お手入れの基本, お花*あれこれ事典

お花*あれこれ事典~お花の基礎知識編 水揚げ編 part3 ~

 

oteire01

 

 

お花の基礎知識

~水揚げ編 part3 ~

 

お花を部屋に飾ってから1~2日しか経っていないのに、ぐったりとしてきてしまった!
そのような経験はありませんか?

これは、お花の「水が下がった」状態といいます。

「水が下がった」お花は、「水揚げ1」でご紹介したように、茎を切り戻してあげれば良いのですが、それでも元気がないときは・・・

そんな時の裏技をご紹介します!

まず用意していただくものは、『新聞紙とセロテープ』。

oteire01

そして、お花を真っ直ぐに立てられるような『縦長の容器(ペットボトルでもOKです)』。

oteire01

まず写真のように新聞とお花を置きます。

次に左下からくるくるとお花に新聞を巻きつけていきます。

この時キツ過ぎても、ゆる過ぎてもNGです。

花が上向きに固定されていればOKです。

茎が新聞から10cmくらい出るよう巻き、セロテープで留めます。

葉っぱが付いている花は葉っぱが折れないように、花を下に向けて巻いてあげると良いでしょう。

oteire01

 

この作業が終わったら、茎を切り、たっぷりと深めの水の中に入れます。

oteire03作業のポイントは、導管に空気を入れないよう、茎を切ったら素早く水に入れることです。

お花に元気がない時は、導管にバクテリアが詰まっていることが多いので、

下から1cm以上は切ってください。
可能であれば、5cmくらい切っても良いでしょう。

新聞を巻いたまま1~2時間お水に浸けておき、覗いてみてシャキっとしていたら新聞を外してあげましょう。

これで完了です!

お花がぐったりした時は、是非この方法をお試しくださいね!

■「水揚げ1」のトピックスはこちら>>

■「水揚げ2」のトピックスはこちら>>

 

Loading Facebook Comments ...
Comment





Comment



前のページへ