花キューピット花知識>お花のケア

お花のケアとは |花キューピットは全国の花屋からフラワーギフトをお届け!

花知識 お花を贈るときの、ちょっとした心遣いをご紹介します。

水揚げの方法 お花を長く楽しむケアをご紹介します。

大半の花に有効な、基本の水切り方法 茎の固い枝物は、砕く・割を入れる

大半の花に有効な、基本の水切り方法

水の中で茎を2~5cmくらい、斜めに切って、水から上げずに30分から1 時間くらい休ませてあげます。この時、前もって、水につかる部分の葉を 取っておきます。葉は水を汚したり、花を腐らせる成分を分泌させるもの がありますので、くれぐれも葉を水に浸さないようにします。大体の切花 は、これだけでOKです。

茎の固い枝物は、砕く・割を入れる

コデマリ、テッセン、アカシア、シュウメイギクなどは、根元から5cmくらいを木槌などで、砕いて水につけます。ただし、砕きすぎて切り口を つぶさないように気をつけて。砕くのは、吸水面積を広くすることが目的 です。
また、茎が固い枝物は、ナイフやハサミで、切り口に縦横十文字の切り 込みをいれてから、水につけるという方法もあります。下から5cmくらい の皮をナイフで削っておくと、さらに水が揚がりやすくなります。

強力なショック療法、焼く 手折り方法 茎が固い、細い枝ものには

強力なショック療法、焼く

切り口から2~5cmくらいをガス火などで炭化するまで焼き、すぐに水 につけます。この時、花や葉に熱気があたらないように、ぬらした新聞紙 などで、根元以外はガードします。アザミ、シャクヤク、アスチルベ、バラなど 。

手折り方法 茎が固い、細い枝ものには

キクやリンドウなどの茎が固いもの、コデマリやユキヤナギなどの細い枝物は、茎の根元から5cmくらいのところを手で折って、水につけます。できれば、水の中で折ると、もっと効果的です。

熱湯揚げ方法 葉が乾燥してしまうものには 萎れかけた花には

熱湯揚げ方法 葉が乾燥してしまうものには

切り口から5cmくらいを、20~60秒ほど熱湯につけ、すぐに水に移します。熱湯につける時間は、茎の太さや強さによって調整します。 花がたくさん付いているカスミソウやストック、葉が乾燥しやすい、ヒマワリ、マーガレットなどは、この方法をとるとよいでしょう。

萎れかけた花には

花を逆さまにもって、切り口の方から水をかけます。そのあと、新聞紙にくるみ、水切りをします。

水揚げの方法 お花を長く楽しむケアをご紹介します。

花瓶の水は毎日とりかえる 切り戻しをする

花瓶の水は毎日とりかえる

花は生き物ですから、新鮮な水が何よりのごちそうです。また、茎から出される有機物によって、花が枯れていくスピードが早まります。こまめに水を取り替えてあげましょう。花瓶の水はたっぷりと入れます。もちろん、水につかる葉は取り除いて。

花に元気がなくなりかけてきたら、茎を少し切り直します。(これを切り戻しといいます)茎がぬるぬるしてきたら、洗ってあげます。
できるだけ涼しい場所に
花はできるだけ涼しい場所に飾ります。ただし、涼しいからといって、 エアコンの風が当たる場所はいけません。花を傷めてしまいます。その他、直射日光の当たるところやテレビやガスレンジなど周辺の温度が変化しやすいところも避けた方がよいでしょう。

ちょっとひと工夫

フロストシュガーを入れる 酢またはアルコールを混ぜる・十円玉 を入れる

フロストシュガーを入れる

花に砂糖をあげるとよい、ということを聞いたことはありませんか。砂糖は花にとっても栄養になりますので、ひとつまみほど花瓶に加えるとよいでしょう。ただし、普通の砂糖は吸収できませんので、必ずフロストシュガーを使って下さい。

酢またはアルコールを混ぜる・十円玉を入れる

酢やアルコールには殺菌効果がありますので、水の腐りを遅めてくれます。また、十円玉 を入れておくと、水中の有機物質が十円玉に付着して同様の効果が得られます。

液体石鹸を数滴入れる

液体石鹸を数滴入れる

液体石鹸には、界面活性剤といって、水の粘り気を弱くして、植物が水を吸い上げる力を強める働きがあります。

法人用ギフトはこちら
 「ビジネス花キューピット」

便利なサービス
【当日配達特急便】 朝10時までにご注文の花をその日にお届けします

只今のお時間のご注文で
12月07日(水)
にお届けいたします。

かんたん4ステップ
  • 次のステップ
  • 次のステップ
    アレンジメント
    花束
    次のステップ
  • 今すぐ注文する

    ※ 当日配達指定はクレジットカード決済のみご利用いただけます。

    昼12時までのご注文で当日お届け! 当日配達特急便

    季節のイベント