は、ムーンダストを選んでみてはいかがでしょうか。
「お母さんがいつまでも幸せでありますように」という気持ちを、ムーンダストが届けます。
2019年の母の日は、貴重な青いカーネーション「ムーンダスト」で、お母さんに特別な感動をプレゼントしましょう。

感謝の気持ちを込めて、母の日プレゼント特集一覧へ

母の日コラム 一覧

2019 母の日プレゼント特集

お母さんありがとう!|母の日 コラム
  • 母の日おすすめフラワーギフト|母の日 コラム母の日おすすめフラワーギフト
    お母さんに感謝の気持ちを伝える母の日。「ありがとう」の言葉とともに、何か喜んでもらえるものを。そんなときにぴったりなのがフラワーギフト。
  • 母の日ギフトを選ぶポイント|母の日 コラム母の日ギフトを選ぶポイント
    母の日に本当に喜んでもらえるものを贈りたい!と考えているなら、こんなポイントから母の日ギフトを探してみては?
  • 母の日の由来|母の日 コラム母の日の由来
    母の日はどうして5月の第2日曜日なのか、なぜカーネーションを贈るのか、その由来をご紹介します。
  • お義母さんへのプレゼント|母の日 コラムお義母さんへのプレゼント
    お義母さんにはどうする?気になる予算からNGポイントまで、母の日ギフトの注意点をチェックして気遣い上手な女性を目指す!
  • カーネーションの豆知識|母の日 コラムカーネーションの豆知識
    母の日のプレゼントの定番といえばカーネーション。実はとっても奥深く魅力的なお花なのをご存知ですか。
  • 妻へ贈る母の日ギフト|母の日 コラム妻へ贈る母の日ギフト
    日頃の感謝の気持ちを込めて母の日には妻にもプレゼントを。「妻へのギフト」のポイントをおさえて、妻が喜ぶようなギフトを贈りませんか
  • 母の日に「旅行」を|母の日 コラム母の日に「旅行」を
    心に残る思い出は、いつまでも無くならない特別なプレゼント。今度の母の日には「旅行」を贈ってみませんか?
  • カーネーションの育て方|母の日 コラムカーネーションの育て方
    “母と子で一緒に育てる”のもまた楽しみのひとつ。母の日を象徴するお花であるカーネーションの育て方や注意点などをご紹介。
  • 母の日にスイーツを|母の日 コラム母の日にスイーツを
    母の日ギフトにお花と並んで人気なのがスイーツ&グルメです。和菓子から洋菓子まで、お母さんが喜ぶスイーツ&グルメで素敵な母の日を!
  • 母の日ギフトセット|母の日 コラム母の日ギフトセット
    母の日にはお花にプラスして形に残る実用的なものを贈ることで、より一層喜んでもらえます。お花と組み合わせるおすすめギフトをご紹介。
  • 天国の亡き母へ|母の日 コラム天国の亡き母へ
    天国のお母さんへ母の日に贈るお花や、母の日のあらましについてご紹介。亡きお母さんを偲びながら、お花のギフトを選んでみましょう。
  • 母の日ギフトの選び方|母の日 コラム母の日ギフトの選び方
    年に一度の母の日だから、お母さんには絶対喜んでもらいたい…。そんなあなたに、母の日ギフトの選び方と渡し方のポイントについてご紹介します。
  • 母の日に人気のアジサイ|母の日 コラム母の日に人気のアジサイ
    最近では、紫陽花を母の日に贈る方が増えてきています。母の日の贈り物にぴったりな紫陽花の花言葉や育て方をご紹介します。
  • 息子から母親へ贈るギフト|母の日 コラム息子から母親へ贈るギフト
    恥ずかしがりな男性必見!息子から母親へ贈りたいおすすめのギフト。お花、食事、旅行…… お母さんの本音は?
  • お花を飾るメリット|母の日 コラムお花を飾るメリット
    母の日に贈りたいギフトナンバーワンのお花。お花はただ綺麗なだけじゃない!お花を部屋に飾ることで、様々な嬉しい効果が得られます。
  • カーネーションの飾り方|母の日 コラムカーネーションの飾り方
    母の日ギフトの定番であるカーネーションは、飾り方にこだわることで、より美しく。カーネーションを花瓶に飾るときの方法とポイント。
  • 60代以上のお母さんに|母の日 コラム60代以上のお母さんに
    趣味や好みは年齢を重ねるごとに変化するもの。60代以上のお母さんにおすすめの母の日ギフトをご紹介します。
  • いつまで贈る?プレゼント|母の日 コラムいつまで贈る?プレゼント
    「母の日ギフトっていつまで贈るのが正解なの?」「いつまで母の日をお祝いする?」疑問へのヒントをご紹介。
  • お母さんの本音|母の日 コラムお母さんの本音
    「何もいらない」。そんなお母さんにプレゼントしたい母の日ギフト。どう対応するのが正解?
  • 「ムーンダスト」の魅力|母の日 コラム「ムーンダスト」の魅力
    まるで青いドレスの貴婦人、世界で唯一の青いカーネーション「ムーンダスト」の魅力や名前の由来、花言葉などをご紹介。
  • ハンドメイドの贈りもの|母の日 コラムハンドメイドの贈りもの
    母の日はお花と一緒に、何か形に残るプレゼントを。手作りのぬくもりを感じられるハンドメイドのプレゼントは、思い出に残ること間違いなし!
  • 癒しのプレゼント|母の日 コラム癒しのプレゼント
    家事も仕事もバリバリ頑張るお母さんに、労りと感謝の母の日のプレゼントを!お花と一緒に、リラックスグッズや体験型ギフトはいかが?
  • 父母ペアギフト|母の日 コラム父母ペアギフト
    母の日と父の日をセットで!ペアギフトには何を選ぶ?理想のペアギフトをご紹介。
  • 母の日ギフトの飾り方|母の日 コラム母の日ギフトの飾り方
    心を込めたお花のプレゼント、飾り方にもこだわりませんか。飾り方ひとつでお花の美しさが変わる、上手な飾り方やお手入れ方法をご紹介。
  • カーネーションと相性のよいお花|母の日 コラムカーネーションと相性のよいお花
    「組み合わせるお花を自分で選びたい」「花束を手作りしたい」という方に向け、カーネーションと相性のよいお花をご紹介。