“フラワーギフト通販の花キューピット
会員登録
カート
喜んでもらえるのはどっち? 花束とアレンジメントの違い母の日 コラム

喜んでもらえるのはどっち? 花束とアレンジメントの違い

母の日の贈り物といえば、やはりお花が定番です。なかには、「花束とアレンジメント、どちらを選べばいいのか」と迷っている方もいるのではないでしょうか。そこで、ここでは母の日ギフトにぴったりな花束とアレンジメントの違いや、両者のメリットをご紹介します。

■似ているようでちょっと違う、両者の特徴

似ているようでちょっと違う、両者の特徴

母の日が近くなると、お花屋さんや通販ショップなどでお花のギフトを見かけることが多くなります。
なお、一口にお花のギフトといってもその種類はさまざま。なかでもポピュラーなのが“花束”と“アレンジメント”です。両者は似ているようで、それぞれに微妙な違いがあるのです。花束とアレンジメントにはそれぞれの以下のような特徴があります。

・花束
母の日のみならず、誕生日や記念日などさまざまな場面で贈り物として活躍するのが花束です。切り花を束ねたシンプルなものですが、現在も根強い人気を誇るお花のギフトだといえます。
日本には古くから華道や生け花といったお花に触れる文化があり、それに親しむ人々に対して束ねた切り花を贈る習慣があったといわれています。日本では、受け取った花束をそのまま自分の手で生けるスタイルが主流ですが、そのスタイルの背景には古くからの習慣があると考えられているのです。
最近ではデザイン性の高い花束も増えてきており、セレモニーなどでその姿を見ることができます。

・アレンジメント
カゴなどに給水スポンジを入れて、そこにお花を挿したスタイルのギフトを“アレンジメント”と呼びます。その歴史は古く、古代ギリシャやエジプトでは宗教的な意味合いのもとにアレンジメントフラワーが作られていたとされています。
アレンジメントが人々の生活に密着するようになったのは、時代がもう少し進んだ16世紀頃のこと。貴族に仕える庭師が、インテリアの一環としてアレンジメントフラワーを作って部屋を飾っていたといわれています。
切り花を束ねたシンプルな花束とは違い、デザイン性に優れているのが大きな特徴です。さらに、それぞれのお花がバランスよく配置されているというのも、アレンジメントを美しく見せているポイントです。

それぞれ歴史やお花のまとめ方に違いがある花束とアレンジメント。母の日のギフトとして選ぶ際は、どちらがより喜んでもらえそうかを吟味していくことが大切です

■両者のメリットから、ギフトを選んでみよう

両者のメリットから、ギフトを選んでみよう

花束とアレンジメントには、それぞれに違った魅力があるもの。各メリットに注目して、どちらを母の日に贈るかを選びましょう。

花束のメリットは、「お花の量や大きさがお得である」という点にあります。これは、アレンジメントで使用するカゴや給水スポンジなどの有料資材が花束には必要なく、お花本体にお金をかけられるからです。
また、花束であれば短く切り詰めて作ることがないので、お花本体のサイズも大きくなります。さらに花束はアレンジメントと比較すると作業量が少ないので、短い待ち時間で購入することができます。普段からお花を生ける趣味があるお母さんには、自身で生けることができる花束を贈るのがおすすめです。

対するアレンジメントのメリットは、「飾る手間が省ける」という点にあります。花束だと、花瓶がなければ飾ることができません。アレンジメントであればお花を飾る器もついてくるので、購入したらすぐにお部屋へ飾ることができます。
また、花瓶の水を換える必要がないのも大きな魅力です。お花を飾る習慣がないお母さんには、手軽に飾れて長く楽しめるアレンジメントがおすすめです。

■定番のお花だからこそ、吟味して!

花束もアレンジメントも、魅力的なお花のギフト。だからこそ、お母さんの性格や趣味に合わせたほうを選んで、より嬉しい母の日にしましょう。


2017 母の日特集

母の日ギフト2017 INDEX

まだまだあります |キーワードなど

12時までの注文で当日お届け!

お電話なら昼13時まで

0120-879-123

只今のお時間のご注文で
03月30日(木) にお届けいたします。
  • アレンジメント
    花束
  • 今すぐ注文する

    ※ 当日配達指定はクレジットカード決済のみご利用いただけます。