“フラワーギフト通販の花キューピット
会員登録
カート
可憐な美しさにうっとり…… カーネーションの素敵な飾り方母の日 コラム

可憐な美しさにうっとり…… カーネーションの素敵な飾り方

母の日ギフトの定番であるカーネーションは、飾り方にこだわることで、より美しく見せることができます。お母さんに渡すときは、上手な飾り方もしっかりと伝えておくことが大切です。ここでは、カーネーションを花瓶に飾るときの方法とポイントをご紹介します。

■一輪挿しでも、他のお花を合わせてもOK!

一輪挿しでも、他のお花を合わせてもOK!

花束やアレンジメントなど、お花の飾り方にもいろんなタイプがありますが、最もスタンダードなのは花束です。お花屋さんで母の日ギフト用に花束を購入すると、母の日にぴったりなラッピングを施してもらうことができます。こうしたラッピングは、お花屋さんが“お花がきれいに見える角度・配置”を考えてまとめられたもの。ラッピングを外すと茎部分が輪ゴムで固定されているので、輪ゴムで結んだまま花瓶に飾っても問題ありません。

また、花束をバラバラにして1本ずつ飾るという方法もあります。これは“一輪挿し”といい、花瓶のデザインや置き場所などにこだわることで、立派なインテリアとして活用することができます。カーネーションが倒れないよう、口がすぼまったタイプの花瓶に飾るようにしましょう。そのまま飾るのはもちろん、茎を短くカットして花瓶の口からお花だけが顔をのぞかせるように飾るのも飾り方のひとつです。

お花屋さんにお願いするのではなく、自分なりのアレンジでカーネーションに別のお花を混ぜて飾るのもおすすめです。
カーネーションと合わせるお花として、トルコキキョウやバラ、カスミソウなんていかがでしょうか。例えば、白くて小ぶりな見た目がとても可愛らしいカスミソウは、花束のアレンジにぴったりのお花。母の日ギフトに限らず、普段からバラやスイートピーなどのアレンジによく使われています。主張しすぎないため、カーネーションの美しさを引き立たせることができます。さらに、トルコキキョウやバラなど花びらが大きめのお花とセットにすることで、より華やかで明るい印象に仕上がります。

このように、カーネーションの飾り方にはさまざまな方法があります。上記の方法もおすすめですが、基本的には飾り方に決まりはなく、個人で自由に楽しむことができます。母の日ギフトとしてお母さんに渡したあとは、2人で“最もきれいに見える飾り方”を考えてみるのもよいかもしれません。

■花瓶の中まできれいに! 飾るときのポイント

花瓶の中まできれいに! 飾るときのポイント

カーネーションを花瓶に飾るときは、定期的に花瓶の水を取り替える必要があります。この理由は、時間の経過によりドロドロになった茎で水が腐るのを防ぐため。腐った水はお花のために望ましくありません。
また、嫌な臭いを発生させる元にもなります。これを防ぐには、日が経つごとに茎を短くカットしていくという方法が効果的です。
目安としては、飾ってから3日後に半分ほどカットし、さらに3日後に3~4cmほどカット、最終的に5~6cmほど残して小さめの花瓶に移すとよいといえます。

花瓶に飾る前に、茎についた葉っぱもきれいに取り除いておきましょう。じつは、水没した葉っぱも水を汚す原因のひとつ。水没することで呼吸ができなくなり、やがて腐ってしまうのです。腐敗した葉っぱが水を汚してしまわないよう、1枚残らずカットしておくことをお忘れなく。

これらのポイントを意識するだけで、カーネーションを長持ちさせることができます。しっかり手間をかけて育てることで、より愛着が湧くというもの。そういう意味でも、カーネーションは母の日ギフトにぴったりです。

■最高の母の日ギフトを、より美しく、長く楽しんでもらうために

母の日のギフト選びに悩む方が多いなか、ギフトを購入しただけで満足してしまうという方もいるかもしれません。
しかし、ギフトを渡すだけではなくその使い方も伝えることで、お母さんの心からの笑顔を引き出すことができるはず。美しいカーネーションを長い期間楽しんでもらうためにも、正しい飾り方と気をつけるべきポイントを理解し、一緒に伝えるようにしましょう。


2017 母の日特集

母の日ギフト2017 INDEX

まだまだあります |キーワードなど

12時までの注文で当日お届け!

お電話なら昼13時まで

0120-879-123

只今のお時間のご注文で
03月30日(木) にお届けいたします。
  • アレンジメント
    花束
  • 今すぐ注文する

    ※ 当日配達指定はクレジットカード決済のみご利用いただけます。